山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

大持山・小持山ツアー(2016.11.26)

秩父の名峰・武甲山の南に連なる山並みが大持山・小持山で、まだ残る紅葉を求めてツアーを企画しました。

しかし季節外れの雪が降り、参加者が少人数になってしまいました。

武甲山の登山口、一の鳥居から登山開始です。

妻坂峠への登り

妻坂峠に向かって登っていきます。

24日に降った雪はまだ残っていますが、降ってから気温が上がっていないので、踏みつけられていない場所はフワフワの雪です。

メグスリノキ紅葉

メグスリノキの紅葉を期待していきましたが、積雪により落ちてしまっていました。残念。

妻坂峠を過ぎると斜面は急になり、踏み固められた雪はガリガリして滑るので、途中で軽アイゼンを装着しました。

霧が出てきた

天気予報は晴時々曇だったのに、なぜか霧が出てきて冷たい風も吹き出し、いよいよ雪山の様相を呈してきました。

大持山

2時間半ほどで大持山に到着しました。週末のせいか、すれ違う人や山頂で休息する人もいました。

山頂は幸いにも風があまり当たらなかったので、ここでお弁当を食べて小持山へ出発。

岩場

尾根がだんだん狭くなってきて岩が出てきました。アップダウンをくり返しながら進みます。

軽アイゼンは雪道では安心ですが、岩の上では注意しないと危険です。慎重に進みます。

小持山

40分ほどで小持山に到着。ここでも一休みです。

展望を期待してきたのですが、残念ながら霧で見えません。シュン。

小持山からはシラジクボという名の鞍部に向けて急な道を下っていきます。

メギ実

刺だらけのメギが赤い実をたくさん付けていました。今年は多くの植物で実が不作なので、貴重な木の実です。

コアジサイの葉

コアジサイの紅葉が雪に濡れて透き通っていてとても綺麗でした。

シラジクボより下山

シラジクボから一の鳥居に向かって下山です。杉檜の林の下には雪がありません。葉に積もって落ちてくる前に解けちゃうからでしょう。

下りるに従い天気が少し回復し、

大持山?

大持山と思われる山が見えてきました。もっと早く見えて欲しかった!

6時間半ほどで無事一の鳥居に下山してツアーを終了しました。

横瀬駅に向かうタクシーの運転手に聞いたところ、山の下では1日良いお天気だったとのこと。山にだけ霧がかかっていたのですね。プンプン。

お天気は今一でしたが、久々に雪の山を歩くことができて、良い体験となりました。

ご参加されたみなさま、大変ご苦労さまでした。積雪の中でもご参加いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
No title
体調さえ崩していなければ、今年初の雪山・アイゼン歩行に出かけたかったです。
残念無念…
申し訳ありませんでした。
またよろしくお願いいたします。
2016/11/28(月) 12:02 | URL | 松井 #-[ 編集]
No title
残念でしたね。
また体調を整えてご参加ください。
2016/11/28(月) 23:36 | URL | フォーゲル #Fi6IMEIM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR