山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

裏登山道から筑波山(2018.4.2)

最も標高の低い日本百名山・筑波山。

とても有名な山で訪れる人がとても多い所ですが、ほとんどがロープウェイを使ったり、南側の表登山道を登る人で、裏側(北側)から登る人はとても少ないです。

しかしその裏側にこそ自然が残っています。

ツアーの下見を兼ねて、裏登山道から筑波山(女体山)に登ってきました。

起点(裏登山口)は湯袋(ゆぶくろ)峠から500mほど北西にあります。

登山道入口

ほとんど消えかかっている道標。でもこの付近にはニリンソウやトウゴクサバノオなどの花がたくさん咲いています。

沢沿いを進む

沢沿いを進んでいくと

ニッコウネコノメ

本当にたくさんの花が咲いています。

初めて見たニッコウネコノメ。雄しべの先(葯)が赤くて、黄色いホウとの対比がとてもきれいです。

ネコノメソウ、ムカゴネコノメ、ツルネコノメ、ユリワサビ、ニリンソウ、トウゴクサバノオ、ヤマエンゴサク、キクザキイチゲと次々に出てきます。

色彩も東京近辺とは若干異なり、

ナガバノスミレサイシン

ナガバノスミレサイシンは濃い紫色をしていて、まるでニオイタチツボスミレみたいです。

1時間あまりで筑波高原キャンプ場に到着。ここは

カタクリ群落

カタクリ群落があって花はちょうど見頃でした。

アオイスミレ

このアオイスミレはややピンクがかっていますし、キクザキイチゲは

紫色のキクザキイチゲ

こんなに濃い紫色を見たのは初めて。色の変異が大きく、白がベースにうっすらピンク色がかったものや薄紫色、などなど七変化です。

キャンプ場からは

道標

道標に従って進みます。

登りやすい道

ゆるやかな傾斜の道が続いていて、先ほどから出てきている花の他に

ハルトラノオ

ハルトラノオが小さな花を付けていて

エンレイソウ群落

エンレイソウの群落もありました。

キャンプ場から小1時間で女体山直下に到着。この後はここから

女体山頂上直下

御幸ヶ原に向けて進みます。

カタクリ花まつりが開催されていて、ちょうどカタクリが満開でした。

たぶん例年より1週間以上早い満開でしょう。


裏登山道は予想していたとおり、春の花いっぱいの道でした。

歩く人はほとんどいなくて静かな山歩きを楽しむことができます。自然を楽しむにはとても良いコースだと思いました。

フォーゲルでは4月16日(月)にツアーを予定しています。

詳しくは こちら をご覧下さい。

スポンサーサイト

箱根・三国山(2017.12.27)

2017年も大詰めです。今年最後の山歩きとして、箱根の三国山へ行ってきました。

芦ノ湖南岸の箱根町港から芦ノ湖の西側にある外輪山を北上し、湖尻峠で外輪山を下りて湖岸を歩き、芦ノ湖北岸の桃源台まで行く、芦ノ湖を半周する全長12kmのコースです。

小田原からバスで箱根町港に着きました。

駒ヶ岳と神山

芦ノ湖畔から見ると、駒ヶ岳と神山の上の方が白くなっています。霧氷でしょうか?

これから登る方向は

山伏峠と三国山方面

中央に見える山の周辺に山伏峠が、そしてその右側には三国山が続いています。

周回歩道の看板
外輪山周廻歩道という名前が付いているコースで、石畳の道を登っていくと道の駅で国道1号に出て、すぐさま階段の多い山道を登っていくと

外輪山に出た

外輪山の一角に出ました。

ここから一登りすると

ハコネダケと富士山

強風のため地吹雪が上がっている富士山が見えてきました。周囲はハコネダケというネザサの仲間がびっしりと生えています。

深い笹

箱根でよく遭遇するハコネダケの密生する道を進みます。

ハコネダケがとぎれた右手には

駒ヶ岳と二子山

芦ノ湖と神山、駒ヶ岳や登山開始した町港が見えています。もうこんなに歩いたんですね。

この道は箱根スカイラインという道路に並行して通じていて、

レストラン

スカイライン沿いのレストランも見えてきました。

この裏手にある小ピークはとても素晴らしい展望を楽しめ、富士山や愛鷹連峰の他

駿河湾

駿河湾と富士市、沼津市、伊豆半島の天城山から伊豆大島や利島など、気持ちの良い眺めでした。

縦走路に戻って進みます。

芦ノ湖と金時山

前方には芦ノ湖の先に金時山と西丹沢の山も見えています。

この日は風が強くて寒かったのと、時折雪雲がちぎれて飛んできましたが、見通しはとても良かったです。

そしてこの日の最高峰

三国山山頂

三国山に到着しました。樹林の中にありますが、落葉樹の葉が落ちているので富士山や芦ノ湖なdも枝の間から眺められました。

ここからは湖尻峠に向かってぐんぐん下っていきます。

富士山が近い

間近の富士山を眺めつつ慎重に下って

湖尻峠

湖尻峠に出てここで外輪山を離れ、カルデラの中に下っていきます。

急な階段を下りきると芦ノ湖畔に出て

湖尻水門

湖尻水門を通れば、あとは桃源台までわずかでした。

冬型の気圧配置が強くてとても寒い日でしたが、無事今年最後の登山を終了しました。

とても展望の素晴らしいコースで印象に残っています。

このコースはフォーゲルで2月11日(日・祝)にツアーを行います。

詳しくは こちら をご覧下さい。

愛鷹連峰・越前岳(2017.10.27)

富士山の南にある古い火山、愛鷹連峰。その最高峰・越前岳に行ってきました。

ようやく長雨が終わり、秋晴れとなりました。この日は雲一つ無い絶好の登山日和です。

御殿場からバスに乗り十里木で下車。ここから数分歩くと登山口です。

長い階段

いきなり長い階段が。斜度もそれなりにありきつい登りです。

十里木からの富士山

登り切るとススキ原の向こうにどでかい富士山が。山頂付近は少し雪を被っています。

富士山と宝永火口

こちら側からは宝永火口がよく見えます。300年ちょっと前に大噴火を起こした場所ですね。

登りが緩やかになって灌木の中を登っていきます。

次第に紅葉が

登るに連れて次第に木々が色づいてきました。

ヤマボウシやブナ、そしてコアジサイなどが目立ちます。

斜度が緩くなってきたら

越前岳山頂

越前岳の山頂に到着です。お天気に誘われて数組のパーティがランチを取っていました。

山頂の眺めは素晴らしく、富士山の他

駿河湾

駿河湾と富士市街の景観が良かったです。

ここからは稜線歩きです。

稜線の紅葉

コミネカエデが赤く色づいていて、黄色いブナもきれいです。

山頂から20分あまりで富士見台着。ここは昭和の初期に岡田紅陽という人が富士山に撮影に訪れ、その図案が昭和初期に発酵された五十銭紙幣に使われたそうです。

私も真似をして撮ってみました。

五十銭の富士

題して五十銭札の富士です。周囲の灌木が伸びていて、案外写しにくかったです。

ここからは稜線沿いに富士見峠へ向かって下っていきます。

南の方には

位牌岳と鋸岳

愛鷹連峰で2番目に高い位牌岳(左)とその隣の鋸岳が、その峻険な姿をくっきりと見せていました。

東の方には木々の間から

箱根方面

箱根の神山と駒ヶ岳を望むことができ、大涌く谷の噴煙もよく見えました。

富士見峠からはやや急な道を下りて、林道手前で

山神社の祠

(愛鷹)山神社で安全登山のお詣りをして

山神社入口

鳥居のある山神社入口まで下山しました。

快晴微風の絶好のコンディションに恵まれ、越前岳の楽しい下見を終えました。


越前岳ツアーは2回行われ、

 11月7日(火)はクラブツーリズムの新宿発バスツアー → 詳細
 11月10日(金)はフォーゲルの現地集合ツアー → 詳細

となっています。
素晴らしい富士山と稜線の紅葉を見においでください。


八ヶ岳主峰・赤岳(2017.9.21-22)

来年のツアー企画検討のため、赤岳に行ってきました。

美濃戸から赤岳鉱泉、行者小屋、赤岳天望荘、赤岳山頂などを巡りました。

美濃戸から

北沢

北沢を通って

赤岳鉱泉

赤岳鉱泉へ。横岳の圧倒的な岩壁が素晴らしいです。

ここから少し登ると

行者小屋

行者小屋です。いくつかのコースが行者小屋から分かれています。

今回は地蔵尾根を登って主稜線に出て、

赤岳と天望荘

赤岳が間近に見上げられ、その手前にある赤岳天望荘に泊まりました。

この時期朝晩はかなり冷え込み、着込んで夜明け前から外に出ました。

横岳、蓼科山と朝焼け

日ノ岳、横岳から蓼科山につながる山並みの朝焼けがきれいです。

ご来光

低空に雲があり、その雲から日が昇りました。

天望荘から赤岳に登ります。

岩場と天望荘

急な岩場を登り切ると

山頂間近

山頂手前の小屋に着き、山頂はすぐそこです。

赤岳山頂にて

雲海に浮かぶ富士山を見ながら山頂に到着です。

山頂からは大変眺めが良く、

南アルプスと中央アルプス

南には北岳、甲斐駒など南アルプス、隣の中央アルプス、手前の権現岳。

阿弥陀岳と御岳、北アルプス

西には槍穂など北アルプスと乗鞍、御嶽、手前の阿弥陀岳。

そして北には蓼科山と妙高連山、浅間山など。

眺望を心ゆくまで楽しんだ後、文三郎尾根を下ります。

文三郎尾根の岩場

クサリが続く急な岩場を慎重に下り、階段をひたすら下って行者小屋に到着。この後は南沢を通って美濃戸まで下山しました。

さすがに八ヶ岳の主峰だけあって、とても魅力のある山でした。岩場が多いので覚悟して入山する必要があります。悪天候時のエスケープルートなど十分考慮して企画したいと思います。

今のところ来年の7月にすべく検討中です。

ぜひご注目下さい。



瑞牆山(2017.9.14)

奥秩父の主峰・金峰山の隣にある、日本百名山・瑞牆山に下見に行きました。

多くの人は瑞牆山荘から往復しますが、今回は裏側から登って表側の瑞牆山荘に下りてくるコースとしました。

みずがき山自然公園から林道を進むとまもなく終点に着き、

登山開始

ここから山道に入ります。沢沿いを進み、たびたび

丸太の橋

こんな橋を渡ります。両側は

渓谷の岩壁

巨岩がそそり立っています。程なくすると

不動滝

不動滝に着きました。水量が少ないですね。雨が少ないせいでしょうか。

不動滝からは登りがやや急になり

大岩の間を行く

こんな大きな岩の間を進みます。クサリがかかっているところもありますが、ほとんど危険な場所や大変な場所はなく、北側の涼しい道を登り詰めると

山頂

真っ青な空が広がる瑞牆山山頂に到着です。

表側から多くの人が登ってきていました。

最高のお天気となり、周囲の山々の展望が素晴らしいです。

大やすり岩と南アルプス

眼下の巨岩・大やすり岩と遠方の南アルプス、

金峰山

五丈岩が目立つ金峰山、

そして反対側には八ヶ岳連峰と遠くの北アルプスの一部もが。富士山は残念ながら雲の中ですが、ゆっくりしていたい山頂です。

この山は花崗岩でできていて、風化により岩が丸みを帯びていて歩き回りやすいです。

ゆっくり休憩した後は表側の道を下ります。

急な岩だらけの道を慎重に進みます。

大やすり岩

山頂から見下ろしていた大やすり岩を今度は見上げます。すごく大きな岩ですね。

ぐんぐん下って金峰山との分岐にある

富士見平小屋

富士見平小屋をとおり、

途中道草をして

下山途中からの瑞垣山

登った瑞牆山の勇姿をながめ、

瑞牆山荘

瑞牆山荘まで下った後、再びみずがき山自然公園まで戻って

みずがき自然公園からの瑞垣山

朝は暗さと逆光でよく見えなかった全景を目に焼き付けました。


ちょっと見ると登るのがとんでもなく大変そうですが、岩の間を通る登山道が巧妙に付けられていて、子どもでも注意すれば登れる山でした。

10月中旬頃には黄葉・紅葉で素晴らしい景観が期待できると思い、10月11日にツアーを予定しています。

詳しくは ツアーチラシ をご覧下さい。韮崎市内に10日に前泊して11日に登ります。

みなさまのお申し込みをお待ちしております。






プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR