山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

山旅会・尾瀬ヶ原・至仏山ツアー(2015.7.16~17)

台風11号が西日本に接近し、東日本でも大雨が予想される日に出発。不安を抱えながらのスタートです。

来る途中、豪雨の場所もありましたが、鳩待峠に着いたとき雨は小降りになり、空が明るくなっていました。

山の鼻への道

山の鼻への濡れてつるつるすべる木道を慎重に下っていきます。

橋を渡る

大雨で増水した川上川に架かる橋を渡れば尾瀬ヶ原はもうすぐです。

山の鼻でランチとした後、尾瀬ヶ原を歩きます。この頃はもう雨がすっかり止みました。

燧ヶ岳は雲の中

燧ヶ岳の上の方は雲の中ですが、視界が開けて良い気分です。

尾瀬ヶ原の木道歩き
広い広い木道を進みます。

カキツバタがいっぱい

濃紺のカキツバタがいっぱい。こんなにカキツバタを見たのは初めてです。

ヒツジグサ

池塘の中にはヒツジグサのカワイイ花もありました。

牛首の三叉路でUターンし、山の鼻へ戻ります。

コバイケイソウも

小屋の近くにはちょうど見頃のコバイケイソウの花もたくさんありました。

鳩待峠から山の鼻にかけても素晴らしい森と花、そして広大な尾瀬ヶ原の景観と花をじっくり楽しんだ1日目でした。


夜の間にかなりの雨が降りましたが、幸い朝には上がっています。2日目いよいよ至仏山に登ります。

朝の至仏山

至仏山の上の方にはガスがかかっています。これが晴れることを期待しながらのスタートです。

川のような登山道

夜の雨で登山道は川のようになっていて登りにくい状態です。

至仏山への登り

登るにつれてガスは晴れ、上の方からでも尾瀬ヶ原全体が見渡せました。燧ヶ岳、会津駒ヶ岳、平ヶ岳などがはっきり望めます。

ユキワリソウ

サクラソウの仲間のユキワリソウが咲き残っていましたし、タカネナデシコ、イブキジャコウソウ、タカネシオガマなど本当にたくさんの花が咲いていました。

至仏山頂

台風の影響で風が強くて少々苦労しましたが、ついに至仏山頂に到着です。鳩待峠から登った別のクラツーのパーティにも会い、彼らはちょうど下山するところでした。

下山は鳩待峠へ。

蛇紋岩からなる至仏山特有の花として

ホソバヒナウスユキソウ

ホソバヒナウスユキソウや

オゼソウ

オゼソウなどを鑑賞しつつ、つるつる滑る蛇紋岩や

木道の下り

木道、木の階段を慎重に慎重に下り、全員無事鳩待峠に下山しました。


悪天が予想された中、何とか全員無事登頂できて本当に良かったです。

ご参加された皆様、本当にご苦労さまでした。そしてこんな天候にも関わらずご参加いただいたことに感謝いたします。


スポンサーサイト
コメント:
ありがとうございました。
たくさんの花を見ることが出来、たのしかったですi-179
天気はいまいちでしたが、山の鼻から登ったので、尾瀬ヶ原と燧岳がきれい観られ良かったです。
ツルツルの至仏山には苦労したので、尾瀬ヶ原のお花だけを次回は楽しみたいですi-266
2015/07/28(火) 15:41 | URL | 橋本尚子 #-[ 編集]
ご参加いただきありがとうございました
ひどい天気にならなくて良かったですが、蛇紋岩は滑って歩きにくかったですね。またよろしくお願いいたします。
2015/07/29(水) 11:32 | URL | フォーゲル #Fi6IMEIM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR