山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

払沢の滝・浅間嶺ツアー(2017.1.26)

寒中で寒さが続いています。この寒さで檜原村にある払沢の滝は凍っているでしょうか?

運が良ければ氷瀑を見て、そのあと眺めの良い浅間嶺でパノラマを楽しめれば、と思って企画したツアーに出かけてきました。

このところ冷え込みが続いているので、期待しながら滝へ向かっていくと

氷瀑

おおっ!思っていた以上にすごいです。わずかに水が流れていますが8割位凍っているでしょうか?

雪のように真っ白く積もっているのは雪ではなく、たぶん細かい霧で微小な氷の結晶が成長したものでしょう。

滝壺は凍っていてその上に白い結晶が堆積しています。

とても迫力のある姿を楽しんだ後は

道標時坂峠

浅間嶺に向かいます。この道は旧甲州街道で時坂(とっさか)古道とも呼ばれています。

時坂峠の神社

途中の時坂峠にある神社で安全祈願をして車道を進みます。

峠の茶屋

お代官様が休んだという峠の茶屋に到着。手打ち蕎麦を食べられるところですが、この日は平日なので残念ながらお休み。

車道を離れて山道をゆっくり登っていきます。

雪が残る斜面

標高800mくらいから残雪があって、表面が固くつるつる滑ります。慎重に進んでいきます。

軽アイゼンを持ってきたので、せっかくだからということで装着し、

アイゼンを装着

るんるん気分です。

楽しい尾根歩き

尾根に出ると雪は北側にしか残っていないので、あえて雪を求めて登っていきます。

そしてお昼をだいぶ回った頃

ランチタイム

展望台に着き、ここで楽しいランチタイムです。

ここは展望が良く、

富士山

逆光でもすっきり見える富士山、

奥多摩の高峰

御前山や雲取山、鷹巣山など奥多摩の高峰、そして丹沢の峰々などぐるり360°のパノラマを楽しめました。

浅間嶺山頂

浅間嶺の道標は展望台から100mの距離の所にありましたが、本当の山頂は別の所にあり浅間神社の祠があります。そこは眺めがあまり良くないので立ち寄らず、浅間尾根を進んでいきます。

人里(へんぼり)峠から尾根を離れ、

道標人里

ぐんぐん高度を下げて

人里へ下山

人里(へんぼり)集落へ無事下山しました。

冷え込みとお天気がどちらも良くて、氷瀑とパノラマ、そして雪山歩きを楽しめたツアーでした。

ご参加された皆さま、大変ご苦労さまでした。そしてご参加いただきありがとうございました。

スポンサーサイト

宇都宮アルプスツアー2回目(2017.1.23)

1回目から3日後に再び宇都宮アルプスに出かけてきました。

この日は晴ですが北風が冷たく吹き抜けて寒いです。

大谷石

スタート地点の子どものもり公園の入口には大きな石を使ったネームプレートがあります。この石は今回のコースの至るところに出てくる石とたぶん同じであり、きっとこれが大谷石なのでしょう。

榛名山を望む

公園の中を進むと森のレストランという素敵な建物があり、その横を抜けると最初の山・榛名山が見えてきました。

最初は森の中のジグザグの道を登り、後半は岩場の急登を上り詰めて

榛名山頂

最初のピーク、榛名山に到着です。北風がビュービュー吹いていて、ゆっくりと休憩していられず、そそくさと次のピーク、男山へ向かいます。

次のピーク、男山にも山頂付近に大谷石と思われる大石が累々と積み重なっていて、

男山を下る

慎重に下っていきます。

そして3つ目のピーク、本山に向かって

本山への登り

急な斜面を一歩一歩登っていきます。

本山は宇都宮アルプスの最高峰で、眺めがよいので、本山の山頂でランチとする予定でしたが、風が強くてとても休憩できるような状況ではなかったので、少し降りたところで食べることにしました。

ランチ後、一旦林道に下って、今度は飯盛山に向かって登ります。

飯盛山への登り

岩が剥がれて浮き石が多い急斜面を登っていきます。

飯盛山山頂

4つ目のピーク、飯盛山に到着。ああやっと半分だ。

ここからは転げ落ちるような急斜面が待っています。

ロープのある急斜面

ロープにしがみつきながら、やっとの思いで斜面を下りきりほっと一息。

あとは惰性?で進みます。

残雪

3日前の雪がわずかに残る山道ですがアイゼンは不要でした。よかった。

風も徐々に当たらなくなってきて、歩きやすくなってきました。

6つめのピーク、黒戸山の手前からは、次第に雲が切れてきた

女峰山と男体山

女峰山(右)と男体山が、その真っ白な姿を見せていて、黒戸山山頂からは

登った山を振り返る

今登ってきた山々が遠くに見えていました。

7つ目のピークも踏み、登山開始から約6時間で全員無事中徳次郎登山口に下山してツアーを終了しました。

空っ風がとても冷たい日でしたが、風以外のお天気はまずまず。展望もそこそこ良くて、冬の低山をじっくり楽しむことができたツアーでした。

ご参加された皆さま、大変お疲れ様でした。そしてご参加いただきありがとうございました。



宇都宮アルプスツアー1回目(2017.1.20)

大寒の日の1月20日、宇都宮市の北部にある篠井・富屋連峰(通称宇都宮アルプス)ツアーに行ってきました。

この日は午後から雪が降り気温が低いという予報が出ていましたが、降らないで欲しいと願っていました。

子どものもり公園

スタートは宇都宮市の子どものもり公園。ロウバイが良い香りを漂わせています。

写っている山は宇都宮アルプスの最初の一座、榛名山です。

子ども達が元気よく遊んでいる中を通過して山道に入ります。

榛名山への登り

よく手入れされた人工林の間を登っていきます。この日は低温ながら風が無く、コンディションとしては悪くはありません。

榛名山にて

1時間もしないうちに最初のピーク、榛名山に着きました。曇り空で日光の男体山などは見えませんが、眼下の眺めはなかなかです。

そして2つ目のピークは男山。これらのピークの途中には必ずと言っていいほど

男山を下りる

岩があって急坂で歩きにくいです。

3つ目のピーク、本山はこの山域最高峰で、

本山でランチ

もっとも眺めがよいのでここでランチとしました。私たちの他に誰も登山者はいないので、貸切状態です。

本山からはしばし下ります。

岩場の下り

こんな岩場があり、一歩一歩伸張に進んでいきます。

4つ目のピークは

飯盛山

飯盛山です。山頂はとても広いのですが、

超急降下

下りはものすごく急でロープにつかまりながら落ち葉がたまってつるつる滑る斜面を下っていきます。

この急坂を下りきると、延々登山道が続いていて、山と山の間隔が広がります。

高舘山

5つ目のピークは高舘山です。

そして6つ目はピークらしくない6つ目の黒戸山にて、振り返ると

黒戸山から振り返る

左から榛名山、男山、本山の3つが仲良く並んでいました。あんなに遠くからよく歩いてきたもんんだ。などと思いながらさらに進みます。

そして最後7つ目のピークは

兜山

わざわざ寄り道しているような場所にあり、むりやりコースに加えたような感じのする兜山です。

ついに7座すべて全員で登頂し、中徳次郎登山口へ下山しました。

下山した頃からボタン雪が降り始め、胸をなで下ろしました。

前半激しい起伏、後半ダラダラ長いコースの登山を無地終了しました。

ご参加された皆さま、大変ご苦労さまでした。そしてご参加していただきありがとうございました。

高柄山ツアー(2017.1.15)

この冬最強の寒波が来襲しているこの週末は、日本海側の各地で大雪となっているばかりか、名古屋や広島などでも雪となっています。気温もかなり低いと予想されている日でしたが、寒さにめげずにご参加される方もたくさんいらっしゃったので、中央線沿線の高柄(たかつか)山ツアーに行ってきました。

四方津(しおつ)駅から歩き始め、

桂川

相模川の上流、桂川を吊り橋で渡ります。カワガラスやオシドリなどが見られました。

ここから千足川をさかのぼっていきます。

滝が連続

たくさんの滝が連続してなかなか素晴らしいのですが、宣伝されていないのでほとんど知られていません。

霜柱

冷え込んだので立派な霜柱ができています。何日も解けずに成長している様子がわかります。

つらら

植物の葉っぱからこんなツララも。寒いことで見るものが結構ありますね。

千足の集落を越えて斜面を登っていきます。あまり展望がない中で、やっと木々の合間から

登山途中から見た扇山

桂川の対面に当たるところに扇山が、そしてその奥に雪化粧した小金沢連嶺の山並みが眺められました。標高800m以上では積雪があるようです。

都心方面もちらっと見え、新宿のビル群とスカイツリーもくっきりと。

そしてお昼頃、標高733mの山梨百名山・高柄山に到着しました。ここでお昼ご飯です。

山頂から丹沢方面を望む

南側の丹沢は真っ白。それなりに雪が積もっているようです。北側は

山頂から奥多摩方面を望む

生藤山から続く笹尾根とその奥の奥多摩・大岳山や御前山が、ところどころ雪化粧しているのが見えました。

昼頃から曇ってきてやや風が出てきたので、寒い中ご飯を済ませ下山開始です。

この山の北側斜面には雪が積もっていましたが、登山道にはなくて良かったです。

滝子山から三つ峠

途中で西側の展望が開けたところからは滝子山の左側に三ッ峠まで見ることができました。

上野原駅へのコースはアップダウンが多く

下りトラバース

切り立った崖を見ながらのトラバースもところどころにあり、変化に富んでいました。

市街地に出て桂川を横切る橋の上から振り返ると

鶴島御前山と高柄山

大きくそびえる鶴島御前山とその左に小さく高柄山が見え、ずいぶん歩いてきたことを実感しました。

ゴールの上野原駅に着いた頃には薄暗くなっていました。

高柄山は標高こそそれほど高くありませんが、行程が長くて歩き応えもあり、冬場の登山には良い山でした。

とても寒い中ご参加された皆さま、大変ご苦労さまでした。そしてご参加いただきありがとうございました。

要害山ツアー(2017.1.11)

8日に予定されていた陣馬山ツアーが雨天(降雪)中止となったので、この日がフォーゲルの今年最初のツアーです。

お天気は快晴。風も弱くて登山日和です。

この日に登るのは上野原市の郊外にある標高500~600mの里山で、いくつものピークをプチ縦走します。

登山開始

尾続(おづく)バス停からスタート。

比較的手入れが良い杉林を登っていきます。

この山域は杉檜の人工林とコナラ主体の雑木林、そして潜在植生のアラカシなど常緑広葉樹林が混じった植生です。

人里に近いので、昔から人に利用されてきた痕跡が色濃く残っています。

尾続山を過ぎ、次のピークの手前に展望の良いところが。

上野原市街

南方は上野原市街とその向こうの石老山、そして遠くの丹沢・大山が俯瞰され、東側には陣馬山から続く笹尾根、そして何と言っても

実成山手前からの富士

この山が光り輝いています。これは写真を撮らないわけにはいきません。

風が強いのか、風下側(左側)に地吹雪が上がっているのが見えますね。

やがてこのコース最高峰(609m)の

実成山

実成山に到着です。落葉樹の葉が落ちて、木の間から展望が透けて見えます。

ところでこの切り倒された木は何でしょう?

切り倒されたモミ

これは樹齢たぶん100年くらいのモミの木です。年輪をみるとかなり粗いことから、成長が速いことがわかります。

モミは日当たりが悪いうちは成長が遅いですが、周囲の木が倒れたり伐られたりして日当たりが良くなると一気に成長します。そして100年くらいでもう寿命が来てしまい枯れてしまいます。この木は寿命が来るなどして立ち枯れてしまったので、危険なため切り倒されたのでしょう。

更に進むと中間点の

コヤシロ山

コヤシロ山に着きました。ここでお弁当を食べない手はありません。だって

コヤシロ山から見た富士

この景色は最高のごちそうだからです。

コヤシロ山から先は尾根が細くなり、ネジキやアセビが増えてきました。赤くて美しいネジキの冬芽などを観察しながら進みます。

残雪

8日の雪が日当たりの悪い場所にわずかに残っていました。

そして最後のピークの

要害山

要害山に到着です。ここは戦国時代末期に山城があったところで、広々とした山頂でした。

下山

ここから雑木林をジグザグに降りて鏡渡橋を渡り、ゴールの市街地バス停へ向かいます。

途中で振り返ると

おっぱい山

丸みを帯びた要害山と、歩いてきた山々を眺めることができました。

2017年最初のツアーは大変お天気に恵まれて楽しい山歩きとなりました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。

宇都宮アルプス(2017.1.5)

みなさま、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年最初は宇都宮アルプス(篠井富屋連峰)です。クラブツーリズムツアーの下見で行ってきました。

いわゆるご当地アルプスの1つで、12kmの距離の中にピークが7座あって起伏に富んだ山域です。

登山スタート

スタートは子どもの森公園です。良いお天気ですが北風が冷たくて寒いです。

人工林を抜けると、

雑木林と人工林が入り交じる

雑木林と人工林が入り交じった登山道を進みます。

木の合間からは

日光方面

日光方面の町並みがよく眺められました。

最初のピークは

榛名山

榛名山。ところどころ岩が露出していて、やや急な斜面もあります。その次のピークは

男山

男山です。男があるなら女は? と思いましたが女はありません。木の合間から

高原山

高原山が綺麗に見えています。高原山は鶏頂山や釈迦ヶ岳など1800m近い山々の相称です。

そして3つ目が宇都宮アルプス最高峰の

本山

本山です。最高峰だけあってここからの眺めが最も良く、日光方面や古賀志山、遠く筑波山なども眺めることができました。

榛名山と男山

振り返れば、先ほど登った榛名山(左)と男山がラクだの背のように並んでいました。

本山からぐんぐん下りた後は再び登りとなり、最後に急な登りを登り切ると飯盛山

茶碗に飯を盛ってひっくり返したような形をしている飯盛山に到着です。

このピークの前後は最も急坂で、特に下りが

急斜面

ロープをつかまないと降りられないようなところでした。

しかし下りきると、今までの起伏に富んだコースが一転。なだらかなダラダラ道が果てしなく続いています。


5つめのピークの

高舘山

高舘山、6つ目の

黒戸山

黒戸山、7つめの

兜山

兜山を越えて、中徳治郎登山口へ下山しました。後ろを振り返ると

最後に振り返る

相変わらず青い空に兜山(左)と鬼山(右。7座に含まれない)とその中間の黒戸山が見えていました。

宇都宮アルプスは前半が起伏に富んだ岩っぽいコース、そして後半はやたらに長く緩い起伏のコースと対照的な組み合わせでできていて変化に富んでいました。

このコースは1月20日と23日にツアーが予定されています。みなさまのご参加をお待ちしています。


ツアーの詳細





プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR