山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

秦野の里山・弘法山ツアー(2013.11.23)

ここ1週間晴天が続いています。この日も晴れ。

小田急線鶴巻温泉駅から秦野駅に連なる低い山並みをのんびり歩きました。

雑木林の道

カマツカなどは紅葉の見頃でしたが、全般的には紅葉には少し早い感じです。

足元にはまだ、コウヤボウキ、シロヨメナ、リュウノウギクなどの花が残っていて、ヤブコウジの真っ赤な実やジャノヒゲの瑠璃色の実がちらほらと見受けられました。

風が無く、歩くのにちょうど良い気温で、絶好のハイキング日和です。

吾妻山から弘法山へ向かう途中で、かつての街道である矢倉沢往還の峠(善波峠)にあった茶屋に、行き交う人の安全のため灯りが点されていた跡があり

御夜燈

こんな碑が残っています。

途中のミカン畑では、ちょうど収穫期のミカンが直売されていて、美味しいミカンにありつけました。

土曜日とあって人出が多く、子供連れもたくさん見受けられました。

弘法山

弘法山で昼食とし、さらに進みます。

権現山の登り

隣の権現山には山頂の下に駐車場があるので、にぎやかです。

道の両側に植栽されたカエデが美しく紅葉しています。

富士山

権現山の山頂の展望台からは富士山や丹沢・箱根の山々が一望です。ここはいつ来ても気持ちの良い眺めです。

浅間山

権現山の隣の浅間山にも林が続き、林床にはなぜか

ツリガネニンジン

ツリガネニンジンの大きな株が開花していました。

下山

無事下山して後ろを振り返ると、色づき始めた雑木林の丘がご覧の通り。

秦野駅につき、のんびり楽しめたツアーを終了いたしました。

ご参加された皆様、ご苦労様でした。

フォーゲルの今後のツアーは以下の通りです。

12月1日(日) 小仏城山~景信山
12月8日(日) 西丹沢・大野山
12月13日(金) 東丹沢・三ノ塔 満席・キャンセル待ちです!
12月23日(月祝) 高尾山(午後スタート)


よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

紅葉の奥多摩・金袋山ツアー2回目(2013.11.8)

次第に秋が深まってきました。紅葉はどんどん山を駆け下りて標高1000m付近が見頃となってきたようです。

10月31日に引き続いて2回目の金袋山ツアーに出かけました。

稲村岩

日原集落の先で道路工事が行われていて、バスを停車させられたので、その間に稲村岩を激写しました。ちょうど良い角度から写す事ができました。ここから鷹ノ巣山まで長い尾根が延びています。

日原鍾乳洞の駐車場にバスを止め、一石山神社で安全を祈願して登山開始です。

登山開始

昨日の雨で滑りやすくなっていました。一歩一歩確実に歩みを進めます。

いきなり紅葉

登り始めるといきなり紅葉が目に飛び込んできます。

急斜面を登りながら

31日より紅葉が進み、この辺りももう見頃となっています。

一石山

急坂が終わって尾根の緩い登りとなった頃一石山に到着です。ここまで来ると一安心。

尾根を行く

休憩後、さらに尾根を登っていきます。紅葉は最高潮に達しているようで美しい・きれいの連発です。

ミズナラ大木

広い尾根をゆっくりと登っていくとミズナラの大木が現れてきました。そして例の

ミズナラ巨樹

推定樹齢800年といわれるミズナラ巨樹の所へやって来ました。太い枝が折れてしまったことはご報告してきている通りです。幹の穴をふさぐ等何とかしてもらいたいです。

ここから金袋山までは40分の道のり。楽しい楽しい山歩きです。

メグスリノキ

サーモンピンクがひときわ美しいメグスリノキの紅葉です。とてもカエデらしくない葉っぱをしています。

金袋山

お昼過ぎに金袋山に着きました。快晴で風もない最高のコンディションなので、お弁当も格別です。

タワ尾根と県境の尾根

今登ってきた尾根はタワ尾根といいますが、さらにずっと続いています。この写真の左は尾根の続きですが、どうやらカラマツ林のようで黄色く色づいています。右の方は酉谷山(とりたにやま)のある県境の尾根です。

ご飯のあとで例によって

落ち葉並べ

きれいな落ち葉を並べてみました。

上段左の2枚のピンクの葉がメグスリノキ(本当は3枚あるのですが落ちてしまいました)、その右の黄色い葉がカジカエデ、その右がハウチワカエデ、一番右がサクラの1種です。
2段目の左5枚は全てコハウチワカエデ、その右の1枚がオオモミジ、その右は?です。
3段目の左の茶色い葉がブナ、その右の赤い葉がウリハダカエデ、その右3枚がイタヤカエデです。

この落ち葉は何だろう

みなさん関心をもって集まっていただき、配布した資料と突き合わせです。熱心なお客様です。
(この写真は添乗員のエミリーさんに撮っていただきました。ありがとうございました)

ここから来た道を戻り、一石山から急な道を下り始めました。

急降下

朝滑った道はだいぶ乾いていて比較的歩きやすくなっていましたが、やはり下りは怖いです。慎重に慎重に一歩一歩下ります。

石灰岩の落石が多いので落石止めのフェンスが二重に設置されていますが、

落石止め

二段とも落石がいっぱい溜まっています。これがないと全部落ちてくる恐ろしい場所なのですね。

一石山神社

全員無事に一石山神社に下山しました。事故無く下りてきたことにお礼をいい、鍾乳洞の横に待つバスに到着しました。

燕岩

私たちが最初に登った一石山は、この大きな燕岩の上にあります。いつものことながら一歩一歩でもこのくらいの高さを1時間あまりで登ってしまうわけですから、積み重ねは凄いことだと思います。

お天気に恵まれ紅葉に恵まれた金袋山ツアーが無事終了しました。

ご参加された皆様、本当にご苦労さまでした。そしてありがとうございました。

このツアーにご参加いただいた小杉様から素敵なスケッチをいただきました。

小杉さんのスケッチ

ご本人の承諾を得てお名前と作品を掲載させていただきました。

どうもありがとうございました。


日光・鳴虫山ツアー(2013.11.7)

昨年に引き続き日光・鳴虫山の紅葉ツアーを担当しています。

今年は2回中止になり、今回1回のみです。

昨年の下見に行った日とほぼ同じ時期です(その日の記録はこちらをご覧ください)。

この日はあいにく小雨。

登山口

登山口付近の紅葉はきれいなのですが山はよく見えません。

神ノ主山

まずは一登りで神ノ主山です。ここでは日光の街並みが望めました。

小雨の中の登山

根がたくさん出ているので大変滑る道を一歩一歩登っていきます。

サラサドウダン紅葉

サラサドウダンの紅葉、タカノツメの黄葉がとても美しいです。

鳴虫山山頂

昼過ぎに鳴虫山山頂に着きました。雨がほとんど上がりましたがガスが出て視界があまり広くありません。今日のお弁当は玄米の稲荷寿司。とてもおいしかったです。

ここからアップダウンを繰り返していきます。

カエデ紅葉

カエデの紅葉もまずまずです。

紅葉の中で

紅葉の中を歩くのはよい気分です。ガスが晴れてくれたらもっと良いのですが・・・。

いつものように拾い集めた落ち葉を並べてみました。

落ち葉並べ

上の段の5枚の葉はコシアブラ、3枚の葉はタカノツメ
2段目の左側はウリハダカエデ、真ん中の小さい葉はサラサドウダン、右側はコハウチワカエデ
下段の左の大きい葉はマンサク、1つ飛んで黄色い小さい葉はウリカエデ、1つ飛んで赤いのはコミネカエデ、1番右の黄色い葉はオオモミジです。本当にカラフルですね。

コアジサイ黄葉

たくさんあるコアジサイの黄葉は森の中で光を放っていました。

大変滑りやすい急な下り道を難なくこなし、

含満ヶ淵

大谷(だいや)川の激流が見られる含満ヶ淵まで無事下山しました。

大変水量が多くて紅葉も見頃。なかなかの見応えでした。

両側の岩はかつて男体山が噴火したときに流れた溶岩です。当時は怖かったことでしょう。

化け地蔵

何度数えても数が合わないという、化け地蔵の前を通ってバスの待つ駐車場に到着いたしました。

参加された皆様、雨の中ご苦労様でした。そしてありがとうございました。







今後のツアーのご案内(2013.11.5)

11月に入って紅葉が高い山から徐々に下ってきました。

これからは低山でも紅葉を楽しむことができますね。

紅葉とともに空気が澄んで見通しが良くなってきます。富士山周辺の山も良いですね。

Fuji.jpg

この写真は鉄砲木の頭から見た富士山と山中湖です。ガスがかかっていますが、間近の富士山が幻想的です。この山からは雪をいただいた南アルプスもしっかり見えます。

southalps.jpg

こんな感じです。みなさん、これからもどんどん山へ行きましょう。


今後の荘司担当ツアー(催行中止を除く)をご紹介します。

11月 7日(木)日光・鳴虫山
11月 8日(金)奥多摩・金袋山

以上が催行決定しています。他には以下のツアーがあります。

12月 1日(日)、4日(水)梅ヶ瀬渓谷・大福山 ←千葉県の紅葉の名所です!
12月 8日(日)、12日(木)榛名・水沢山 ←眺望の優れた山です。うどん昼食付き!
12月 7日(土)、10日(火)、14日(土)高指山・鉄砲木の頭←山中湖と富士山の眺めが最高!
12月 2日(月)、17日(火)、21日(土)パノラマ台←本栖湖・精進湖の他、子抱き富士がすごい!

鳴虫山を除き、全て温泉付きです。冷えた身体をゆっくりと温めて帰りましょう。


よろしくお願いいたします!!

白峰三山を間近に・高谷山ツアー(2013.11.3)

せっかく秋晴れが続くと思ったのに、3連休はぱっとしない天気です。

その中日に夜叉神峠から高谷山のツアーに出かけました。

中日とは行っても高速道路は混雑しています。30分くらい余計にかかって夜叉神峠登山口に着きました。

登山口

来る途中も紅葉がきれいでしたが、ここでもカラフルです。日が差していないのでややくすんだ感じですが、見た目にはもっときれいでした。

カラマツ林

カラマツ林を登っていきます。カラマツも今が黄葉のピーク。とても華やかです。

夜叉神峠にて

1時間15分ほどで夜叉神峠に着きました。白峰三山がはっきりと見えています。ここでランチタイム。

白峰三山

右から北岳、間ノ岳、農鳥岳。間ノ岳と農鳥岳にはうっすらと雪がかぶっています。

昼食後は高谷山へ。

分岐

カラマツとカエデと白峰三山。とても絵になる風景です。

富士山

登る途中で富士山が頭を見せていました。手前の櫛形山がちょっと邪魔ですが。

カエデ紅葉

よくクッションが利いた緩やかな山道を登っていきます。カラマツに紅葉したカエデが彩りを添えていますね。

北岳

木々の間から北岳の威容を望むことができました。富士山は日本1位、北岳は日本2位、間ノ岳は日本4位の高峰です。歩きやすい山でこれだけの高峰が見られるのは大変嬉しいです。

高谷山

高谷山に着きました。

それほど展望は利かず、やや狭い山頂ですが、周囲の林が美しくて良い山です。

この後来た道を戻りました。途中で集めた落ち葉を並べて

カラフルな落ち葉

記念写真です。

度重なる台風で、登山口までの道が閉鎖されたり、紅葉する葉が痛んだりしたようですが、それでも素晴らしい紅葉と南アルプス高峰の眺めを十分楽しむことができました。

参加された皆様、ご苦労様でした。そしてありがとうございました。


山旅会・金袋山ツアー(2013.10.31)

度重なる台風の到来やぱっとしない天気が続き、10月は不完全燃焼でした。

月末の金袋山ツアーは何とか天気に恵まれたいと願っていました。その願いが叶ってこの日は良い天気。

奥多摩の日原鍾乳洞の先にある金袋山ツアーは、最初に予定していた登山口が通行止めで行けないことが下見の時に分かり、急遽一石山神社からのコースに変更しました。

一石山神社

まずは一石山神社で登山の無事を祈願し登山スタートです。
背景にあるのは大きな一枚岩の「燕岩」。ものすごーく巨大な壁です。東日本大震災以降、落石があって危険ということで、その下の道路が通行止めになり、今回のコース変更となりました。

急坂の上り

一石山までは急坂の連続です。ジグザグに登っていきます。

1時間あまりで急坂は終わり、緩やかな広い尾根に出ました。

一石山

一石山の山頂で休憩です。緊張の連続が終わり、みなさんほっとしているところです。

それにしてもここの紅葉は見事で、疲れが吹っ飛びました。上を見上げると

紅葉

青空にこの紅葉。息を飲むような素晴らしさです。

ここからはるんるん気分で登っていきます。

ミズナラ巨樹

樹齢800年ともいわれるミズナラの巨樹の所に来ました。太い枝が折れて残念ですが、太い幹は健在です。でも枝の根元に大きな穴が開いているので、養生しないと弱りそうです。

ここからも広い尾根を登っていきます。

金袋山へ

時々足を止めて見上げると、秋山の素晴らしさを感じます。

登り始めから2時間半あまりで

金袋山

金袋山の山頂に到着です。だだっ広くてどこが山頂だかわからないような所ですね。

昼食後来た道を引き返しました。一石山まではのんびりと下りてきましたが、そこから下は集中して

急坂の下り

急坂の下りを何とか乗り切り、無事一石山神社に下山しました。

コース下半分の悪路に苦戦したので、余計にコース上半分の紅葉の美しさを実感いたしました。

参加された皆様、本当にご苦労さまでした。



プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR