山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

今倉山から二十六夜山ツアー(2017,11,16)

11月も後半となり、紅葉は終盤となってきました。

16日に都留と道志の境にある今倉山から二十六夜山を通って、都留の芭蕉月待ちの湯まで降りる、少々長いコースを歩くツアーに行っていました。

登山開始

道坂トンネルの手前から登り始めます。トンネルの向こうは道志村になります。

名残の紅葉

標高1000mを少し越えるこの辺りでは、まだ紅葉が残っていました。

しばらく行くと

稜線到着

稜線に出ます。ここは道志の最高峰、御正体山から今倉山に通じる尾根の一角です。

ここからはやや急な尾根歩きが続きます。

紅葉斜面を登る

オオモミジやハウチワカエデが残る斜面は、日当たりが良くてとても暖かいです。

この日は気温が上がらず寒くなると言われていましたが、幸いなことに風がなく日当たりが良かったので、風下側ではポカポカと暖かい日和でした。

振り返れば遠くに

神山と噴煙

箱根の神山と大涌谷の噴煙がハッキリと見え、地吹雪舞う富士山も御正体山の上に被さるように見えていました。

今倉山

今倉山に到着しました。三角点にタッチです。

ここは眺めが良くないので更に進みます。

アップダウンを繰り返しながら進むと

赤岩への稜線

眺めの良いところに出てきました。

富士山、御正体山だけでなく杓子山、三ッ峠山などの山々を見ながらの縦走はとても気持ちがよいです。

そして大展望台の

赤岩にてランチ

赤岩(松山)に到着し、ここでランチです。

先着パーティがいましたが、大挙して合流させていただきました。

ここは本当に申し分ない眺めで、雲取山や大岳山など奥多摩の山々、八ヶ岳や金峰山・茅ヶ岳、白銀の南アルプス、大菩薩の山々、箱根から天城方面、そして丹沢と360度のパノラマを満喫できました。

食後は二十六夜山に向かいます。

ブナ巨木

この山の稜線にはブナやミズナラの巨木がいたるところにあり、林がとても美しいです。紅葉が終わって見通しが良くなり、日差しがあるととても暖かいです。

赤岩から1時間強で月待ち信仰の舞台となった

二十六夜山

二十六夜山に着きました。

その昔はどんな風に二十六夜の月待ちをしたのでしょうか。興味深いところです。

二十六夜山からは

急斜面を下る

落ち葉が厚く堆積した急斜面を下っていきます。落ち葉が滑るだけでなく落ち葉の下にある石ころや木の枝が見えないので、おそるおそる下っていきます。

尾根から沢へ降りて沢沿いを進み、

最後の渡渉

丸木橋を渡ってさらに下っていき、

芭蕉月待ちの湯

登山開始から6時間でゴールの芭蕉月待ちの湯に無事下山しました。

下りの累積標高差が1100mある、歩き応えのあるコースでした。

ご参加された皆さま、大変ご苦労さまでした。

ご参加いただきありがとうございました。

スポンサーサイト

越前岳ツアー(2017.11.7)

富士山の南部、沼津市との間にふたこぶらくだのような形をした山並みがあります。

愛鷹連峰といい、最高峰越前岳とその次に高い位牌岳がその「こぶ」を形成しています。

今回は北側にある最高峰越前岳(1504m)に登るツアーに行ってきました。

登山開始

十里木高原の駐車場から登山開始です。

ススキ原の階段

ススキ原の中に階段が一直線に続いていて、鉄塔まで登ると傾斜はなだらかとなり、さらに一登りすると

見晴台にて

馬の背見晴台に着きます。富士山が素晴らしい眺めで、

見晴台からの富士

凄い迫力です。

越前岳が見えた

越前岳の山頂も見えてきました。

ここからは樹林帯となり、岩場も混じる急登です。

林床には

ミヤマシキミ

ミヤマシキミの実がたくさん。急登のあとは

えぐれた道

えぐれた道が幾筋もあり、どこを歩いたらいいか探すのが大変。

しだいに雲がかかってきて風もやや強くなり、少し肌寒くなってきた頃

越前岳山頂

越前岳の山頂に到着しました。数パーティと一緒に昼ご飯です。

雲や霧で展望がないのが残念。短時間で下山開始します。

富士見台

ここは富士見台。昭和13年に発行された五十銭紙幣に描かれた富士山の図案となった場所です。ここでも残念ながら見えません。

紅葉はもう終盤でしたが、降りて来るに連れて

コミネカエデ

真っ赤なコミネカエデが華やかでした。

鋸岳展望台にて

鋸山展望台は南側の位牌岳や鋸岳がよく見える場所ですが、ここでも残念です。

ぐんぐん下ると

富士見峠

富士見峠に到着。お客様が集めてくれた落ち葉を並べてみました。

落ち葉並べ

コミネカエデ、ウリハダカエデ、カジカエデ、コハウチワカエデがそれぞれ色の違いがあってきれいです。この他にもハウチワカエデ、イタヤカエデ、ウリカエデなども見ることができました。

ここから稜線を離れ沢沿いを下っていきます。

山神社

山神社で安全登山のお礼を言い、

ゴール

鳥居をくぐってゴールの山神社入口まで下山しました。

山頂や富士見台からは展望が利きませんでしたが、登る途中でばっちりと富士山を見ることができました。

ご参加された皆さま、大変ご苦労さまでした。

そしてご参加頂きありがとうございました。

笠丸山ツアー(2017.10.31)

今年の10月はお天気に恵まれませんでしたが、31日のツアーは願ってもないお天気となりました。

西上州には小さい岩山がたくさんあり、上野村にあるその1つ笠丸山に行ってきました。

登山開始

スーパー林道に登山口があり、ここから登山開始します。

沢沿いを進む

沢沿いのコースを登っていきます。

マムシグサ

マムシグサがあちこちで赤い実を付けていて目立ちました。

1時間ほどで地蔵峠到着。お地蔵さんが安置されているのは

コナラ巨木

立派なコナラ巨木の根元です。

今年はドングリが豊作で

ドングリは豊作

ミズナラドングリがたくさん落ちていて、踏んで転んでしまいそうです(笑)。

「ややっ!」 あれは何だ!

山頂が見えた

樹林の間に天を突くような鋭峰が!

そう、あれば笠丸山なのです。 「みんなであそこに登るんですよ」と言っても、みなさん半信半疑です。

でも・・・

山頂が近い

山頂がだんだん近づいてきました。

急登

ところどころでロープが張ってある急登があり、ちょっと振り返ると

ツツジの紅葉

アカヤシオやサラサドウダンが真っ赤に色づいている岩場とブナ、ミズナラの黄色く色づいた森が広がっていて良い感じです。

最後の急坂を登り切ると2つのピークの鞍部に着き、狭まったちょっとこわい岩場

狭い尾根

を通過すると、笠丸山山頂(西峰)に着きました! やったー

とても狭い山頂でしたが、他のパーティがいなかったので

ランチタイム

山頂を独占して景色を眺めながら美味しいランチといたしました。

風があまりなく紅葉に囲まれた穏やかな山頂でした。

紅葉と奥秩父

真っ赤なアカヤシオの向こうには金峰山を始めとする奥秩父の峰や

両神山

幾重にも続く岩山(奥は両神山)、

そして反対の方向には雪をいただいた上越の山まで見ることができました。

サラサドウダン

本当に素晴らしい色の紅葉(サラサドウダン)でした。

さてランチの後は

東峰

また恐怖の岩場を東峰に向かって進み、山頂の祠の前で手を合わせた後下山開始です。

下りも急

下りも急坂の連続で、転倒しないように気をつけながら進み、1時間余りで無事登山口に到着いたしました。


素晴らしいお天気と紅葉の中で、スリリングな岩場のある山を楽しんだツアーでした。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。






八甲田山ツアー(2017.10.3-4)2日目

2日目となりいよいよ八甲田山に登る日です。

しかしこの日は冬型が強く、強い寒気が流れ込んできて条件は良くありません。

初雪が降ると言われているので、心配しながらの出発でした。

ロープウェイ山頂駅

ロープウェイを下りると深い霧の中です。時折やや強い風とともにあられが降ってきます。

地元のテレビ局が初雪の取材に来ていました。初雪の日の登山なんてアンラッキー。

初雪の中を歩く

シャーベット状の雪がうっすら積もってとても滑りやすい木道を注意して進みます。

紅葉したナナカマドに積雪

紅葉したナナカマドや笹にも雪が積もっています。

オガラバナにも雪

オレンジ色に紅葉しているのはオガラバナというカエデです。晴れたらきれいに輝いているのでしょう。

樹林帯を抜けると積雪と寒さと強風で危険と判断し、主稜線は行かずに毛無岱という湿原にショートカットすることにしました。

水がたまったりぬかるんだ道を切り抜けると広大な湿原に飛び出しました。

田茂やち岳

少し日が差すようになり、近くを通ってきた田茂やち岳が草紅葉広がる湿原の向こうに姿を現しました! 

それにしても広い湿原です。

圧巻は上下2段に分かれている湿原の、下の段(下毛無岱)を俯瞰する階段からの景観です。

下毛無たい

何と素晴らしい光景でしょう!! これを見たくて秋の八甲田に来たと行っても過言ではありません。

下毛無たいを俯瞰する

みなではしゃぎまわってしっかりと目に焼き付け、カメラに納めました。

今年は紅葉が早めで、少しピークを過ぎた間もありますが、

色彩豊かな森

湿原を取り囲む森の紅葉も見事でした。

それとこの瞬間だけ日が差したことはとてもラッキーでした。

この後は酸ヶ湯温泉までどんどん下っていきます。

極彩色

極彩色のハウチワカエデがひときわ美しく目に飛び込みました。

酸ヶ湯温泉

ついに酸ヶ湯温泉が見えてきました。とても大きな温泉です。

寒さを覚悟して臨んだためか、思っていたほど寒くはなかったですが、

お疲れ様でした

悪条件の中、みなさんよく頑張って

無事下山

酸ヶ湯温泉に下山しました。お疲れ様でした。

2日間通してあまりお天気には恵まれませんでしたが、錦秋の八甲田山の片鱗を随所に見ることができました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。



八甲田山ツアー(2017.10.3-4)1日目

昨年は6月下旬に八甲田山に行きましたが、今度は紅葉の季節に再び行くことになりました。

まず1日目です。この日は山には登りません。

まずは紅葉の名所、城ヶ倉大橋です。川底からの高さが122mもあり

城ヶ倉大橋

目もくらむような橋の下には城ヶ倉渓谷があって、素晴らしい紅葉となる場所ですが、今回は

城ヶ倉渓谷

まだ色づき始めたところでした。橋の所では標高が800mくらいで、今年は紅葉が早いですがさすがにまだ見頃まではなっていません。

続いて

睡蓮沼

睡蓮沼にやってきました。ここは標高1000m。

睡蓮沼2

なかなか良い感じです。

残念ながら沼の向こうにある北八甲田の山々が見えません。それに小雨が降ってきて風もありちょっと寒いです。

予定より短めに切り上げて、次の訪問地&本日の宿・蔦温泉に向かいました。

蔦沼めぐりスタート

7つある沼めぐりのスタートです。雨は上がり涼しくて歩くにはちょうど良い気温です。

蔦沼

10月下旬には紅葉に包まれる蔦沼。さすがにまだ色づいていません。

月沼

森に囲まれた静寂の中にある月沼。この感じなら月が沼の水に映って美しいことでしょう。

この辺りは立派なブナ林に囲まれていて

ブナ巨木

樹齢300~400年くらいはあると思われるブナやトチノキの巨木があちこちにありました。

遊歩道の中間点にある

長沼にて

長沼にやって来ました。カエルがピョンピョン跳ねて行きました。そろそろ冬眠に入る頃でしょうか?

2時間余りかけて一周し、

蔦温泉

蔦温泉に戻ってきました。

この日はこの素晴らしい宿でゆっくりと過ごしました。

プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR