FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

赤城・黒檜山ツアー(2018.10.18)

群馬県にある日本百名山・赤城黒檜山にツアーに行ってきました。

今年は10月に入ってもぱっとしないお天気が続いています。例年10月中旬は秋晴れシーズンですが、今年はどうも様子が違います。

いつまでも秋雨前線が南海上にあって消失しないからでしょう。

赤城山はとてもアクセスが悪いので、川越駅で集合してレンタカーで赤城神社へ向かいました。

高速道路を走っているときは赤城山に雲がかかっていて見えなかったのですが・・・

赤城神社

雲を突き抜け、青空が広がっています。

青空に神社の真っ赤な建物が目立っています。

赤城山はいくつかの山々を表す総称で、その中央にある大沼(おの)というカルデラ湖がシンボルです。

赤城神社は大沼に突き出した半島のような場所にあり、周囲を取り囲む山々がよく望めます。

ここで安全登山のお参りをして

登山口

北登山口から登り始めます。

紅葉の中を登る

大きな石がゴロゴロしている急な斜面に取り付きます。

ちょうど登山口辺りが紅葉の真っ盛りできれいです。

サラサドウダンとミツバツツジ

左の華やかな赤はサラサドウダン、そして右のやや黒ずんだ赤はミツバツツジ(かトウゴクミツバツツジ)です。

ミツバツツジの仲間はあまりきれいになりません。

2回通過した台風のせいか、高木のダケカンバや亜高木の

ナナカマド実

ナナカマドはすっかり葉を落として実だけが目立っていました。

岩の登り

登りは短くてもややきついですが、色鮮やかな木々が救いです。

それと

大沼と赤城神社

登山道から望める大沼や赤城神社の眺めは最高です。

大沼の対岸には地蔵岳があり、お天気がもっと良い日には地蔵岳の横に富士山が望めるそうです。

この日は雲海が広がっていて遠望はできませんでした。

山頂方面の眺め

中腹から上の方では高木の葉が落ちていて、山頂方面がよく望めました。

再び急な道をどんどん上っていくと稜線に出て、そこから2~3分で

ついに登頂

山頂に到着です。百名山登頂おめでとうございます!!

幼稚園児が走りながら登ってきて元気な姿を見せていてビックリ。とても賑やかでした。

私たちはここから更に3分ほど進んだところにある

展望台でランチ

絶景展望台で優雅なランチタイムです。

お天気は良かったのですが、遠くの山には雲がかかっていて谷川岳や尾瀬燧ヶ岳、日光白根山は見えず、見えたのは上州武尊山だけでした。

この後は駒ヶ岳を経由して下山します。

急な階段の道をどんどん下っていき、下りきったら

駒ヶ岳

駒ヶ岳を目指して緩ーく登っていきます。

時折霧が流れて行き涼しくなってきました。

黒檜を振り返る

振り返れば黒檜山がそびえ立っています。

紅葉した葉が台風で飛ばされてしまったのは残念ですが、青空にダケカンバの白い幹が浮き出して見えきれいでした。

駒ヶ岳からもうしばらく稜線を歩きます。

元気のない稜線の木

赤城には広域でササ原が広がっていて、ここではその中に低木が育っていますが、元気がありません。

中には台風で折れたと思われる木もありました。

稜線を離れて急な下りに差し掛かると状況が一変しました。

美しい黄葉

素晴らしい紅葉・黄葉が広がっています。

サラサドウダン紅葉

サラサドウダンは青空に映えていました。

紅葉の中を下山

紅葉の中をぐんぐん下っていって、

無事下山

ついに道路に下り、赤城神社に戻って無事下山できたとを神様にご報告して登山を終了。

この後

霧の覚満淵

覚満淵の草紅葉を見て帰路に着きました。

思っていたより良いお天気となり、まだ残る紅葉と山中からの眺めを楽しむことができました。

ご参加された皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト

瑞牆山ツアー(2018.10.13)

奥秩父の西部に位置する日本百名山・瑞牆山へ、前泊日帰りツアーで行ってきました。

韮崎から車で小1時間かかることもあり、東京方面からのアクセスに時間がかかることと、巨岩が延々と続き人が集中する時間にはゆっくりと登山できないので、前日に韮崎市内に泊まり日の出から登り始めることで、ゆっくり登山を実現できます。

市内をタクシーで5時に出発し、

登山開始

6時過ぎに登山開始します。

この辺り、森の下草や低木層が見られません。シカの食害がひどいのでしょう。

途中で木々が伐採してあって瑞牆山が正面から見られる場所に着きました。

瑞牆山全貌現る

実に荒々しい威容です。山頂付近をアップすると

山頂付近アップ

ちょっと近づきがたい風貌ですね。こんな山に登れるのでしょうか?

右側が山頂の鋸岩、左側が大ヤスリ岩という巨岩で、山全体が花崗岩で覆われています。

花崗岩はマグマが地中深くゆっくり冷えて固まった岩石なので、この山は隆起してできました。

長い年月の雨などで風化して角が丸みを帯びてきています。

私たちは鋸岩と大ヤスリ岩の間を登って後ろから回り込むように山頂に立つことになります。

富士見平小屋

金峰山との分岐に経つ富士見平小屋を過ぎ、小山をトラバースして沢に下っていきます。

再び、木々の間から

山頂付近の威容

山頂が望めました。大ヤスリ岩と山頂の鋸岩との間にも岩山が見えます。その真ん中の岩山と鋸岩との間の鞍部に下り道との分岐があります。

渡渉したところで一休み。少し栄養を付けていよいよ岩場に取りかかります。

桃太郎岩

巨大な卵形をしていて真っ二つに割れ目ができている桃太郎岩。桃太郎が出てきそうだということから名付けられたのでしょうか?

少し登るとすごい現場が!

甚大な台風被害

たくさんの倒木とそれを処理してある現場です。

相次いで通過した台風による倒木被害に違いありません。自然の脅威をまざまざと見せつけられました。

急な登りが始まりました。

岩場に挑む

ストロークが足りずに苦労する場面も。

岩が大きいので小回りができず、あちこちにロープがかけられた場所がありました。

この辺りはコメツガなどの針葉樹が多いですが、その間に

サラサドウダンの紅葉

サラサドウダンやリョウブ、ナナカマドなどが美しく紅葉していました。

早朝から登り始めていますが、私たち以外にも登山者が多く、どんどん追い越していきます。

その後からゆっくり登っていくと、山頂が近づいたところで

下から見上げる大ヤスリ岩

大ヤスリ岩が見えてきました。圧倒的な岩です!

さらに登っていくと

横から見た大ヤスリ岩

てっぺんには松の木が生えていてビックリ。ほとんど水分も栄養もなく、吹きさらしのような場所でよく育ったものです。

下山路との分岐を過ぎて回り込むと、ついに

混雑する山頂

瑞牆山の山頂に着きました! やりました!!

土曜日ということもあってかなりの人出です。ここで少し早いランチタイムです。

時々霧に覆われますが、ぱーと霧が晴れることもあり

その瞬間に

上から見た大ヤスリ岩

大ヤスリ岩が現れました。

そして

もう1つの岩山

山頂に隣接するもう1つの岩山と遠方の山や里も見え隠れしていましたが、八ヶ岳や富士山などは残念ながら見えません。

山頂で記念写真を撮って下山開始です。

山頂直下のクサリ場

山頂直下のクサリ場を越え、鞍部から反対側に下り始めます。

細い木々が密生したやや急な斜面を下っていきますが、登りコースとは違ってほとんど人に会いません。

斜度もやや緩いので下山コースとして適しています。

巨岩が多く展望の利かない道をぐんぐん下っていくと

巨岩と紅葉

紅葉したサラサドウダンやハウチワカエデなどが岩とのコンビネーションで絵になります。

夫婦岩

これは夫婦岩。大きな岩が真ん中で2つに割れた結果のようです。

シャクナゲ群落

この山にはシャクナゲが多く、これはアズマシャクナゲですが山頂付近にはハクサンシャクナゲ群落も見られました。

シャクナゲの開花時期にも来てみたいと思いました。

沢沿いに出ると大きな滑滝にやってきました。

不動滝

不動滝です。

岩に沿うように流れてきていますね。

さらに沢沿いを下っていきます。

みずがきブルー

花崗岩を流れる水はとても透き通っていてきれいです。岩石の粒子が粗く、砂のような細かい粒子が少ないので濁らないのでしょうか。この青さのことを、私は勝手に「みずがきブルー」と名付けました。

橋を渡る

いくつも橋を渡って最後は林道を歩き、ついに

自然公園にゴール

みずがき山自然公園にゴールしました。

ここからの瑞牆山は見事な姿を見せてくれるのですが、この日は霧に包まれて見えず残念でした。

すっきりとは晴れず遠望はかないませんでしたが、風が弱くてとても涼しい登山日和の中、巨岩の間の登降と岩に張り付く紅葉、清らかな沢水、圧倒的な岩山に登頂できた達成感など、満足感のあるツアーでした。

ご参加された皆様、大変お疲れ様でした。

ご参加いただきありがとうございました。

安達太良山ツアー(2018.10.8-9) 2日目

くろがね小屋は古い建物ですが、柱は太く堅牢なつくりでした。

乳白色の温泉はとても気持ちの良い湯加減で、内湯なのに窓を開け放して紅葉を眺めながら入っていると、さながら露天風呂のように快適でした。

夜は天の川や夏の大三角形、ペガススの四辺形や遠ざかりつつある火星などを小屋の前で見ることができました。

さて一夜明けて2日目となりました。良いお天気です。

小屋から下を見る

小屋の下を見るとすごい色彩が広がっています。

小屋周囲の紅葉

昨日峰の辻から下りてくる道は、日が傾いてきていたので紅葉を十分に楽しめませんでした。そのため、再びその道を途中まで戻ることにしました。

小屋の裏山

小屋の裏山はまぶしいくらいに輝いています。

紅葉の谷はというと

紅葉の谷

やはり見事な色に染まっていました。

クロマメノキ

派手さはないですが、赤く色づいたクロマメノキ

ナナカマド紅葉と実

派手なナナカマド。

それぞれに個性があって、全体として調和の取れた彩りとなっているのですね。

小屋に戻って下山開始です。

ミネカエデのトンネル

しばらくはミネカエデのトンネルを進みます。

圧巻の紅葉

裏山は圧巻です!!

振り向けば

ため息の連続

ため息をついてシャッターを押すばかり(笑)。

紅葉に埋まる小屋

小屋は紅葉に埋まっています。

オフロード車が通れる広い道を下っていきます。

オオカメノキ冬芽

万歳!をしたようなオオカメノキの冬芽、

ナギナタタケ

へんてこりんなキノコ(ナギナタタケ)、

ヤマウルシのあかちゃん

ヤマウルシの赤ちゃんも一丁前に真っ赤です。

いろいろ観察しながら奥岳登山口へぐんぐん下っていき、やや飽きた頃渓流沿いの道に入りました。

渓谷歩き

橋と

昇竜の滝

滝が連続し、

紅葉が盛りの頃は素晴らしい景観の場所になるでしょう。


このあと全員無事奥岳登山口に下山し、温泉にゆっくり浸かって帰路に着きました。

なかなか実現しなかった秋の安達太良山ツアーでしたが、良いお天気に恵まれ見事な紅葉と素晴らしい温泉を楽しむことができた山旅でした。

ご参加された皆様、ありがとうございました。

安達太良山ツアー(2018.10.8-9) 1日目

福島県の日本百名山・安達太良山には一昨年クラツーのツアーで強風撤退、昨年はフォーゲルツアーで雨天中止と、なかなか登山できていませんでした。

今年は、まもなく立て替えが予定されているくろがね小屋に宿泊し、2日間のうちお天気の良い方に登山するよう、行程に柔軟性を持たせて必勝を期しました。

まず1日目。3連休の最終日ですが昨日は強風でロープウェイが動かなかったとあって、旅行者が殺到し登山口に向かう道路は

渋滞する道路

大渋滞。あと2kmくらいのところであきらめてタクシーを降り、歩いて登山口へ向かいました。

この日の方がお天気が良いと判断して登山することに。

ロープウェイを下りてまずは薬師岳展望台へ。

薬師岳展望台にて

ここでは素晴らしい景観が広がっていました。

登山をしない人もここへ来て紅葉を楽しむスポットなのです。

登山道はとても狭い上、すれ違う人も追い越す人も多く、登山道はものすごく混雑しています。

それに下山する人の多くは登ってくる人に道を譲ってくれません。なかなか進みません。

五葉松平にて

五葉松平で一休み。山頂が見えています。

紅葉する樹木の種類はそれほど多くは無く、黄色くなるミネカエデやミネヤナギ、赤くなるのはナナカマドと

サラサドウダンの紅葉

このサラサドウダンです。

1つ1つの葉を見ると傷んでいてあまりきれいではないのですが、これがまとまって存在すると調和の取れた紅葉の広がりとなって見えるので不思議です。

上の方は葉が落ちている木が多く、下を見下ろすと

見下ろした紅葉

見事な広がりの紅葉が見えました。

山頂が近づいた

安達太良山の山頂が近づいてきました。

あの岩山の手前に荷物をデポして山頂に登り、

山頂の祠

ついに山頂に登頂しました。やったー!

山頂からは素晴らしい眺めです。

北方の眺め

北の方には安達太良連峰の鉄山・箕輪山と、その奥の吾妻連峰。

磐梯山

西の方には安達太良連峰の船明神山と遠方の磐梯山、猪苗代湖、桧原湖など。

そして南の方には和尚山が。

やや風が強く吹いている山頂から下りてランチして、今度は北方に向かいます。

山頂を振り向く

この稜線は牛の背と呼ばれる風の強い道ですが、この日はそれほどでもありません。

そのときゲーゲーという声が。

ホシガラス

ホシガラスです。ハイマツの種と思われるものをしきりに土に埋めています。冬の間の食料を隠しているのでしょう。私たちが見ている前で堂々と・・・。

さらに進むと

沼ノ平と秋元湖

西の方に巨大な火口が見えてきました。沼ノ平です。

118年前(西暦1900年)に大噴火して多数の死傷者を出した安達太良山の最新の噴火口です。

その荒涼とした景観と遠方に見える秋元湖。実に壮大なスケールです。

この後稜線を離れて峰の辻を経由し、くろがね小屋に向かって下りていきます。

沼ノ平から離れるに従って植生が回復してきて、さらに進むと

紅葉の谷

再び美しい紅葉の景観が現れてきました。

谷に沿って広がっているので、私はこれを「紅葉の谷」と勝手に名付けました(笑)。

ここから小屋までは本当にファンタスティックな光景の連続でした。

錦の斜面

写真を撮りまくる

同じような写真を何枚も何枚も撮影も撮って苦笑い。

そしてついに

山小屋と裏山の紅葉

くろがね小屋の屋根が見えてきました。絶好のロケーションにあるのがよくわかります。

そして

裏山の紅葉

小屋に到着したときに裏側の圧倒的な岩山と紅葉を撮りました。

日が差していたら、さぞかし素晴らしい色彩の空間だったことでしょう。

この後は小屋の温泉につかり、名物カレーライスを食べて1日目が無事終了しました。

尾瀬沼・沼田街道ツアー(2018.10.6-7)2日目

台風は尾瀬から離れて移動していますが、開けたところでは昨日からやや強い風が吹いていて、2日目の朝もその状態が続いています。

尾瀬沼ヒュッテ

燧ヶ岳に登るグループは日の出前に出発。山小屋の前で彼らを見送った後、朝食を食べて私たちは7時に出発しました。

大江湿原に入る

すぐに大江湿原に入ります。燧ヶ岳は相変わらず上の方に雲がかかっています。

この日はどんよりと曇っていて、時折やや強い風が通り抜けています。

この時期の湿原は

草紅葉の撮影

草紅葉となっていて、黄金色に輝いています。日が差せばさらに美しいのですが・・・。

森の中も

湿原周囲の紅葉

針葉樹林に混じってコシアブラやカエデ、ナナカマドなどが色とりどりに色づいていて、それはそれは素晴らしいです。

この日は3連休の中日。たくさんの人とすれ違いました。

大江湿原を過ぎて緩い登りになり、登り切ったところにあるのが

沼山峠にて

沼山峠です。かつては尾瀬沼がよく眺められたのですが、今は木々の間からわずかに覗いているだけです。

峠を過ぎたら後は下る一方です。この辺りから小雨が降り出してきました。

休憩所にて

バス停のある沼山峠で休憩し、再び山道に入ります。

このコースはほとんど人と会うこともない穴場的は道ですが、

沼田街道の紅葉1

素晴らしい紅葉が連続しています。

沼田街道の紅葉2

針葉樹と広葉樹が混じったなんとも言えない色彩に感動しました。

先日日本列島を襲った台風24号は、山の中に甚大な被害をもたらしました。

大清水からここに来るまでたくさんの倒木がありました。

でもとても驚いたのは、台風が通り過ぎてから6日しか経っていないのに、

倒木処理

ほとんど全ての倒木が、このように登山道から取り除かれていたのです。

尾瀬沼周辺の様にハイカーが多いコースだけで無く、沼山峠から七入に下りるコースも歩きやすくなっていました。

これには感謝するとともに、地元の人がこの道を大切にしていることがよくわかりました。

休憩所から小1時間で

抱返の滝

繊細な滝に到着しました。抱返の滝です。

周囲の紅葉が滝を引き立てていました。

さらに下りていくと針葉樹は次第に無くなり

沼田街道の紅葉3

ブナの森となりました。

ここのブナ林には巨木が多く、カラフルで見事な森でした。

ブナ林を下る

気持ちの良いブナ林をぐんぐん下っていくと、沢沿いまで下りてきました。

道行沢にはいくつもの橋がかかっていて

連続する橋

ぬれてやや滑る木の橋を何度か渡ります。

小雨なので水は濁らず苔むした清流を見るのががまた気持ちよいです。

最後の

硫黄沢橋

硫黄沢橋を渡って七入まで到着して無事登山を終了しました。

パラパラ降られましたが雨も風も大したことは無く、見事な色彩の森歩きを堪能することができました。


この後、私だけ次の安達太良山ツアーに参加するため離団したので詳しくは知りませんが、燧ヶ岳に向かったパーティは登頂を断念して引き返し、沼山峠まで下山したとのことです。

お気の毒でしたが、最後には合流してバスで帰路に着きツアーが終了しました。

ご参加された皆様、ありがとうございました。

プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR