山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

南高尾山稜

まもなく梅雨入りのニュースが伝えられています。
今年は東西に延びる帯状高気圧による連日の晴天がなく、代わりに次々と寒気がやってきて各地に雷雨や突風被害を引き起こしています。偏西風の蛇行が問題だとか。この蛇行がなかなか解消しないのが問題です。
ここ数日は晴れても夕方に悪化するパターンが続いています。

ツアーを6月1日に控え、南高尾山稜に出かけてきました。
新緑は深緑に変わり、華やかな雰囲気は過ぎ去って、季節変化がスローになった感じがします。
大垂水峠から入って大洞山、中沢山、三沢峠、草戸山を経て大地沢へ抜けるコースです。

大垂水から森へ入っていくと

マルバウツギ

華やかなマルバウツギの花があちこちで咲き誇っていました。ガクウツギは少数派です。

フタリシズカ

このフタリシズカの花もたくさん見られました。

ナルコユリ

これはナルコユリのつぼみです。ミヤマナルコユリより開花時期が少し遅いようです。

オカタツナミソウ

オカタツナミソウです。丘立浪草と書き、浮世絵のような浪が立ってくる様を連想することから名付けられました。うまく表現していますね。

ヤマオダマキ

もう終わりかけでしたが、ヤマオダマキの花も咲いていました。そして

シラキつぼみ

紅葉の美しいシラキの蕾ができていました。この植物はトウダイグサ科に属しており、とても地味な花をしています。

このコースは神奈川県相模原市と東京都八王子市の境にあり、尾根を歩いているので森が切れると眺めがよいです。ここは南側が開けていて

津久井湖西側

津久井湖の西側が見えています。段丘面のような地形に住宅が並んでいますね。

ヤブムラサキつぼみ

ムラサキシキブににて葉がビロード状の毛に覆われているヤブムラサキがムラサキシキブと混生しています。ヤブムラサキはあと2~3週間もすれば花が咲くでしょう。

草戸山から大地沢に下りる道は、かつて暗い人工林で、下草のほとんど生えない森でした。それが3年位前に間伐作業をされた結果

間伐済みの人工林

森の中が明るくなり、下草や低木、シダがたくさん生えてきました。

オカタツナミ群落

オカタツナミソウの群落も出てきました。この他、カントウミヤマカタバミ、タマアジサイ、ウリノキ、ベニシダなど、多くの植物が繁茂して来ました。良いことです! この先、森がどう変化していくのか、見るのが楽しみです。

大地沢青少年センターへ下山しました。ここには名物になっている植物があります。

ジャケツイバラ1

この黄色い植物は蔓性で、ジャケツイバラというマメ科の植物です。今が開花真っ最中!
拡大してみると

ジャケツ2

どうですか、実に壮観でしょう。

胴体が茨のようなヘビが2頭繋がっている様を、この蔓植物の形態として表したようです。
それにしても実に壮大な花でしょう。


このコースのツアーは6月1日(金)、つまり明後日行われます。

もう時間がないですが、ご興味あれば下をご覧下さい。
よろしくお願いいたします。

http://vogel2011.web.fc2.com/tourpage/plan/2012/minamitakao0601.pdf




スポンサーサイト

鳩ノ巣から日の出山ツアー(5/20)

日の出山は御岳山の東側にある山ですが、今回のツアーでは御岳山の西側から登り、御岳登山道を横切って行くコースを選びました。このコースはなかなか良いコースでした。

鳩ノ巣~御岳間はハイカーが少なく、とても静かな山歩きが出来ました。大楢峠(おならとうげではありませんよ)までは杉桧の人工林が続きますが、間伐が行き届いていて林床の低木や草本が豊富です。中でも

ガクウツギ

アジサイにちょっと似ているガクウツギは花が見頃でした。葉が濃い緑色をしていて光沢があるので、コンテリギ(紺照木)などとも呼ばれています。

ラショウモンカズラ

大楢峠を過ぎると人工林と落葉広葉樹林が混じる道になります。
林床にはラショウモンカズラが見られました。シソ科の中では最も大きい部類の花です。

クワガタソウ

クワガタソウもたくさん咲いていました。花の後にできる実の形からその名前が付いています。

新緑の道

5月も後半ですが緑はまだまぶしく、さわやかな風が吹いてとても気持ちよい森林浴です。オオルリ、キビタキ、センダイムシクイ、クロツグミの素晴らしいBGMが聞こえます。何て良い季節なんでしょう!

フタバアオイ

ふと気が付くと、フタバアオイの花が咲いていました。徳川家の御紋の基となった植物です。奇妙な花ですね。

キノコ幼菌

枯れ木にはキノコの可愛らしい幼菌が出ていました。何というきのこでしょう?

御岳の手前でランチタイムです。この上ないぜいたくです。
ふたたび歩き始めました。

ツルキンバイ

ミツバツチグリに似ていますが、花が大きく葉の鋸歯が粗いです。ツルキンバイのようです。

御岳が近づくと賑やかな声が聞こえてきました。さすが高尾に次ぐハイカー銀座の御岳です。
御岳から日の出山に至る道は「関東ふれあいの道」として整備されている良い道です。程なくすると日の出山に着きました。

この山からはとても良い展望が得られます。これより東側にはほとんど山らしい山がないからです。この山でよく日の金環日食を見るという人に出会いました。なるほど!

空気が澄んでいれば遠くまで眺められるのでしょうが、この日はやや霞んでいてそれほど遠望はできません。しかしそれでも

狭山丘陵

狭山丘陵は目と鼻の先で、狭山湖と西武ドームが近いです。

丹沢方面

南方には丹沢が眺められます。左側の三角の山が大山、そして右側に主脈の山々が続き、最高峰は蛭ヶ岳です。

ここから一気につるつる温泉へ下りました。

ヤマツツジ

ヤマツツジの点在する道を通り、

ヒメレンゲ

ヒメレンゲの咲く麓をあるいて、温泉にたどり着きました。

11kmとやや長いコースでしたが、とても変化がありたくさんの花も見られて満足でした。
御岳から温泉まではかなり人に出会いましたが、鳩ノ巣~御岳間はとても静かで素晴らしいコースでした。
また、このコースでツアーを行いたいと思いました。


金環日食

まだ見たことのない皆既食と金環食。そのうちの1つが見られると言うことで期待していました。
今回の日食フィーバーは大変なもので、日食グラスは飛ぶように売れ、ニュースでも再三放送されていましたね。

この日の朝は残念ながらどんより曇っていて、金環直前には小雨まで降り出す始末。半ばあきらめていました。が、

金環

金環日食が始まった頃、雲の隙間から太陽が現れました!
コンパクトデジカメにはフィルターを付けていましたが、あきらめていたため三脚を出しておらず、手ぶれしてしまっています。

雲に隠れたり雲から出たりしながら、何度か顔を出してくれ、日食グラスでも極細の指輪を実感。良かった。

金環が終わってから遅まきながら三脚を出して、何とか数枚撮影しました。

部分1

部分2

本当にラッキーでした。良い写真や動画はこれからTVで見られるでしょう。

みなさんもご覧になりましたか?

多摩丘陵の虫(5/13,14)

新緑が終わってまぶしい緑の季節となりました。
多摩丘陵では虫の活動が目に見えてきました。

エゴノキにはびっしりとつぼみがぶら下がっていて、あと1週間から10日もすれば一斉に咲き出すでしょう。
そのエゴノキの葉をくるりと巻いてぶら下げているのは

エゴツルクビオトシブミ

エゴツルクビオトシブミという、オトシブミ科の昆虫のなせる技です。葉っぱをくるくる巻いてその中に卵を1個産み、孵化した幼虫がその葉っぱを食べて育つのです。さながらオトシブミのゆりかごで、揺らんと呼んでいます。今年はコナラなどの葉っぱを巻くオトシブミの揺籃がなかなか見つからず心配していましたが、ちょっと安心しました。

さてお次はこれ。

ルリタテハ幼虫

何だかトゲトゲの虫ですが、これはルリタテハという美しいチョウの幼虫です。まだとても小さく孵化したばかりでしょうか。葉っぱはサルトリイバラです。この時期は葉っぱが柔らかいので、幼虫が食べやすいのでしょう。

最後は昆虫ではなくクモです。

ガザミグモ雄

このタイプのクモは網を張らず、花で待ち伏せして訪花する昆虫を狙います。4対の脚の前2対が長く、獲物を捕まえやすい構造をしています。これはカニグモの仲間でガザミグモの雄です。

植物の葉っぱが一斉に成長して虫たちが大発生し、それを野鳥が採って巣に運ぶという明快な行動が随所で見られるのもこの時期です。

みなさんも観察しませんか?

鉄砲木の頭とその周辺(5/5)

山中湖の東に草原状の山、鉄砲木の頭があります。

ここは山焼きをするので、この時期はとても良い眺めとなります。久しぶりに友人とその付近を歩きました。

鉄砲木の頭からの眺め

鉄砲木の頭からは富士山と山中湖はもちろん、南アルプスまでよく眺められます。
草が生える前のこの時期は素晴らしいの一語に尽きます。

この辺りはシカの食害がひどく、植生が変わっていくのが良くわかります。

増えたバイケイソウ

この写真の林床にはバイケイソウという植物が生えています。これが以前より随分増えました。これは、この植物が有毒なのでシカが食べないためです。一方で好物の笹はあちこちで葉っぱが見られない状態となっていて、早晩枯れてしまうでしょう。

箱根の山

この付近は箱根に近いので、箱根の山がよく見えます。左肩が急峻なのが金時山、もっとも高いのが神山です。

ここから山中湖とは反対側へ下りていきました。

シロカネソウ

キンポウゲ科のシロカネソウです。白いのは萼片で、黄色いのが雄しべのような花弁です。キンポウゲ科の花って変ですね。

シマヘビ

暖かくなってシマヘビが出てきました。この後捕まえられてもて遊ばれてしまいました。とんだ災難だったでしょう。ごめんなさいね。

骨が落ちていました。

頭骨

シカ?の頭骨のようです。

別に角も落ちていました。この時期はシカの雄の角が落ちる時期ですが、通りかかった3個体をみると、まだ立派な角を生やした個体もいました。

下界では終わってしまった新緑が、この辺りでは盛りでとても素晴らしかったのですが、花粉がまだ飛んでいるらしく、目がかゆくなってしまいました。

大型連休も終わりですが、4月になって一気にやってきた春をあちこちで楽しみました。


平塚西部丘陵のまぶしい緑(5/4.5/6)

ツアー下見を5月4日に、本番を5月6日に実施しました。
以下、下見の写真をご紹介し、本番は文章で補足します。

このコースは3月3日にコース下見をしており、その時の様子は以下にアップしてありますので合わせてご覧下さい。
http://vogel2011.blog.fc2.com/blog-date-20120303.html

松岩寺の手前には農家が育てている

ハンショウヅル

ハンショウヅルが今にも咲きそうでした。
松岩寺では冬芽の大きい

タブノキ

タブノキが開花していて

タブノキとコマルハナバチ

コマルハナバチの女王が訪花していました。
タブノキのような花蜜が近くにある花には、マルハナバチはあまり来ないのですが、余程お腹が空いているのかブンブン飛び回っていました。

畑の広がる農道の脇にはサルトリイバラがあって

ルリタテハ幼虫

トゲトゲのルリタテハ幼虫が葉っぱを食べていました。本番でも幼虫2個体と、成虫を見ることができました。

滝へ向かう少し薄暗い道沿いにはオドリコソウが咲いていました。オドリコソウには

オドリコソウとコマルハナバチ

やはりコマルハナバチの女王が訪花していました。この花の構造はコマルハナバチが最も得意としているもので、教科書通りです。

いよいよ沢にやって来ました。

霧降の滝

霧降の滝です。3月より水量が多いのがおわかりになるでしょう。もっと水量が多いと霧状になるのでこの滝の名前があるそうです。参加者のお一人は前回訪問されたときには枯れていたとのこと。集水域が狭いので水量が変動しやすいのでしょう。

ここから沢沿いを歩きます。名付けて霧降渓流とか。

沢沿いの湿った道で飛び交うたくさんの虫を発見。

ハンミョウ

ハンミョウです。この虫はとても美しい色彩をしていますが

ハンミョウ2

どうですか、この大顎は。自分より大きな昆虫も狩る肉食昆虫です。
なぜかここには多くの個体がいました。繁殖期なのでしょうか?

しばらく行くと

コバノタツナミ群落

コバノタツナミの群落がありました。この植物はタツナミソウ(立浪草)の変種で、花が立つ浪の様な構造をしていることから命名されています。群落が大きくて見事でした。この花に訪問する虫を探していると

コバノタツナミとハナアブ

何とハナアブの仲間がいました。蜜は花の奥の方にあるので口が届かないだろうし、どうするのかしらと思ってみていると、花粉を舐めているようでした。なるほど。

この位暖かくなると昆虫の孵化も進みます。

ヤブキリ

これはどうやらヤブキリの幼虫のようです。小さくて見にくいですが、よく見るとたくさんいます。

鷹取神社から下りる道でもいろいろと花が咲いていました。

オオジシバリ

オオジシバリの群落です。

マルバウツギ

これはマルバウツギ。卯の花ことウツギより早く咲きます。卯の花は卯月(6月)に開花しますね。
ウツギ(空木)と同様、茎が中空なのでこの名前があります。

コース終盤の眺めが良いところで、海沿いの大磯丘陵の一角に谷戸田のような場所を発見しました。
別の機会に訪れてみたいところです。

動植物と滝をご紹介しましたが、ハイキングコース沿いの緑はとてもまぶしく、キビタキのさえずりが素晴らしかったこと、そして写真にないたくさんの花を見ることができたことを付け加えます。

ツアーにご参加いただいた方とともに、春を満喫いたしました。

本番では帰りのバスに乗っている最中にざっとにわか雨が降りました。
ツアー中に降られず、とてもラッキーでした。

このコースを別の季節にも利用してみたいと思いながら帰途につきました。







春たけなわの百蔵山

5月11日のツアー下見のため中央線沿いにある百蔵山を訪れました。

百蔵山は標高1003m。今が新緑真っ盛りです。コースは南側の登山口を起点にして反時計回りに一周するコースです。

平日ということもありほとんど人を見かけません。オオルリ、キビタキ、センダイムシクイなどのさえずりだけが森に響き渡っています。

ニガイチゴ

キイチゴの1つ、ニガイチゴが咲き始めました。美味しいキイチゴがたくさんなると良いですね。動物が喜ぶでしょう。

ミツバアケビ

これはミツバアケビの花です。小さくてたくさんあるのが雄花、大きくて1つなのが雌花です。受精したら雌花の所に秋大きな実が成るでしょう。

ツルカノコソウ

写真ではちょっとわかりにくいですが、白と薄いピンクのつぼみと花が寄り集まっています。この模様が鹿の子に見えるということでツルカノコソウと命名されています。最初のツルは蔓のことで、花の後伸びるランナーが由来となっています。

ダンコウバイ

秋に素晴らしい黄葉となり、早春に黄色い玉のような花を楽しませてくれたダンコウバイの花と可愛らしい葉っぱです。何と春らしいのでしょう!

ワダソウ

こちらはワダソウ。和田さんという人ではなく、和田峠という地名から命名されたとのことです。
雄しべの紫色の葯が目立ちます。

アカネスミレ

この日もいろいろなスミレを発見しましたが、これはアカネスミレです。あかね色をしているからとか。

コナラ新緑

見て下さい、この新緑の素晴らしさ。コナラの芽吹いた葉が産毛のように柔らかい毛で覆われているので白っぽく見えるのです。この合間からキビタキが複雑な節回しで鳴いていたので、双眼鏡を向けたらその姿を発見できました。何て美しいのでしょう! この日は望遠レンズを持っていなかったので写真はありません。悪しからず。

急坂を登り切るとツツジ類が目立ってきました。

ミツバツツジ

ミツバツツジがまだ咲いていました。株数は少なめでしたが、これから咲くヤマツツジは相当数の株がありました。本番ではヤマツツジの方が楽しめそうです。

お天気が怪しくなってきたので、山頂でしばらく休んだ後すぐに下山です。

マメザクラ

このあたり自生しているマメザクラが濃いピンク色の花をいっぱいに咲かせていました。
本番には終わりそうですが、見事な眺めです。

アケボノスミレ

このスミレは開花時、葉っぱが完全に開ききっていません。ピンクの色合いが美しいアケボノスミレです。

ヒトリシズカ

名前はヒトリシズカですが、大勢賑やかに咲いていました。そして

イカリソウ

船の錨のような奇妙な形の花ですね。
でもよく見ると魅力的な花です。イカリソウですね。怒りそう、ではありませんよ。

ほんの一部しか写真をアップしていませんが、とにかくたくさんの花が見られました。

駅へ向かう道で

オドリコソウ

オドリコソウがたくさん集まって踊っていました。

桂川

駅の近くを流れる桂川(相模川)です。新緑がきれいですね。
川岸に黒っぽい岩がご覧になれると思います。これは古富士が噴火したときに流れ出た溶岩です。
大変な噴火だったことがわかりますね。

春たけなわの百蔵山は、ファンタスティックでした。

5月11日のツアーのご案内です。
よろしくお願いいたします。

http://vogel2011.web.fc2.com/tourpage/plan/2012/momokura0511.pdf


大岳山ツアー(4/30)

五月連休の最中、奥多摩の名峰・大岳山ツアーを実施しました。

五日市からバスで大岳鍾乳洞入口下車。鍾乳洞の前を通って登山口へ向かいました。
新緑真っ盛りの素晴らしい時期。野鳥のさえずりが素晴らしいBGMです。

オウギカズラ

これはオウギカズラというシソ科の花です。人知れず咲いていました。

林道の終点を過ぎ、大滝に来ました。

大滝

岩を伝って流れる水と、跳ね上がって滝壺に落ちる水があって、なかなか素晴らしいです。この後、横から眺めましたが、とても迫力がありました。

滝上に回り込んで沢を登っていきます。あちこちでスミレが咲いています。

ナガバノスミレサイシン

ナガバノスミレサイシンです。長い名前ですね。

エイザンスミレ

これはエイザンスミレ。白っぽい花とピンクの濃い花もあります。

この他、タチツボスミレ、マルバスミレ、ニリンソウ、ヤマルリソウ、ヒトリシズカ、マルバスミレ、コチャルメルソウ、ハシリドコロ、ミツバコンロンソウ、チドリノキなどなど、本当にたくさんの花が咲いていて、最高の季節です。

ハウチワカエデ

これはハウチワカエデの花。カエデと一括りにしがちですが、本当に様々な花がありますね。イタヤカエデも咲いていましたが、こちらは木全体が花で黄緑色になるほど美しい花です。

昼過ぎに大岳山の山頂に着きました。

大岳山山頂

山頂の近くに来るまでは、ほとんど人に会わない静かなコースでしたが、ここは銀座通りです。連休とあって子ども連れがとても多く、山頂はごった返していました。

しばらく休んだ後、御岳側に下りました。

芥場峠を経てロックガーデンへ向かいました。途中でカタクリの群落を見られましたし、たくさんのスミレとヨゴレネコノメ、ヤマザクラの花に堪能しました。

フモトスミレ

見落としそうなとても小さなスミレ、フモトスミレです。本当にスミレがいっぱいで、1年分も見たようです。

夕方、賑わう人に押されるようにケーブル駅に到着です。

全行程12kmの花ツアーが終了しました。

参加された方は、多くの花に満足そうでした。

ありがとうございました。


プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR