山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

瑞牆山ツアー(2017.10.11)

10月も中旬になり、紅葉前線が南下してきました。

標高2000mを越える山岳ではそろそろ紅葉の良い時期になってきたでしょうか。

日本百名山・瑞牆山(2230m)は奥秩父の秀峰・金峰山の北西側にある岩っぽい山で、登山行程が比較的長いので韮崎市内で前泊して日帰りする登山行程としました。

瑞垣山荘

瑞牆山荘から登り始めます。前泊したので朝早くからスタートでき、ほとんど登山者はいません。

富士見平小屋

小1時間で富士見平小屋を通過します。

この日は良いお天気で風もなくとても暖かいです。

山頂を仰ぎ見る

木の間から瑞牆山をちらりと覗くことができました。

この山は花崗岩でできていて、白っぽく形が独特な岩山ですが、風化が進んで岩が丸みを帯びています。

花崗岩で出来ている山は他に甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、木曽駒ヶ岳、屋久島宮ノ浦岳などがあり、いずれも白っぽい岩でできた独特な山容をしています。

涸れた沢を渡ると

桃割岩

スパッと割れた桃のような岩があり、ここから岩場の急な登りが始まります。

コメツガなどの針葉樹に混じってナナカマドやカエデの仲間、サラサドウダンなどが美しく紅葉しているのを眺めながら岩場に挑んでいき、ふと振り返ると

紅葉と富士山

おおっ、という感じで富士山が美しい姿を見せてくれました。

登るに従って眺めが良くなり、この山の名物

大ヤスリ岩を見上げる

大ヤスリ岩が青空に向かってそびえ立っています。

背後には

樹間から望む富士山

富士山をはじめとする山々が雲海の上に浮かぶ姿に勇気づけられ、

3時間半ほどで

山頂に到着

山頂に到着しました。ばんざーい!

お天気が良く素晴らしいながめです。

八ヶ岳

西の方には八ヶ岳連峰と遠くに北アルプスが

南と中央アルプス

南の方には南アルプスと中央アルプスが、そして

金峰山と富士山

東の方には金峰山と富士山が

北の方には浅間山と妙高山が目に飛び込んで来ました。この山から見られる山はほとんど見えたのでしょう。

また岩山なので、切れ落ちた下には赤や黄色に染まった樹海が見え、とても感動しました。

暖かく風がないので、山頂で早いお昼を食べることにしました。

至福の時間

至福の時間でした。

何と1時間も山頂でゆっくりした後、登ったコースとは反対側に下りていきます。

こちらは表側ほど急ではなく足元の岩も少ないので歩きやすいです。

シャクナゲ群落

至るところにアズマシャクナゲの群落が広がっていて、花時にはきっと見事でしょう。

コースは岩の間をうまく作ってあって、すり抜けていく感じです。

夫婦岩

これは同じ大きさの岩が2つ並んでいるので夫婦岩と命名されています。きっと1つの岩がまっ二つに割れたのでしょう。

巨岩の間や

不動滝

ほとんど水が流れていない一枚岩からなる不動滝を見たり、

紅葉の中を下る

紅葉した木々に目をやりながら、ついにゴールのみずがき山自然公園に無事到着しました。

この公園からは

下山してみた瑞垣山

はじめて瑞牆山の全景を見ることができました。

お天気に恵まれ、パノラマと紅葉を堪能したツアーでした。

ご参加された皆さま、大変ご苦労さまでした。そしてご参加いただきありがとうございました。


スポンサーサイト

東吾妻・一切経山ツアー(2017.10.6)

今年は特に北日本で紅葉が早めにやって来ています。

福島県の紅葉を期待して、東吾妻連峰の一切経山と安達太良山に1泊2日で行くツアーを企画しましたが、どうでしょうか?

しかし残念ながら7日のお天気が良くないので、一切経山を日帰りで行くことになりました。

浄土平

バスで浄土平まで来て登り始めます。

お天気は曇で下り坂。南よりの風がやや強くて寒いです。

クロマメノキの実がびっしり

この赤くきれいに紅葉している木はクロマメノキです。ブルーベリーの仲間で、実がびっしりと付いています。

酸ヶ平までやって来ました。木道の周囲は

クロマメノキ群落

こちらもクロマメノキの群落はどこまでも続いています。あまり見たことがない光景です。

避難小屋

避難小屋に到着。とても立派な建物です。

この時期はもうあまり花を見ることはないですが、ヤマハハコや

エゾリンドウ

エゾリンドウがかろうじて咲き残っていました。

ここからぐんぐん高度をかせいで一切経山に登っていきます。

酸ヶ平と鎌沼

振り返れば酸ヶ平とその向こうの鎌沼が広がっていてとても良い雰囲気です。

初雪の跡

山頂の手前には2日前に降った雪が少し残っていました。私が八甲田山で体験した初雪と同じ日ですね。

そして

とても広々とした一切経山に登頂しました。

一切経山頂

すぐにその奥の魔女の瞳を見に行きます。

魔女の瞳

おおっ! これが魔女の瞳=五色沼です。今回も素晴らしい景観を無事見ることができました。良かった。

さらに遠くには飯豊連峰、朝日連峰、蔵王連峰、月山、そして何と鳥海山! まで見ることができました。やったー!!

でも風が強くてとても寒いので、石が積んである所の風下側に陣取ってランチタイムです。

吾妻山の広がりを実感しながら食べた後、下山開始します。

吾妻小富士

きれいな火山の形をしている吾妻小富士や福島盆地などを眺めながら下ります。

浮石の多いザレ場を過ぎ、避難小屋と酸ヶ平を通って

鎌沼

鎌沼を巡ります。五色沼が昔の火口に水が溜まったのに対し、この沼の周囲は広々としています。火山に囲まれた盆地に雨水などが溜まってできたそうです。

ここから浄土平まで下りるところが圧巻でした。

噴煙を上げる大穴火口

今でも噴煙を上げている大穴火口とその手前のナナカマドの紅葉。

小富士と紅葉

吾妻小富士とその手前のダケカンバ(黄)、ナナカマド(赤)、オシラビソやチシマザサ(緑)のカラフルな景観が感動的でした。

無事下山

浄土平に下りてから、道路沿いにある紅葉の名所に足を運びました。

桶沼

桶沼です。

これも火口湖ですが、周囲の鮮やかな紅葉に心を打たれました。

一切経山や吾妻小富士などの荒涼とした火山、十分すぎる登頂のおみやげの「魔女の瞳」(五色沼)、山腹を覆う色とりどりの紅葉。東吾妻の素晴らしい秋を十二分に楽しむことができたツアーでした。

安達太良山の紅葉は来年また再チャレンジすることといたします。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。





八甲田山ツアー(2017.10.3-4)2日目

2日目となりいよいよ八甲田山に登る日です。

しかしこの日は冬型が強く、強い寒気が流れ込んできて条件は良くありません。

初雪が降ると言われているので、心配しながらの出発でした。

ロープウェイ山頂駅

ロープウェイを下りると深い霧の中です。時折やや強い風とともにあられが降ってきます。

地元のテレビ局が初雪の取材に来ていました。初雪の日の登山なんてアンラッキー。

初雪の中を歩く

シャーベット状の雪がうっすら積もってとても滑りやすい木道を注意して進みます。

紅葉したナナカマドに積雪

紅葉したナナカマドや笹にも雪が積もっています。

オガラバナにも雪

オレンジ色に紅葉しているのはオガラバナというカエデです。晴れたらきれいに輝いているのでしょう。

樹林帯を抜けると積雪と寒さと強風で危険と判断し、主稜線は行かずに毛無岱という湿原にショートカットすることにしました。

水がたまったりぬかるんだ道を切り抜けると広大な湿原に飛び出しました。

田茂やち岳

少し日が差すようになり、近くを通ってきた田茂やち岳が草紅葉広がる湿原の向こうに姿を現しました! 

それにしても広い湿原です。

圧巻は上下2段に分かれている湿原の、下の段(下毛無岱)を俯瞰する階段からの景観です。

下毛無たい

何と素晴らしい光景でしょう!! これを見たくて秋の八甲田に来たと行っても過言ではありません。

下毛無たいを俯瞰する

みなではしゃぎまわってしっかりと目に焼き付け、カメラに納めました。

今年は紅葉が早めで、少しピークを過ぎた間もありますが、

色彩豊かな森

湿原を取り囲む森の紅葉も見事でした。

それとこの瞬間だけ日が差したことはとてもラッキーでした。

この後は酸ヶ湯温泉までどんどん下っていきます。

極彩色

極彩色のハウチワカエデがひときわ美しく目に飛び込みました。

酸ヶ湯温泉

ついに酸ヶ湯温泉が見えてきました。とても大きな温泉です。

寒さを覚悟して臨んだためか、思っていたほど寒くはなかったですが、

お疲れ様でした

悪条件の中、みなさんよく頑張って

無事下山

酸ヶ湯温泉に下山しました。お疲れ様でした。

2日間通してあまりお天気には恵まれませんでしたが、錦秋の八甲田山の片鱗を随所に見ることができました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。



八甲田山ツアー(2017.10.3-4)1日目

昨年は6月下旬に八甲田山に行きましたが、今度は紅葉の季節に再び行くことになりました。

まず1日目です。この日は山には登りません。

まずは紅葉の名所、城ヶ倉大橋です。川底からの高さが122mもあり

城ヶ倉大橋

目もくらむような橋の下には城ヶ倉渓谷があって、素晴らしい紅葉となる場所ですが、今回は

城ヶ倉渓谷

まだ色づき始めたところでした。橋の所では標高が800mくらいで、今年は紅葉が早いですがさすがにまだ見頃まではなっていません。

続いて

睡蓮沼

睡蓮沼にやってきました。ここは標高1000m。

睡蓮沼2

なかなか良い感じです。

残念ながら沼の向こうにある北八甲田の山々が見えません。それに小雨が降ってきて風もありちょっと寒いです。

予定より短めに切り上げて、次の訪問地&本日の宿・蔦温泉に向かいました。

蔦沼めぐりスタート

7つある沼めぐりのスタートです。雨は上がり涼しくて歩くにはちょうど良い気温です。

蔦沼

10月下旬には紅葉に包まれる蔦沼。さすがにまだ色づいていません。

月沼

森に囲まれた静寂の中にある月沼。この感じなら月が沼の水に映って美しいことでしょう。

この辺りは立派なブナ林に囲まれていて

ブナ巨木

樹齢300~400年くらいはあると思われるブナやトチノキの巨木があちこちにありました。

遊歩道の中間点にある

長沼にて

長沼にやって来ました。カエルがピョンピョン跳ねて行きました。そろそろ冬眠に入る頃でしょうか?

2時間余りかけて一周し、

蔦温泉

蔦温泉に戻ってきました。

この日はこの素晴らしい宿でゆっくりと過ごしました。

北八ヶ岳・白駒池と東天狗岳ツアー(2017.9.28-29)2日目

昨夜寝る前に霧が晴れてお月様が出ていたので、きっと2日目は晴れると思っていたら、予想通り良いお天気です。

さっそく中山峠までご来光を見に出かけました。

変な形の太陽

西上州から長野県東部にかけての最高峰御座山(おぐらやま)の右側から何やら光のつぶつぶが見えてきました。

雲の中から太陽が昇ったのです。しばらくすると

ご来光

丸い太陽がはっきりと見え始めました。小海線沿いの街は雲海の中です。

朝焼けの東天狗岳

周囲が真っ赤に燃え、東天狗岳がくっきりと朝焼けの中で眺められました。

朝食後、天狗の奥庭を通るコースを登り始めました。

急な岩ゴロゴロ斜面を一登りすると

東西天狗岳

どーん!と東西の天狗岳が目に飛び込んできました。左側がこれから登る東天狗岳です。2つのピークは標高が全く同じ2646mあります。

すがすがしい朝

溶岩が流れ下った跡と思われる巨岩が続く道を登っていきます。背後は針葉樹に覆われ縞枯れ現象が見える中山です。

ここからぐんぐん高度を稼いで

山頂に到着

東天狗岳の山頂に到着しました。素晴らしい景観です。

赤岳と硫黄岳

南の方には南八ヶ岳の赤岳、硫黄岳、阿弥陀岳などが、そしてその奥には北岳、甲斐駒などが。

諏訪盆地と御嶽山

西の方には噴火後3年経過した御嶽山や乗鞍岳、木曽駒、諏訪湖などが。

北の方には

北八ヶ岳の山々

蓼科山、北横岳、霧ヶ峰と遠くの浅間山、四阿山、燧ヶ岳、日光白根山などが、それぞれ見渡せ、360度のパノラマを堪能しました。

東天狗岳にて

やや風が強いので岩陰に隠れて休憩しています。

この風が冷たいので西天狗岳に行くのはあきらめ、尾根沿いの道を下りました。

ウラシマツツジ

ウラシマツツジが真っ赤に紅葉していて緑色のガンコウランとのコントラストがとても見事でした。

黒百合ヒュッテに戻って少し早めのランチをいただいた後は、

黒百合ヒュッテ再出発

予定の渋ノ湯へ下山するのはやめて、昨日見られなかった紅葉を見に白駒池へのコースを戻ることにしました。

途中のニュウからは

富士山

東天狗岳で見られなかった富士山を眺め、

白駒池俯瞰

これから下る白駒池や北八ヶ岳の樹海と山々を俯瞰し、

白駒池紅葉

白駒池では素晴らしい紅葉を楽しみ、

無事白駒池のバス停まで下山しました。

2日目の素晴らしいお天気のおかげで東天狗岳からの大展望と昨日見たかった景観を全て楽しめ、2日間のツアーを終了しました。

ご参加された皆さま、2日間ご苦労様でした。

ご参加いただきありがとうございました。




プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR