山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

裏登山道から筑波山ツアー(2018.4.16)

筑波山は年間200万人が訪れる人気の山です。大半は乗り物で上がって乗り物で降りる人でしょうが、登山者もかなり多い山です。

そのほとんどは神社からの表参道を使い、あるいはつつじヶ丘から登る人でしょう。

今回はあまり訪れる人がいない裏登山道から登りつつじヶ丘に降りるコースでツアーを行いました。

裏登山道は筑波山の北側にあり、県道150号線の湯袋(ゆぶくろ)峠の近くにあります。

その道路脇にはなんと

キンポウゲ

キンポウゲ(ウマノアシガタ)の花がびっしり。少し離れたところにはニリンソウの群落もあります。

裏登山道入口

ここが登山道入口です。古い道標で見えにくくなっていました。

登山道は

沢沿いの道

沢沿いを緩く登っています。

ネコノメソウの仲間やスミレがポツポツと咲き、

ニリンソウ咲き乱れる

ニリンソウはあちこちで群生してとてもきれいです。

葵の御紋のような葉の下には

フタバアオイ

フタバアオイのおわんのような花が(ひっくり返して撮りました)。

1時間余りで

キャンプ場

キャンプ場に到着しました。2週間前の下見の時にはカタクリやキクザキイチゲが所狭しと咲いていましたが、この日はほとんど花が終わっていました。

それでもキャンプ場の上から眺めた

キャンプ場からの眺め

展望と新緑は素晴らしかったです。

キャンプ場からは女体山に直接登る道を進みます。とにかくカタクリが多く、まだ咲き残っていた株もたくさんあり、その1つに

白花カタクリ

白花がありました!

この他ヒゲネワチガイソウや、

ハルトラノオ

ハルトラノオの花も点々としています。たくさんあるユキザサはまだつぼみでした。

お昼過ぎに

神社

最高峰の女体山に登頂しました。やったー

山頂からの眺めはとても素晴らしく、

女体山からの眺め

南東側には遠く霞ヶ浦が眺められました。

女体山から御幸ヶ原に向かって途中で

ランチタイム

ランチタイムとしました。曇りがちでしたが、この時は青空が広がってきてポカポカです。

芽吹いたばかりのブナが優しい色彩をしています。

昼食後は

御幸ヶ原からみた男体山

御幸ヶ原から男体山に向かいます。

男体山の山頂付近で

ブナの花

ブナの雄花を間近で見ることができました。

雄花を振ると花粉がぱっと飛びました。

ヒノキ花粉は終わりましたが、今はナラやブナが開花しているので、花粉症がまたひどくなっている人もいらっしゃいました。

再び女体山にもどり、つつじヶ丘に向かって下っていきます。

このコースは岩がゴロゴロしている場所が多く

岩の多い道を下る

慎重に下っていき、

つつじヶ丘

広い駐車場のあるつつじヶ丘に無事下山してツアーを終了しました。

裏登山道は花がとても多く、登りやすい道で、出会う人はとても少なかったです。とても良いコースなのでまた訪れたいと思いました。

ご参加されたみなさま、ありがとうございました。

スポンサーサイト

桜並木の尾根・箱根湯坂路ツアー(2018.4.12)

箱根登山線沿いに連なる低い山並みは、新期外輪山(古期外輪山の内側。輪状にはなっていない)の一角に当たり、今回はその1つの浅間山に登ってから湯坂路を箱根湯本まで下るコースです。

浅間山から湯坂城址を通って箱根湯本に下る尾根道は広い防火帯となっていて、サクラやカエデが植栽され、シーズンには良い雰囲気で登山を楽しむことができます。

今回のお目当ての1つは桜です。浅間山の頂上付近の標高800mくらいから500m付近までヤマザクラ、オオシマザクラ、マメザクラ(自生?)、ソメイヨシノが植えられているので、今年のように花の時期がずれてもどこかで花を見ることができます。

スタートは宮ノ下駅。ここから

登山開始

登山鉄道の線路脇を進みます。

登山口看板

線路を横切ってジグザグに登っていきます。

いきなり

ムサシアブミ

ムサシアブミが咲いていました。まさかこんな所で出くわすとは! あちこちで見られる植物ではありません。

岩の上に

イタヤカエデ花

黄緑色の花が。これはイタヤカエデの花と葉です。昨日吹き荒れた強風でちぎれて落ちてきたのでしょう。

淡い緑をした葉や濃い緑の葉、そしてヤマザクラの花などの向こうには

明神ヶ岳と新緑

大きな明神ヶ岳の姿が見えます。上を見上げれば

微妙な色彩

赤っぽい葉、緑色の葉、どれも葉っぱは小さくて、背後には青空が広がっていて、余計に色彩を引き立てています。

ミヤマカタバミやキクザキイチゲ、コクサギ、アオキなどが咲く道をぐんぐん登っていくと眺めの良い場所に到着しました。

富士見台より

箱根最高峰の神山(右)と駒ヶ岳がどーんと構えています。手前は小涌園でしょうか。

ここからは富士山も見える所なのですが、この日は風が強くて雲が湧き出していて見えません。

さらに登り続けると斜度が次第に緩くなってきて、ほとんど平になったと思ったら

浅間山に到着

広くて明るい尾根に飛び出しました。

ヤマザクラが咲いています。ここで少し早い

ランチタイム

ランチタイムです。

少々風が強いですが日差しは強いので涼しく感じられます。

日当たりがよいので

クサボケ

クサボケやミツバツチグリ、タチツボスミレなどがいっぱい。

ここは防火帯となっていて、毎年草刈りされるので見通しが良く、日当たりがよいので花も多いのです。

大平台分岐

いよいよ下り始めます。

両側のサクラの花とカエデの新緑を見ながらの山歩きは爽快そのものです。

ヤマザクラ

開花と同時に赤っぽい葉が開いているヤマザクラと

オオシマザクラ

葉が緑色をしていて花がより大きく良い香りがするオオシマザクラ。

どちらもちょうど見頃となっていて良かった。

足元には変な形をした花が・・・。

ナツトウダイの花アップ

これはナツトウダイ。花びらはなく雄しべは小さいつぶつぶのもので、ごろんとしたのは将来種になる子房。そこから出ているのは雌しべです。さらにクワガタムシの大あごみたいな形をしているのは蜜が出る腺体という器官です。

これがたくさん群生していました。

桜並木と青空

青空と広い空間と桜並木。この中を

尾根を下る

花さがししたり写真を撮りながら下っていきました。

のほほん、とした道が終わり、急に狭く急な道に変わりました。途中から石畳まで現れ我慢して進むと、なんとなんと

ギンリョウソウ

もうギンリョウソウが咲き出していました。これにはビックリ。早すぎ。

あとはひたすら転倒に気をつけながら下って

ゴール

国道1号線に出て、箱根湯本駅でゴールとなりました。


少々風が強かったですが、まずまずのお天気と気持ちの良い桜並木と、足元に咲くたくさんの花を楽しんだツアーでした。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。





石老山・石砂山ツアー(2018.4.9)

中央線の相模湖や藤野から少し奥に入っていて交通の便が悪いため、なかなか行けなかった石砂(いしざれ)山。

標高は577mしかなく目立たない山なのですが、神奈川県内でギフチョウという春にしか成虫が現れないチョウの唯一の生息地として知られています。

今回はまず石老山に登って一度山を下り、石砂山に登って道志川沿いに下りるコースでツアーを行いました。

登山開始

石老山入口から登山を開始します。真っ青な空に石老山がくっきりと見えています。

風はほとんどありません。民家の家にはしだれ桜やハナモモが花盛り。新緑のタイミングで色彩に溢れています。

タチツボスミレ

タチツボスミレが群生して咲いているのは見事です。病院の横を通って

巨岩の道

巨岩がゴロゴロしている道を進むとほどなくして

顕鏡寺

顕鏡寺に到着してここで一休み。

やや暗い森を一登りすると

女坂

展望の良い場所にやって来ました。足元にはマルバスミレやアカネスミレが咲き、眼下に町が見え、その向こうには高尾から景信山の稜線が続いています。

雑木林に入ると

雑木林の新緑

みどりがまぶしいです。こんな時期が続けばよいのですが、もう少し経つとすぐに森の中は暗くなってしまうのが残念。

融合平展望台

融合平の展望台からは相模湖とその向こうの陣馬山・生藤山、そして遠くには三頭山と雲取山が眺められました。

この時期にしては展望が良い日で良かった。

イヌブナの花

地面に落ちている、このふわふわとしたものはイヌブナの雄花。もうそんな季節ですか!

登り初めて2時間あまりで石老山に到着し、少々早い

ランチタイム

ランチタイムです。

山頂からは

丹沢の眺め

丹沢の主脈にある蛭ヶ岳や西丹沢の大室山、檜洞丸などを望めました。

石老山を後にして裏手に当たる篠原の集落に向かって下山します。

小石がゴロゴロするやや急な道を下っていくと

篠原の民家

民家が見えてきました。裏手の山は今まさに新緑で「山が笑っている」感じです。

しだれ桜

少々風が強くなってきて植栽されているしだれ桜から花びらがヒラヒラ落ちてきて良い感じ。

篠原の集落を過ぎ、石砂山への登りに取り付きます。

ここはギフチョウの生息地。

アゲハチョウの仲間のギフチョウが注目されるのは、成虫の姿が美しいのはもちろんですが、もう1つ重要なのは「春にしか成虫が現れない」からです。そのため「春の女神」などと呼ばれています。

ギフチョウの幼虫が食べる植物はカンアオイの仲間。この時期は成虫が羽化して交尾し、カンアオイの葉に卵を産み付けます。

その卵がとても美しいので探してみました。

ギフチョウ卵

おおっ! ありました。とても小さいですが真珠のような卵が!

でも成虫はなかなか姿を見せてくれません。風が強くなってきたのが災いしているのでしょうか。

明るい林をどんどん登っていき、ついに

石砂山山頂

石砂山に着きました。午前中より空がくっきりしてきて丹沢の眺めがさらに良くなりました。

石砂山で休憩

ここで二度目のランチタイム(笑)です。

出発しようとしていたその時、春の女神が飛んできて地面に止まりました。

ギフチョウ

全員が見ているところであいさつに来たのでしょうか。

良かった良かった。

この後は道志川に向かって下っていきます。

ヒトリシズカ群生

ヒトリシズカが群生していますが風でぶれてしまいました。

トラバース

ちょっといやなトラバースも何とか乗り切り伏馬田の集落へ下りて道志川を渡り、

最後の国道への登りをあえぎながら登って

石砂山を振り返る

越えてきた石砂山と石老山を振り返り、西野々バス停に着いてツアーを終了しました。

ロングコースでしたが、2つの山を無事縦走し、新緑とたくさんの花と春の女神に出会えたツアーでした。

ご参加された皆さま、お疲れ様でした。





新緑が美しい渋沢丘陵観察会(2018.4.5)

3月からの高温傾向は4月に入ってからも続き、全般的に開花も新緑もかなりのスピードで進行しています。

この日は秦野市の渋沢丘陵観察会です。どんな自然が見られるでしょうか?

前日までの初夏の陽気は一段落し、この日は曇っていて風があり、やや肌寒いです。

渋沢駅から歩き始めました。住宅の庭には華やかに咲き競う花がいっぱい。それを見るだけでも楽しいです。

道路の隙間にはスミレがきれいに並んでいます。

アリアケスミレ

よく見るとこれはアリアケスミレ。歩道のアスファルトの隙間でガードレールの下という踏まれにくい場所に居場所を確保しています。

このような道路の隙間はいろいろなスミレが咲いています。

ふれあいの里

ふれあいの里は小学校の環境教育に使われている谷戸田です。ため池には

オタマジャクシ

ヒキガエルのオタマジャクシがうじゃうじゃ。

耕作はしていませんが、湿った場所には

ネコノメソウ群落

ネコノメソウが群落を作っています。

須賀神社の脇を通って雑木林に入ります。

ホウチャクソウ

ホウチャクソウがもうたくさん咲いていて、タチツボスミレはピークをやや過ぎた感じで、やはり開花が早いです。

この地域はボランティア活動が盛んで、

美しい雑木林

雑木林はきれいに管理されていて美しいです。

コナラ、クヌギの花の他、ハナイカダがあっちにもこっちにもあって、花や蕾を付けています。

マクロで撮ってみると

ハナイガダ雄花

こちらが雄花、そして

ハナイガダ雌花

こちらが雌花。とても地味な花ですが、葉の上に花があるのは珍しいですね。

ハナイカダと同じように花びらがない植物としてナツトウダイがあります。こちらは

ナツトウダイの花

さらに変わった花です。クワガタ虫の大あごみたいな形をした部分は腺体と呼ばれていて、ここから蜜が出るようです。

黄色いのは雄しべ、そしてピントが合っていない背後にごろんとあるのが種になる子房で、そこから雌しべが出ています。

本当に不思議な形をした花ですね。

八重桜が植栽されている

祈りの丘

祈りの丘に着きました。合掌している石碑のあるここは戦没者を慰霊する場所です。

ソテツは戦没した場所を想像するからでしょうか。

まだ八重桜は2~3分咲きですが、一緒に植えられているハナモモはもう花がほとんど終わっていました。

祈りの丘からしばらく進むと

八重桜の里

八重桜の里と書いてある休憩場所に着きました。

軽くお弁当を食べた後は

頭高山

頭高山(ずっこうやま)に登って300m峰を極め(笑)、山をぐるっと回った後は

ヤマルリソウ

ヤマルリソウが群生する坂道を下り、

シャガが見頃

早くも見頃となったシャガを眺めながら

チューリップが植栽されている泉蔵寺へ向かいます。

チューリップ

お寺の住職がコツコツ植えたという色とりどりのチューリップと、思いがけず満開だった

しだれ桜

しだれ桜を楽しんで、

渋沢駅まで戻って観察会を終了しました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。

弟富士山・若御子峠ツアー(2018.4.1)

3月は記録破りの高温となり、桜をはじめいろいろな花が一気に開花しました。

4月はどうでしょうか?

1日もやはり20℃を越える日となりました。この日は秩父の低山歩きです。

武州日野駅

秩父鉄道の武州日野駅からスタート。駅周辺はソメイヨシノとしだれ桜で華やかです。

駅の裏側に回り込むと

カタクリの花

カタクリ自生地があり、カタクリの花が見頃を迎えていました。

カタクリ自生地

夢中になって写真撮影です。

逆光で見ると

カタクリ

花の真ん中の星形模様が浮かび上がります。

カタクリ群生の中を登っていくと

弟富士山

弟富士山(おとふじやま)に到着。まずは神社にお詣りです。

反対側に下りて進みます。

振り返れば

弟富士山を振り返る

今登ってきた弟富士山が。富士山形をしていますね。でもこんなに急な山だったのか。

橋と線路を渡って秩父の里をのんびり歩きます。

花いっぱいの里歩き

レンギョウとサンシュユの黄色、ハナモモとサクラのピンク、白いコブシとサクラ、・・・色とりどりの光景が広がります。

コブシを観察

コブシの花をじっくり観察。のんびりしていたい場所でした。

ここから若御子峠に向かって登っていきます。

中腹にある憩いの広場に到着し、

憩いの広場でランチ

あずまやでランチタイム。気温が高くて日差しも強いので、日陰が欲しいです。

隣の大きな木はイタヤカエデ。黄緑色は

イタヤカエデの花

開葉に先駆けて咲いた花です。

4月の頭に咲くなんて早すぎ! きっと2週間くらい早いでしょう。

ここには

フクジュソウ

フクジュソウが広い範囲で植えられています。でも季節が進んでいるので、もう花も終盤です。

食事の後は若御子峠から朝越山に登って、

急な下り階段

急坂の階段を一歩一歩下っていきます。

一気に標高差300mを下るとそこにあるのは

清雲寺しだれ桜1

清雲寺というお寺と見事なシダレザクラです。

白っぽいのがひとえのエドヒガン。ピンク色のがヤエベニシダレ。これもエドヒガンの栽培品種です。

どちらもまさに見頃の素晴らしい景観です。

ここには30本も植えられていて、

清雲寺しだれ桜2

こんなに良いタイミングで来られたことを幸運に思います。

沢山の人が訪れて写真を撮っていました。

この後は武州中川の駅まで歩いてツアーを終了しました。

カタクリにはじまってハナモモなどカラフルな花咲く秩父の里歩き、イタヤカエデ、そして圧巻のシダレザクラ。

大いに花を楽しんだ秩父の低山歩きでした。

ご参加されたみなさま、ありがとうございました。

プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR