山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

志賀山・根子岳ツアー(2017.8.28-29)2日目

2日目は根子岳登山です。

最初の予定では峰の原から小根子岳を通って根子岳に登る予定でしたが、小根子岳から根子岳の間に崩落があり通行が困難になったため、急遽菅平牧場からのピストンと変更になりました。

登山口

菅平牧場から登山を開始します。ここは四阿山の登山口にもなっています。

牛

大きな牛が優しい目でこちらを見ています。好奇心があるのでしょう。

牧場沿いの道にはたくさんの花が咲いていて、

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン、

ノアザミ

ノアザミ、そしてヤマハギ、ハクサンフウロ、ウメバチソウ、クルマバナ、ノハラアザミ、ヤナギラン、カワラマツバ、ノコギリソウ、ハナイカリなどさすが花の百名山です。

あずまやで休憩

あずまやで一休み。この日は霧がかかっていて風もあり、とても涼しくて登山日和です。

マツムシソウ

マツムシソウや

ウメバチソウ

ウメバチソウ、そしてゴマナが咲く原っぱを過ぎるとシラカバやダケカンバの林となります。

石がゴロゴロした緩い斜面を登っていきます。

エゾリンドウ

エゾリンドウが素晴らしい色彩を放っていました。

最後は林を出て

ガスの中を登る

やや急な斜面を登っていきます。

相変わらずガスで展望が望めませんが、色々な花とアカモノ、コケモモ、シラタマノキ、ガンコウラン、クロマメノキなどの実がたくさん実っていて、秋の訪れを感じられました。

そして2時間あまりで

根子岳神社

根子岳の山頂に到着しました。大変お疲れ様でした。

山頂の風が当たらないところでランチタイムです。すぐ隣の四阿山は

見えそうな四阿山

もうちょっとで見えそうな感じでしたが、あきらめて下山開始です。

菅平高原を見下ろす

すると霧がぱあっと晴れて眼下の菅平高原が見えてきました。それとともに日が差してやや暑い中、一歩一歩下ります。

あずまやと根子岳

あずまやに着いた時には根子岳もはっきり見えて草原の山だという実感が湧きました。

牧場の横を通って菅平牧場に下り、無事登山を終了しました。


志賀山は森に囲まれ池や湿原が点在する山、そして根子岳は広大な草原が広がる山。2つの対照的な山を2日間に渡って登りましたが、まずまずのお天気となって素晴らしい景観とたくさんの花を楽しめたツアーでした。

みなさま2日間ありがとうございました。

スポンサーサイト

志賀山・根子岳ツアー(2017.8.28-29)1日目

8月も終盤となり台風の季節です。

昨年台風のせいで中止となった志賀山・根子岳ツアーですが、今年は催行することができて良かったです。

1日目に志賀高原の森と池と湿原を楽しめる志賀山と、2日目に草原の花を楽しめる根子岳に登るツアーです。

前山リフト

志賀高原硯川の近くにある前山リフトに乗って、前山から登山開始します。

でも、大変お天気が良くて北アルプスまで望めるので、

ランチタイム

前山で1回目のランチを取ることにしました。この写真の背後は笠ヶ岳です。この他、志賀高原の横手山、鉢山、志賀山と、遠く白馬三山や五竜、鹿島槍などを望むことが出来ました。

登山開始してまもなく

渋池

渋池に到着です。風が弱いので鏡のような水面に森や横手山が映ってとてもきれいでした。

志賀山は遠目に見ると大したことがなさそうな山ですが、登ってみると意外にきつく、登りは岩場もある急斜面です。

この時期ともなると

ゴゼンタチバナ実

ゴゼンタチバナや

タケシマラン実

タケシマランなどが美しい実を付けていますし、

お釜池

コース中に点在する池がとても神秘的です。

志賀山

そしてようやく志賀山に到着。ガスが上がってきていてあまり展望が利きません。

志賀山を下る

志賀山から急坂を一旦下ります。

タテヤマウツボグサ

タテヤマウツボグサが美しい花を付けていました。

再び急坂を上り切ると志賀山と同じ位の標高の裏志賀山に到着です。

裏志賀山からは

横手山と四十八池

志賀高原2位の高峰、横手山と手前の四十八駅湿原、そして奥には

大池沼

神秘的な色彩の大沼池が見えました。こんな素晴らしい景観を楽しみながら

裏志賀山でランチ

2回目のランチを取り、四十八池に下ります。

湿原歩き

湿原には木道が敷かれていて、花を楽しめます。

イワショウブ、エゾリンドウ、ウメバチソウなどの花や、赤く色づいた

モウセンゴケ

モウセンゴケの葉がとても目に付きました。

四十八池からは一部来た道を戻り、前山リフトで硯川に下りて登山を終了しました。

この後は2日目の根子岳に近いホテルに移動して1日目が終了しました。





木曽駒ヶ岳ツアー(2017.8-21-22)2日目

真夜中に起きた人が満天の星をご覧になったとのこと。私が3:30に見たときは薄雲がかかっていても星は見えていて、展望が楽しめると思っていました。

しかし、ご来光を見るために5時に出てみると深い霧の中。残念です。

登山開始

霧の中を駒ヶ岳に向けて出発。

夏の後半になると咲き出す

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウがあちこちで咲いています。

チングルマ実

チングルマはもう実になっていて、水滴が付いてきれいでした。

中岳

あっというまに駒ヶ岳の前衛峰中岳に着きました。やや風が強くて霧でかなり濡れます。

一旦下った後再度駒ヶ岳に登ります。そしてついに

駒ヶ岳

木曽駒ヶ岳に到着。霧で山頂の雰囲気がよくわかりません。

ここには伊那側と木曽側の神社がそれぞれあり、安全下山のお詣りをして下山開始です。

来た道を戻らず、馬の背に向かって稜線を少し下ります。

ここにはこの地域にしかない

コマウスユキソウ
コマウスユキソウ(ヒメウスユキソウ)の花がまだ見られました。

一方で、

ウラシマツツジ

ウラシマツツジは紅葉し始めていました。

再び宝剣山荘に戻った後、昨日登った道を下ります。

八丁坂を下っていくと急に霧が晴れてきました(というか、霧のない所まで下りてきました)。

ガスが晴れた

みなさんまた写真を撮り始めます。

突然動く物が現れたのでカメラを向けると

イワヒバリ

イワヒバリでした!

千畳敷カールの底から周囲を見ると

ムカゴトラノオ群落

一面、ムカゴトラノオの花園が広がっていて、風に揺れている雰囲気がとても素敵でした。

2日目の霧はとても残念でしたが、2日間雨に降られずカールの景観やたくさんの高山植物を楽しむことができました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。

木曽駒ヶ岳ツアー(2017.8.21-22)1日目

月山ツアーの翌日より木曽駒ヶ岳ツアーに行きました。

東京では20日まで20日間連続雨記録が続いています。いい加減にすっきり晴れて欲しいところです。

しらび平からロープウェイに乗ると一気に標高2600mまで運んでくれます。

駅前

下りた千畳敷駅は大勢の人で賑やかです。

千畳敷カール

ロープウェイの途中で霧が出ていましたが、千畳敷は霧の上。宝剣岳などの山々と千畳敷カールが一望です。

昼食後、いよいよ登山開始です。

カールの緑被

カールの中はとても花が多く

クルマユリ

クルマユリ、

クロトウヒレン

クロトウヒレン、

タカネグンナイフウロ

タカネグンナイフウロ、

エゾシオガマ

エゾシオガマ、

トリカブト

トリカブトなど、この時期としてはたくさんの花が見られました。

労せずして桃源郷まで来られるので行き交う人は本当にさくさんいます。

すれ違い待ちしている間にキョロキョロして花を探します。

ミソガワソウ、ミヤマキンポウゲなどの他

チシマギキョウ

チシマギキョウも岩にへばりついていました。

八丁坂

最も急な八丁坂から下を見るとこんな感じです。石を落とすと大変なので慎重に登っていきます。

やがて乗越浄土という平坦な場所に到着し、そこから程なくで

宝剣山荘到着

今宵の宿、宝剣山荘に無事に着きました。

まずまずのお天気に恵まれ、迫力ある景観とたくさんの花を楽しめた1日目が無事終了しました。


鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳ツアー(2017.7.26-28)その2

1日目は濃霧で何も見えませんでしたが、2日目はどうでしょうか?

種池を出発

種池山荘を出発します。

蓮華岳

この日は時折霧が晴れて蓮華岳や針ノ木岳方面の展望が利いています。やはり気分が違いますね。

爺ヶ岳

最初に登る爺ヶ岳がうっすらと見えてきました。やったー!

雲海

大町市街は雲海の下に隠れています。

剣立山連峰

谷を隔てた先の剣立山連峰はもうちょっとで稜線まで見えそうです。

時々ガスがかかるので、こんな日には現れるかなと思っていたら

1羽目のライチョウ

おおっ、やはり現れました。ライチョウです。でも巣立ち雛はいませんでした。

爺ヶ岳に登頂

そしてついに1つ目のピーク、爺ヶ岳に登頂しました。山頂に立てるのは嬉しいですね。

爺ヶ岳を下りていくと雨が降り始め、何も見えなくなってしまいました。

タカネバラ

美しいタカネバラを見ながら下っていくと今宵の宿、冷池山荘に到着。ここで荷物を一部預かってもらい、鹿島槍に向けて出発。

鹿島槍の前衛峰である布引山の手前と先には見事なお花畑が広がっています。

布引山奥のお花畑

これは布引山と鹿島槍ヶ岳の間に広がるお花畑です。イワオウギやテガタチドリ、そしてたくさんの種類の花がところ狭しと咲いていて本当に素晴らしい空間でした。

稜線で一休み

そんな場所で一休み。至福の時間です。

双耳峰

ここから見る鹿島槍ヶ岳の南峰(左)と北峰です。遠くから見るときれいな双耳峰ですが、近くで見ると随分印象が違います。

そして一登りで

鹿島槍に登頂

三角点のある南峰に着きました。みなさん感無量です。

残念なことに霧が出てしまい何も見えませんでしたが、ゆっくりとランチタイムを取ることができました。

下山中に振り返ると

鹿島槍が顔を出した

再び鹿島槍の双耳峰とその手前の布引山が顔を出してくれました。カッコイイ!!

冷池山荘

やがて冷池山荘の屋根が見えてきて、この後はこの山小屋でのんびりと過ごしました。

3日目は朝から小雨が降っています。

ツアーを通じて霧が出たり晴れたり、青空が出たかと思えば雨が降り出す不安定なお天気。何だか夏らしくありません。

爺ヶ岳を通過して種池山荘に着く前に、再び

3羽目のライチョウ

ライチョウが現れました。前に見た個体とは違うようですね。

ライチョウを観察

みんなでじっくりと観察しました。

種池山荘で休んだ後、柏原新道をどんどん下り、

扇沢ターミナル

扇沢のバスターミナルを見ながら、全員無事登山口に下山してツアーを終了しました。

くるくる変わるお天気に翻弄されながらも、美しい山並みやたくさんの花、そしてとてもきれいでおもてなしの素晴らしい2つの山小屋ライフを楽しむことができたツアーでした。

ご参加された皆さま、大変ご苦労さまでした。

ご参加いただきありがとうございました。



プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR