山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

晩秋の大野山

御殿場線の谷峨駅で下車し、すぐ背後にそびえる大野山へ向かいました。谷峨駅で降りたのは私1人。平日ということもありますが、かなり閑散としています。

東名高速の下をくぐり、酒匂川の吊り橋を渡って舗装道路を登っていきます。冬が近くなると飛ぶ白っぽい虫がたくさん見られました。俗に言う雪虫(ワタムシ)です。無理矢理手袋で押さえつけて撮影しました。



冬の妖精に思えますが、正体は何とアブラムシ! これを話すとがっくり来る人が多いですね。

この辺りの雑木林は良く整備されていて、気持ちの良い林が続いています。紅葉も見頃で、とても美しい景観です。





紅葉している樹木はカエデの他にカマツカがあります。この木は派手さはありませんが、地味な薄ピンク色が上品で好きです。葉の下に真っ赤な実を付けています。



一方、ツルウメモドキの実は目立ちたがり屋です。ピンク色の仮種子とそれを包む黄色い果皮のコントラストが高く、鳥においでおいでをしています。



同じく目立つ実はクサギです。こちらは紺色の実と真っ赤な萼の組合せ。この時期の葉っぱはそれほど臭くありません。



それに対して同系色なのがマユミです。この時期になるとあちこちにピンク色の実をたわわに付けていて、こんなにたくさんマユミがあったのかと驚かされます。



大野山の南斜面には神縄断層が走っています。プレート境界の有名な断層で、フィリピン海プレートに乗って500万年前にぶつかった丹沢と、同じプレートに乗って後でぶつかった島との境界できています。そんな衝突の現場だったのですね。

素人の私にはその現場を見てもよくわかりませんが、このタマネギ石はそれと関係あるのでしょうか? 岩石の風化によってできたと言われていますが。



それにしても面白い形をしていますね。下りの途中にもこんなタマネギ石がありました。



さて、この日は曇ですが、遠くの景色はよく見えました。山頂付近で撮影した南側です。



右から金時山、矢倉岳、明神ヶ岳です。うっすらと海も見えていました。そして北側は



丹沢湖と大室山、菰釣山など西丹沢の山々がよーく見えます。
そしてもちろん西側には富士山も。愛鷹山も見えます。



大野山は山頂付近に牧草地が広がる草原の山です。道路が山頂まで伸びているので一般観光客も訪れますが、展望に恵まれ麓の林が美しい素晴らしい山です。





スポンサーサイト

黄葉に染まる木下沢と堂所山

今年はいつまでも暖かくて紅葉・黄葉が遅れているようです。それでもここ数日は冷え込んできたので、平地でも色づき始めたところが多いとのことです。

木下沢は新緑の時期の花、夏の昆虫など、とても豊かなところですが、この時期に訪れたことはありませんでした。きっときれいだと思い、足を運びました。

ミヤマフユイチゴの実が目立っていました。食べたら甘酸っぱくておいしいです。



木下沢にはカエデの仲間が多いですが、これもその1つ。そう、ミツデカエデです。



たくさんの実を付けている株もありました。
紅葉では負けじと、キンミズヒキが真っ赤になっています。



実の部分も真っ赤でした。キンミズヒキが真っ赤になるのを初めて見ました。木下沢に特有な事なのかも知れません。

そしてヌルデ。たくさんの実がぶら下がっています。脂肪が多いせいかカラスなどの鳥が好んで食べます。



小さいフルーツが林道に落ちていました。見上げてみるとマメガキがたくさん実っていました。その昔、中国から渡来したと聞きます。



木下沢を奥へ奥へ進んでいきました。いつまでも沢水が豊かです。木々の色づきも良いのですが、深い沢で日があたらないため、黄葉があまり映えません。1日のうちで何時間も日があたらないようです。この写真は日当たりが良いところを選びました。



そしていい加減に嫌になった頃、林道終点に到着し、一登りしたら尾根道に出ました。ここが関場峠です。



ここから堂所山への道は、黄葉が素晴らしかったです。コナラの他、低木のコアジサイとクロモジが真っ黄色でした。



お腹が空いた頃、堂所山に出ました。陣馬山(左)と生藤山(右)がくっきりとその山容を現しています。



人工林の続く尾根道を小一時間歩くと景信山。ここでは東側の展望が開けます。



景信山からは小仏バス停に直接下りる道を下山しました。
ここでも素晴らしい黄葉を見ることができました。


ネイチャーガイド・フォーゲルは、11月26日にこのコースのツアーを行います。黄葉に包まれた静寂郷をのんびりと歩きませんか?
http://www006.upp.so-net.ne.jp/guide_Vogel/dotokoro1126.pdf

晩秋の寺家ふるさと村

寺家ふるさと村には、今では少なくなった谷戸環境が残っていて、昔の風情が感じられます。効率を追求する農業とは正反対の、手間がかかる田んぼで稲作が行われているのは、横浜市が「ふるさと村」に指定して保全を進めているからでしょう。

稲刈りは9月から10月にかけて行われたので、この時期の水田には稲はありません。



一部の田んぼでは、刈った稲がはさ木に掛けられて、晩秋の風情が感じられました。



雑木林に目を転じると、紅葉が始まっていました。これはツタウルシです。



そしてヤマハゼ。実がいっぱい成っています。この実には脂肪がたくさん含まれていて、実を潰して木蝋を取ります。



皮膚の弱い人はかぶれるので気をつけましょう。
マメ科の植物にはきれいな実を付ける物があります。これはトキリマメです。



さやが真っ赤で種が黒いので、とっても目立ちますね。
この後ため池に足を運びました。
グーグーと鳴く声がしたので、目を凝らすとウシガエルが見つかりました。よく見ると何匹もいます。



これは特定外来生物。見たくなかったのですがこれも現実です。
突然、「ピピピ」という声が。カワセミのようです。池の水は濁っているので魚を捕まえられるのでしょうか?



と思ったら、この後ダイビングして見事に小魚を捕まえて食べました。

水田、雑木林、ため池などといった、それぞれが人の手で作られた要素からなる里山は、狭い範囲にいろいろな環境があるためにたくさんの生物が見られます。このような場所がいつまでも残ってくれることを願っています。

東丹沢の展望台・仏果山

カルチャー講座下見のため、仏果山と高取山を訪れました。

11月になればヒルは出ないだろうと予想していましたが、案の定大丈夫でした。東丹沢はシカの影響が大きく、林床植物がとても少ないです。辛うじてみられたのがこの植物。そう、オニシバリです。



この植物は茎が強くて鬼を縛っても切れない、ことから名が付いたと言われていますが、毒があってシカが食べません。そのせいでしょう。

ツリバナがあちこちで実を付けていました。



とてもかわいらしくて好きな実です。ここでも紅葉が始まっていて、真っ先に赤くなるのはシラキです。



本当に天気が良くて、眼科、いや、眼下の宮ヶ瀬湖や丹沢の峰々がぜーんぶ見えています。東の方には奥多摩から奥秩父の山が、反対方向に眼を転じれば、都心の町並みがよく見えます。



仏果山と高取山の頂上には展望塔があって、樹幹の上から展望を望めます。写真で展望塔が見えますか?



こうすることで大規模に樹木を伐採しなくて良い利点があります。一方で、これだけの資材をヘリで運んで、更に組み立てる重機が必要です。その時には付近を伐採しなければならないでしょう。どちらが自然に優しいのかわかりません。

下りる途中でツルグミの花を見つけました。このグミは今が花期で虫を集めていました。



暖かい11月のスタートでした。当分、こんな天気が続くようです。平年より気温が高いので、紅葉は遅くなりそうですね。


プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR