山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

宇都宮アルプス(2017.1.5)

みなさま、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年最初は宇都宮アルプス(篠井富屋連峰)です。クラブツーリズムツアーの下見で行ってきました。

いわゆるご当地アルプスの1つで、12kmの距離の中にピークが7座あって起伏に富んだ山域です。

登山スタート

スタートは子どもの森公園です。良いお天気ですが北風が冷たくて寒いです。

人工林を抜けると、

雑木林と人工林が入り交じる

雑木林と人工林が入り交じった登山道を進みます。

木の合間からは

日光方面

日光方面の町並みがよく眺められました。

最初のピークは

榛名山

榛名山。ところどころ岩が露出していて、やや急な斜面もあります。その次のピークは

男山

男山です。男があるなら女は? と思いましたが女はありません。木の合間から

高原山

高原山が綺麗に見えています。高原山は鶏頂山や釈迦ヶ岳など1800m近い山々の相称です。

そして3つ目が宇都宮アルプス最高峰の

本山

本山です。最高峰だけあってここからの眺めが最も良く、日光方面や古賀志山、遠く筑波山なども眺めることができました。

榛名山と男山

振り返れば、先ほど登った榛名山(左)と男山がラクだの背のように並んでいました。

本山からぐんぐん下りた後は再び登りとなり、最後に急な登りを登り切ると飯盛山

茶碗に飯を盛ってひっくり返したような形をしている飯盛山に到着です。

このピークの前後は最も急坂で、特に下りが

急斜面

ロープをつかまないと降りられないようなところでした。

しかし下りきると、今までの起伏に富んだコースが一転。なだらかなダラダラ道が果てしなく続いています。


5つめのピークの

高舘山

高舘山、6つ目の

黒戸山

黒戸山、7つめの

兜山

兜山を越えて、中徳治郎登山口へ下山しました。後ろを振り返ると

最後に振り返る

相変わらず青い空に兜山(左)と鬼山(右。7座に含まれない)とその中間の黒戸山が見えていました。

宇都宮アルプスは前半が起伏に富んだ岩っぽいコース、そして後半はやたらに長く緩い起伏のコースと対照的な組み合わせでできていて変化に富んでいました。

このコースは1月20日と23日にツアーが予定されています。みなさまのご参加をお待ちしています。


ツアーの詳細





スポンサーサイト

高柄山(2016.12.28)

今年もいよいよカウントダウンが始まりました。個人的には今年最後の登山です。

上野原市にある高柄山(733m)に下見に行きました。

スタートは四方津(しおつ)駅。線路沿いを歩き、千足川に沿って登っていきます。

吊り橋

吊り橋を渡り車道をぐんぐん登っていきます。山間の細い道に

民家

民家が並んでいて、山に寄り添うように人が住んでいます。

歩き始めて1時間ほどで

登山口

登山口。ここからようやく山道です。スギやヒノキの人工林を延々登っていくと

千足峠

千足峠でようやく稜線に出て、ここからやや急な道を20分ほど登ると

高柄山

高柄山に到着です。ここでようやく視界が開けて、上野原市街や

奥多摩の山も

生藤山から三頭山に連なる笹尾根、そして奥多摩の大岳山や御前山などを見通すことができました。

この後は予定を変更して新矢ノ根峠・鶴島御前山を経由して上野原駅まで行くことにしました。

雑木林の道

こちらは雑木林の明るい道が続いて日だまりでとても暖かくて気持ちよいです。

急坂を下りきって少し登り返すと

あずまや

新矢ノ根峠に立つあずまやがありました。ここからの展望は残念ながらありません。

今度は鶴島御前山に向かって息が切れるような急登です。

高柄山を振り返る

振り返ると高柄山が逆光の中に見え、さらに一登りで

御前山

鶴島御前山に到着です。ここからは

上野原市街と生藤山

眼下の上野原市街とその向こうの生藤山がよく見えました。

鶴島御前山からはロープが連続する岩場の急坂を下ります。

ぐんぐん標高を下げ

桂川

桂川が迫ってきました。下りきって桂川橋を越え、登山開始から6時間余り歩いたすえ上野原駅に到着しました。

今年最後の山行が無事終了しました。

フォーゲルの高柄山ツアーは1月15日に予定されていますが、本日歩いたコースとは下山コースが異なります。

今後、コース変更の可能性がありますのでご了承下さい。

今年もご愛読ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

上野原 要害山・コヤシロ山(2016.12.24)

上野原市の中心部から西側に少し離れたところに、要害山から続く山並みがあります。

標高は600m前後で、雑木林と人工林の入り交じった山域です。

1月11日のフォーゲル・ツアーの下見に行ってきました。

尾続(おづく)というバス停で降りて

尾続から登山開始

集落の中を登って行きます。

人工林の暗い森の中に最初の山、

尾続山

尾続山(おづくやま)があります。ここからはあまり展望が利きません。

でも落葉期なので、木の間から真っ白い富士山が見え隠れしています。

ウリハダカエデ

この緑色の綺麗な木は何でしょう?

樹皮(樹膚)が瓜に似ているのでウリハダカエデです。それにしても綺麗な樹皮です。

次の実成山(みなりやま)の手前に展望が利く場所があり、振り向くと

上野原市街を見下ろす

上野原市街からその奥の石老山、そして最も遠くに大山をはじめとする丹沢の山々がきれいに見えました。

実成山からもそれまでと同じように

雑木林と人工林

人工林と雑木林がモザイク状に続いています。

コースは馬蹄形に伸びていて、その中央にあるのがコヤシロ山。ここからの富士山は絶景で、

コヤシロ山からみた富士

美しいという言葉しか出てこない景観です。

ここでしばらく休憩し、さらに進みます。

次のピークは風の神様。ここからも富士山だけでなく

風の神様からの展望

中央線沿線の山々や丹沢が一望です。

最後のピーク、要害山は戦国時代末期の山城跡で、

要害山

休むのに適したとても広い山頂でした。

要害山からやや急な坂道を下っていき、鏡渡橋から道路に出て振り返ると、

おっぱい山

その形から地元の人の間では「おっぱい山」と呼ばれている要害山や、今歩いてきた山々が見渡せました。

この日歩いたコースは適度な起伏と素晴らしい展望が楽しめる、比較的歩きやすいコースです。

ツアーは来年1月11日(水)に予定されていますので、皆さまのご参加をお待ちしています。

詳細は こちら をご覧下さい。

北高尾(2015.11.12)

フォーゲルツアーの下見のため、北高尾を訪れました。

陣馬高原下から陣馬山へ行かずに、底沢峠へ登ります。

数年前に訪れたとき、一面が伐採され、日当たりを好むセンブリがたくさん咲いていた場所にはスギの幼木が育っていました。

時期が遅いとはいえセンブリを探しましたが見つかりませんでした。代わりに

ツクバネ

ツクバネが実を付けていました。この実は本当に羽子板で打つ衝羽根にそっくりです。これも風で飛ぶための工夫なのでしょう。

コムラサキ

ヤブムラサキはもうほとんど葉を落としているのであのビロード状の肌触りを楽しむことはできませんが、ムラサキシキブより一回り大きな美しい実が目立ちます。

底沢峠から堂所(どうところ)山を取って北高尾山稜に進みます。この辺りは

コアジサイ

コアジサイが多く、

北高尾の黄葉

ダンコウバイやアオハダ、コナラなど美しく黄葉していて見事でした。

そしてまだ11月なのに

カンアオイ

カンアオイ(カントウカンアオイ)がもう花を付けていました!

晴れの予報に反して肌寒い曇空でしたが、北高尾の秋を楽しむことが出来ました。


フォーゲルの堂所山・北高尾ツアーは年末が押し迫る12月20日(日)に行われます。

その頃には黄葉は見られませんが、残った木の実や野鳥、そして晴れたら展望を楽しむことができます。

詳しくは こちら をご覧下さい。



栗生山(2015.4.13)

群馬県桐生市の北、渡良瀬渓谷鉄道沿いに栗生山(968m)はあります。

山旅会でツアーに行くため、下見をしてきました。

水沼駅

拠点は渓谷鉄道の水沼駅です。この駅は何と温泉がある変わり種です。ツアーではここでタクシーに乗り換えて栗生神社まで行きますが、帰りはタクシーからバスに乗り換える前に温泉に入る予定になっています。

ここから車で15分ほど走ると

石鳥居

栗生神社の石鳥居に着き、ここから登山開始します。

200段あまりの階段を上ると

栗生神社

神社の本堂があります。とても簡素な造りです。

本堂の横には群馬県の天然記念物で樹高が46mもある

大スギ

大スギが立っています。推定樹齢1200年とか。平安時代から世の中を見続けてきたのですね。

このスギからパワーをもらって進みます。

岩が多い斜面

ところどころに岩があるスギ林の急斜面を登っていきます。スギ林が終わる頃尾根に出て、そこには

カタクリ

つぼみをつけたカタクリがありました。この辺りは標高が高いので、まだ開花していないようです。

そして程なくして

栗生山

栗生山の山頂に到着です。この頃からみぞれ交じりの冷たい雨が降り出しました。「おおっ、さむ!」

お目当てのアカヤシオは

アカヤシオつぼみ

ほとんどつぼみですが、中には

アカヤシオ咲き始め

咲き出している株もありました!

山頂の近くには赤城山方面の展望台があり行ってみましたが

展望台から

ご覧の通り全くみえません^^;

反対側に行くと

石宮

石でできた祠(石宮)がありました。

一帯は250mほどの長さですが、アカマツ主体でリョウブやコナラなど落葉樹林が多く、アカヤシオが咲き出したらきっと見事な景観となるでしょう。

山旅会のツアーは4月21日に予定されています。詳しくは こちら をご覧下さい。

残席はわずかです。本番では晴れますように(^o^)

プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR