山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

静岡県の山・千葉山(2014.2.10)

静岡県中部。大井川の近くに島田市があります。

かつて大井川は交通の難所。「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と詠われました。大水の時は川留めされ、島田は宿場町として栄えました。

その島田市の北部に千葉山があります。標高こそ500mに満たないのですが実に特徴のある山です。

17日の山旅会ツアーの下見のため、本日出かけてきました。

登山口

尾川の登山口は開けた場所にあります。ここからスタートです。

石仏

丁仏参道にはあちこちに石仏があります。

石仏2

それぞれ表情が違っていて見ていて飽きません。

東京近郊と植生もずいぶん異なり、常緑の林が続きます。林床には

ハナミョウガ

ハナミョウガが赤い実と付けていましたし、

コシダ

関東では見かけないコシダ(写真)やウラジロがはびこっていました。

智満寺

登山口から1時間半ほどで智満寺に到着です。

千葉山はこのお寺の所有物になっているとのこと。おじゃましますね。

本堂

長い階段を上るとそごく風情のある本堂が見えてきました。実に風格があり、国の重要文化財になっています。

ここからやや急な山道を登ると程なくして

山頂

千葉山山頂に着きました。一昨日の雪が少し残っていました。

この山頂付近にはものすごーく巨大な杉が7本立っていました。そのうち最も太いのが

大杉

この大杉です。幹周り9.5mあるとのこと。5人で手をつないでも一周できない太さです。

他の木も幹周り8mくらいあり、これらは全て国の天然記念物に指定されている素晴らしい財産です。

すがすがしい気持ちになったところで下山です。車道に出てから歩きやすい道を延々下ると

大井川

大井川が見えてきました。雨が少ない時期なので、広い川幅にもかかわらず水はかなり少なめでした。

このまま大井川沿いに下山して下見を終了いたしました。

ツアーは2月17日(月)に予定されていましたが、東名高速道路の通行止めのため中止となり、3月24日(月)に改めて計画されました。詳しくは こちら をご覧ください。

残席わずかですが、ご興味ある方はぜひご検討ください!



スポンサーサイト

まるごとMt.Takaoツアー第三弾(2014.2.3)

今日は節分、明日は立春。もう寒が明けようとしています。

気温はとても高く、最高気温の予報が何と18℃! 春本番の気候です。

そんな中、まるごとMt.Takaoシリーズ第三弾のため、高尾山を歩いてきました。

コースは高尾山口駅→高尾病院→霞台→2号路→3号路→高尾山→いろはの森コース→日影です。

高尾病院の裏手の急な山道を登り始めました。

高尾病院コース

日が当たるととても暖かく、汗をたっぷりかきます。

琵琶滝コース合流点

琵琶滝から登って来る道と合流しました。この辺りはカシの木が多いためやや暗い森です。

キジョランの種やカシのドングリなどを拾って観察をしました。

霞台まで上がって休憩したあと、2号路から3号路を進みます。

2号路から3号路へ

それほどアップダウンがないのと、日当たりが悪いのでこんな日はちょうど良く、どんどん進みます。

モミカヤ林

この辺りはモミやカヤの巨木が多く、樹木ウォッチングに適します。

咲き出したタチツボスミレを数株発見しました。

この後高尾山まで行ってランチタイムを取りました。

食事後はいろはの森コースを下山します。美人ブナと呼ばれる美しいブナを眺めたり、クスサンという蛾のまゆを観察したりして

日影沢へ

日影沢へ下りてきました。日影園地からバス停へ向かう途中で、びっくりするようなことが起こりました。

アナグマ

路上にアナグマがいて逃げないのです! 怪我でもしているのでしょうか?

近づくと威嚇をしてきました。何が何だかわからないままやり過ごし、日影沢入口のカツラ林で寄り道をして

小仏沢沿い

小仏川沿いの植物を観察してツアーを終了しました。

このシリーズは毎回お天気に恵まれ、この日も春のような麗らかな日でした。

ご参加された皆様、ありがとうございました。

沼津アルプスツアー2回目(2014.2.1)

2日前(1月30日)に引き続いて沼津アルプスを歩いてきました。

お天気は良くずいぶん暖かい日です。風はほとんどありません。

2日前とほとんど同じ時刻に多比の集落を出発しました。

登山口の水仙

登山口のスイセンはまだまだ健在です。良い香りを漂わせ、魅了してくれます。

この日はお天気がよいこともあって

大平山

大平山山頂を踏みました。この山はあまり展望が良くありませんが、沼津アルプスの最も奥にある山です。またここから奥沼津アルプスとなる基点でもあります。

狭い尾根

最高峰鷲頭山へ向かう道は痩せている部分がある尾根です。

鷲頭山

お昼過ぎに鷲頭山山頂に到着。昼食後、歩き始める前に忘れ物のチェック!

ここから10分ほど下ると鷲頭山の子分である

小鷲頭山

小鷲頭山に着きました。こちらの方が眺めが良いです。富士山や眼下の沼津の待ち、愛鷹連峰など。

展望台

途中で後ろを振り返ると、鷲頭山・小鷲頭山がばっちりです。

歩く道はところどころ

明るい道

明るいうえ、春のような良い気候ともあって、何ともさわやかな山歩きです。

そして最後の山である

徳倉山

徳倉山に到着です。ここ富士山方面の展望が良く、大事な山です。

三角点

徳倉山山頂にある三角点の前で。みなVサイン? それともかけ声??

徳倉山から急な斜面を下り、香貫台入口バス停へ出たら、ぴったりのタイミングで迎えのバスが来てくれました。

ドライバーさん、ありがとうございました。

さてこのツアーで5山を登った皆様に拍手です。ご苦労様でした。

そしてありがとうございました。

プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR