山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

仏果山に春が来た

この上ない天気。下見のため仏果山、高取山へ出かけました。

今回は愛川町の方から登り、周回コースで愛川町へ下りました。主なものをご紹介します。

林床に目立たない花が。

オニシバリ

ナツボウズともオニシバリとも呼ばれる花です。ジンチョウゲの仲間で、花が葉っぱと似た色をしているので目立ちません。

仏果山山頂の一コマ。

ヒオドシチョウ

これは成虫で越冬したヒオドシチョウです。近い仲間のキタテハはちょっと安っぽい感じですが、ヒオドシは上品な感じが漂います。

続いて高取山の展望塔からの眺めです。

宮ヶ瀬湖

眼下に宮ヶ瀬湖が見えています。この山は晴れていればいつ来ても素晴らしい眺めを与えてくれます。

そして荒れ地に多い

ヤシャブシ

ヤシャブシです。法面保護のため植えられる木ですが、これは自然に生えているようです。芋虫のような雄花がそろそろ咲きそうです。

バス停にあった木の花です。

フサザクラ

桜とはまったく異なるフサザクラの花です。かなり美しいですが、この花には萼も花びらもない、原始的な花です。

写真をご覧いただくと、だいぶ春めいてきたことがお気づきだと思います。

この写真にないもので観察できたのは、カタクリの花、スジグロシロチョウ成虫、ヤマガラやシジュウカラのさえずりなどです。

そろそろ桜の便りが聞けそう・・・。

スポンサーサイト

城山かたくりの里と周辺ウォーク

ようやく春の訪れが感じられるようになりました。

日が長くなり、花が咲きウグイスが鳴き出しました。
春の訪れを感じさせる花として梅や桜以外にはカタクリがあります。カタクリはその可憐な姿から人気があり、各地にカタクリを観察できる場所があります。

相模原市の西部に城山かたくりの里があります。ここには農家が丹誠込めて作られた花園が有り、カタクリをはじめたくさんの花が植えられて(あるいは元々あったものを増やして)います。橋本駅からも直行バスが出ているだけでなく、大きな駐車場もありマイカーで行く人もたくさんいます。

例年なら見頃ということもあり、本日観察会を実施しました。
抜けるような青空の下、園内を歩くといろいろな花が目一杯開いています。

道沿いに植えられていて目立つのがこれ。

ミスミソウ

雪割草と記載されていますが、キンポウゲ科のミスミソウです。この植物は色彩の変異が多く、ピンク色の花、薄いブルーの花、白い花、など様々です。葉っぱが三角だとミスミソウ(三角草)、丸いとスハマソウ、大きいとオオミスミソウなどと分類されていますが、すべて同じ種です。本当に美しい植物です。

そして

ショウジョウバカマ

こちらはショウジョウバカマです。低地から3000mの高山帯まで生えているという、分布の広いユリ科の植物です。こちらも常緑で、葉が3年位で入れ替わるようです。

雪国で雪解け時に真っ先に咲くのは

キクザキイチゲ

キンポウゲ科のキクザキイチゲです。花の色は白からライトブルーまでありますが、近縁のアズマイチゲより花がやや大きく葉っぱもがっしりしています。

そして主人公はご存知

カタクリ

カタクリですね。今年は開花が遅くて、まだ一分咲きとのことです。まだ気温が低いせいか、これらの花には虫がほとんど飛んできません。これでは受粉できないですね。

この他にも、草本でフクジュソウ、キバナセツブンソウ、アズマイチゲ、コシノコバイモ、などが、そして木本ではダンコウバイ、アブラチャン、ミツマタ、マンサク、ゲンカイツツジ、ツバキ、キブシなどなどたくさん咲いていて、それは素晴らしかったです。カメラマンもたくさん来ていました。

園内で

草本の中で、晴れないと花が開かない種が多く、本日の好天が演出してくれました。

2時間ほど過ごした後、周辺の雑木林を散策しました。

やっとスミレがちらほら咲き出していて、アオイスミレやタチツボスミレ、そして

ナガバノスミレサイシン

花が大きいナガバノスミレサイシンも半日陰で咲いていました。これが咲き出すと春の到来を実感します。

雑木林では

コゲラ

コゲラが枯れたスギの幹にコンコンと熱心に穴を開けていました。巣穴掘りでしょうか。

メジロ、シジュウカラ、ガビチョウ、ウグイスなどいくつかの鳥がさえずり始め、繁殖期の到来を告げています。

今年初めてモンシロチョウの飛翔を確認。テングチョウ、キタテハも日向ぼっこです。

雑木林を抜けて梅園に足を踏み入れました。

梅林

紅梅は満開ですが、白梅はまだ3分咲き。この分だと白梅の満開時期は4月上旬ですね。

さて、そうなると、4月は一斉に開花となり、エイプリル爆発といえる状況になりそうです。

本当のことをいうと、色々な花が少しずつ咲いてくれた方が風情があって良いのですが、今年はそうはならないようです。

のんびりと雑木林の縁を抜け、大戸バス停へ下りました。

クレソンの若葉とユリワサビ、ニリンソウの花がまぶしかったです。

奥高尾で春の花が咲き始めた

草花の開花状況が気になって、ツアーの下見で大垂水~一丁平~日影のルートで歩きました。

白梅の開花遅れはあきれるほどですが、他の植物はそれほど遅れないだろうと思いつつ、確認してきました。

大垂水~一丁平間は、アオイスミレとタチツボスミレがやっとつぼみで、ヨゴレネコノメがもうすぐ開花という状況でした。下の写真はヨゴレネコノメです。

ヨゴレネコノメ

葉っぱが汚れているような色をしているので付いた名前です。もうじき咲きそうですね。
確かにスミレなどの草も開花が少し遅いようですが、梅ほどではありません。
日が照ると暖かいので、冬を乗り切ったチョウが出てきました。

テングチョウ

テングチョウばかりですが、あちこちで見ました。個体数が多いようです。

一丁平から日影沢に下りてみました。

川沿いで見たこの花は

ニリンソウ

歌で有名なニリンソウですね。今年初めて見ました!

ユリワサビ

ユリワサビも同じ所で咲いています。何だか嬉しくなりました。

日影園地を過ぎバス道路近くでは、春の妖精が開花していました。

キクザキイチゲ

キクザキイチゲです。ちょっと雲が出てきたので、花がしぼみつつあります。残念。

そして、何日か前に撮ったこの植物は、

ハナネコノメ

ハナネコノメです。こちらも開花し赤い葯が見えていますね。

そして民家の庭で覗いた

カタクリ

カタクリは、つぼみが上がってきてもうじき咲きそうでした。

次から次へと花が咲きそうです。今年は冬が長かったので本当に嬉しいです。やっと春が来る!

フォーゲルのツアーは24日に実施されます。

一緒に早春の花たちに会いに行きませんか? 
ツアーのご案内はこちらです。

http://vogel2011.web.fc2.com/tourpage/plan/2012/okutakao0324a.pdf

早春の花を探しに多摩森林科学園へ

JR高尾駅から徒歩10分のところに多摩森林科学園があります。

ここはたくさんの桜が植栽されていて、4月になると連日たくさんの花見客が訪れるそうです。

一足先に、咲き始めの桜やその他の花を探しに行きました。

まず、桜です。もっともたくさん花を付けていたのがこれです。

カンザクラ

カンザクラ(寒桜)です。花はちょっと小振りですが、ピンク色の美しい花が目立ちます。図鑑によるとカンヒザクラとヤマザクラの交雑からできたと考えられている桜です。

次はご存知

カワヅザクラ

カワヅザクラ(河津桜)です。こちらは花が大きくてピンク色が濃いですね。カンヒザクラやオオシマザクラの自然交雑と言われています。でも、まだ数輪咲いているだけでした。10日後くらいが満開でしょうか? 

そして最後はとても小さな花の

シキザクラ

シキザクラ(四季桜)です。実は、最初に通ったときは見逃してしまって、職員の方に聞いて探して撮影しました。本当に花が小さいです。マメザクラとエドヒガンが関与していると言われています。

他にもカンヒザクラなどを期待して行ったのですが、まだつぼみでした。梅と同様、開花が遅れているようです。

そして最初にご紹介したカンザクラには

吸蜜するメジロ

メジロが2羽で吸蜜に来ていました。あたり一面桜が植えてありますが、ほとんど花がないので開花した個体に集まっているようです。

桜以外の花は・・・

まずはこれ。

アズマイチゲ

アズマイチゲです。見事にたくさん咲いていました。本当にこの花はいつ見ても光り輝いています。

次に友人から教えられた、ちょっと珍しい

オウレン

オウレンという花です。雌雄が別で、この写真では右が雌花、左が雄花です。雌花の子房が赤くて大きく、とても目立ちます。

そして最後は樹木の花です。

モクレイシ

数日前にアップしましたが、モクレイシという植物です。ニシキギ科なのでマユミなどと花が似ていますね。

この他、少し花が見られた程度でした。

あと1~2週間位すると一斉に咲きそうです。今年の春は一気に来そうですね。

日向薬師から広沢寺温泉へ

冬型の気圧配置となって、太平洋側は素晴らしい天気。冬に戻ったような冷たい空気が流れています。

伊勢原からバスに乗って日向薬師へ向かいます。今日はここから広沢寺温泉までゆっくりと歩きました。

日向薬師は日本三大薬師とのこと。入口に大きな門があって仁王様がどっしりと構えています。

日向薬師山門

ここから続く参道の両側にはスギやスダジイなどの大木が見られます。

日向薬師参道

ずいぶん立派な社寺林ですね。ここも神奈川県の天然記念物に指定されています。

石段を登り切った上にある

ケヤキ巨木

ケヤキの巨木です。タブノキも太いものがありました。

日向薬師の上にある梅林は案の定、ほとんど咲いていません。ふと振り返ると、後に真っ白な大山がそびえています。

大山山頂

何回か雪が降ったので、かなり積もっているように見えます。青空に映えて綺麗ですね。

梅林を通り過ぎて七沢方面へ向かいました。舗装された林道が続いていて、その両側にヤマハンノキなどの樹木が見られます。法面崩壊を防ぐために植えられたものでしょう。そして

ヤシャブシ花

毛虫のような形をしたヤシャブシの雄花がにょきにょきと空に泳いでいます。花粉を飛ばしているでしょう。

ここから峠を越えて広沢寺温泉へ出ようとしたところで、ヒラヒラ舞うものを発見しました。

テングチョウ

触覚の間の突起が天狗の鼻のようにみえるので、テングチョウと名付けられた蝶です。冬を成虫のまま無事に乗り切り、春の日差しが嬉しそうにみえました。

峠を越えて広沢寺温泉近くの林道に出ました。雪解け水を集めて沢が大きな音を立てていました。沢と言えばこの木

フサザクラ花

フサザクラです。サクラの仲間ではなく、花弁も萼もない原始的な花を持つ植物です。つぼみが大きくなって咲きそうですね。下にぶら下がっているのは去年の実です。そういえば、フサザクラは毎年3月中旬頃に咲くので、今年の開花はそれほど遅れないようです。梅が1ヶ月も遅れているのとは対照的ですね。

広沢寺温泉の周りには、業者が目新しい獣柵の設置工事を行っていました。発注は厚木市です。

獣柵

金額が515万円と看板に書いてありました。獣害は困るのでいたしかたないのでしょうが、それにしても日本列島が柵だらけになりそうです。景観上もひどいものですね。

それよりも、野生動物管理を徹底して個体数をきちんとコントロールし、柵を不要にした方がお金をかけずにすむのではないでしょうか。早く根本的な対策の実施が望まれます。

この後広沢寺温泉入口までのんびりと歩きました。

三浦半島・二子山に春を感じました

三浦半島の二子山ツアーを行いました。

東逗子駅から二子山の登り、森戸川へ下りて長柄へ抜けるコースです。

朝は曇っているので冷え込むことはなく、まずまずのハイキング日和です。沼間小学校横を抜けて山へ取り付きました。連日の雨で登山道はどろんこ。粘土質のせいかぬかるみます。

ぬかるむ登山道

足元に気を取られてなかなか歩みが進みません。
木々の芽は開きかけていますが、寒の戻りにおっかなびっくりという感じで元気が良いのはニワトコくらいです。ブロッコリーのような花芽がもう見えていました。

「ホーホキョ」。ウグイスのさえずりですが、まだヘタクソです。でも今年初めて聞いた声なのでとても嬉しかったです。

道が悪いのと休み休み登ったので、二子山へは東逗子から3時間近くかかりました。お腹がグーグーです。

山頂からはランドマークが見えましたが、スカイツリーや海ほたるは霞んでいて見えず残念。そこでのんびり昼食を取りました。

下山は森戸川方面です。

登山道は川

こちらは道が川になっています。所々で水切りされていますが、これには閉口しました。しばらくして川に下りましたが、今度は6回の渡渉が待っていました。靴が少々濡れましたが、大した水量ではないため、無事林道に出ることができました。

大山林道にはヤマネコノメソウの花が多く、ニリンソウやヒメウズの芽吹きもあちこちで見られ、林道の起点周辺でまぶしい花を発見しました。

ヤマルリソウ

今年初めてのヤマルリソウです! いやー、とても嬉しかったです。

住宅の中へ出たら、オオイヌノフグリやツクシがいっぱい出ているところで、急に歩みが止まりました。

下山してのんびり

みんなくつろいでいます。

思い思いに写真をとったり、世間話をしたり。
ツアーで初めて会った人同士でもお互いにうち解けられるって素晴らしいですね。

午後からすっきりと晴れて、清流森戸川沿いを歩くのがとても気持ちよかったです。何度か渡渉するのもスリルがあって良かったとか。私も参加された皆さんが無事楽しそうに過ごされている様子を見て、本当に楽しい思い出となりました。ありがとうございました。

植物の芽吹き(北高尾)

今日は八王子城山から北高尾へ抜け、狐塚峠から木下沢へ下り、林道を通って日影へ出ました。

八王子城山から北高尾の富士見台までの森は常緑樹主体で、杉桧の人工林とカシやモミなどが混交していました。どちらかというとちょっと暗い森で、下層植生は少ない状態でした。

北高尾の富士見台からしばらくはコナラなど落葉樹中心の森で、とても明るく低木相も豊富でした。その先も手入れが比較的良い人工林で、樹種が多く楽しい山歩きでした。

今年は冬が寒冷で、植物の活動はまだ不活発ですが、早春らしい植物の芽吹きなどを見つけることができました。

ニワトコ

芽吹きが一番早いのはニワトコです。もう随分開いていますね。

マユミ

こちらはマユミ。もうじきほころびそうです。

ハナイカダ

ハナイカダです。これも冬芽が膨らんではじけそうですね。
一方、

マタタビ

マタタビです。この植物は冬芽が半分しか顔を出していません(半陰芽)。まだまだ芽は固いですね。

そういえば、花が咲いている植物を見ました。

カンアオイ

これはカンアオイです。地面にへばりついている、5個の釣鐘型のものが花です。この植物は冬に開花するので不思議ではないのですが、それにしても変な花ですね。

1週間ほど前にまとまった雪が降り、木下沢にはわずかに雪が残っていました。雪解けで水量は多く、沢音がずいぶん賑やかでした。

木下沢

最後に、日影バス停の近くで春一番に見られる植物を確認に行きました。

小仏川沿いに咲く、

ハナネコノメ

ハナネコノメという可愛い花です。
うーん、まだつぼみですが、もう咲く寸前です。

早い年には2月上旬に咲く花です。まあ、この位がちょうど良いのかも知れませんが。

今日のコースで、スミレの開花は見られませんでした。

そろそろスミレの花が見たいな。

平塚西部丘陵と鷹取山

平塚西部丘陵は、大磯丘陵(高麗山、湘南平)より内陸側に広がっていて、その最高峰が鷹取山(213m)です。広々とした田園風景が広がっていて、北には丹沢、そして南には大磯丘陵が望めます。東海道線の駅から少し遠いのでアクセスが不便なため、静かな里山歩きを楽しむことができます。

今日は松岩寺を起点として、霧降の滝を通り鷹取山へ登って生沢集落へ下りるコースを歩きました。

まずは松岩寺裏手を通って丘を登り、谷へ下って霧降の滝に出ました。

霧降の滝

しぶきで霧が舞うようなイメージを持っていったのですが、そんな感じではなく滑滝のイメージです。もちろん、水量が多ければ霧が降るようになるのでしょうが。

ここから沢沿いに道が続いていて、清流の音を聞きながら緩く登っていきます。春にはオオルリなどの声が聞こえそうな雰囲気です。

丘陵の道1

この地点で沢から離れ、次第に尾根道となります。

丘陵の道2

落葉樹主体ですが、カシやスギなどの針葉樹も所々で混じっています。スミレなどが芽をだしているので、春にはいろいろと花が咲くのでしょう。キビタキやセンダイムシクイのさえずりも聞こえることでしょう。

関東ふれあいの道に出てしばらく行くと鷹取神社のある山頂に着きました。

タブノキ巨木

ものすごく太いスダジイやタブノキが立っています(上の写真はタブノキ)。社寺林として大切にされてきたのでしょう。今では高麗山の南斜面と同様、神奈川県の天然記念物に指定されています。

鷹取神社の参道

鷹取神社の参道は大木に囲まれています。

天然記念物の森

タブノキとスダジイの他には、イチョウ、ムクノキ、カゴノキ、ヤブツバキ、シラカシ、モミ、ヤブニッケイなどの高木・亜高木と、モクレイシなどの低木が目立ちました。モクレイシは特異な分布をしている樹木で、神奈川県がその北限であり、他には伊豆、九州、沖縄という飛び飛びに点在しています。

その花は・・・

モクレイシ花

実に地味です。ニシキギ科に属し、マユミやツリバナなどと花が似ていますね。

訪花昆虫

その花にハエが訪花していました。花期が2月~4月だそうで、寒い時期にはハエやアブが重要な花粉媒介者になっているのでしょう。

モクレイシの花を初めて見ることができました。株自体は高麗山で何回か見ていたのですが、花を初めて見ることができて嬉しかったです。

天然記念物の森はそれなりの広さがあって、見応えがありました。大切にしていきたい森です。


今年は春が遅れていることもあって花は少なかったですが、4月以降楽しく歩けるコースでしょう。

このコースのツアーを五月連休前後に行います。

ホームページに注目して下さいね。






プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR