山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

薬師岳・早池峰山ツアー(2017.7.7-8)1日目

ヨーロッパに生育するエーデルワースはとても美しい花ですが、日本にはありません。

でもエーデルワイスの仲間、すなわちウスユキソウの仲間はあるサイトによると6種1変種3品種知られており、その中で最もエーデルワイスに似ているものが、早池峰山の固有種であるハヤチネウスユキソウです。

この花が見頃を迎える頃を狙って2日間のツアーに出かけました。

1日目は早池峰山のとなりにある薬師岳へ登ります。早池峰山がカンラン岩(蛇紋岩と類似)から出来ていて、特殊な植物が多い環境なのに対して、薬師岳は花崗岩で出来ていて、対照的な山です。

登山口と下山する場所は2日間とも小田越です。

登山開始

コメツガやシラビソからなる針葉樹林の中を登山開始します。

林床にはコケが多く、タニギキョウ、マイヅルソウ、ツルツゲなどの花の他、

ギンリョウソウ

ギンリョウソウがあちこちでニョキニョキ顔を出しています。そしてこの山を代表する花は

オサバグサ

オサバグサです。やや見頃を過ぎていましたが、おびただしい数の花や実が見られました。そして花崗岩の巨岩の下を覗くと

ヒカリゴケ

何カ所かでヒカリゴケがうっすらと輝いていました。

神秘的な光を楽しんだ後は、

早池峰山をバックに

樹高が急に低くなり、バックの早池峰山がよく眺められるようになってきました。

日当たりが良くなったので

イソツツジ

イソツツジの花が山を飾り、

岩ゴロゴロで眺めの良い道を暫く進むと、

山頂にて

薬師岳に到着しました。バンザーイ!

下山は来た道を引き返します。

山頂付近はハイマツに覆われていて、

ハイマツの中を泳ぐ

泳いでいるようです。それより背が高くなったオオシラビソなどの木は

旗形樹形

冬の季節風をまともに受けて、風下側にしか枝を伸ばしていません。出る杭は打たれるのですね。

少し出ていた雲も次第に晴れていて、

早池峰山を眺めながら下山

翌日に登る、カンラン岩のゴツゴツした斜面を眺めながら、無事小田越まで下山しました。

明日もお天気が良くなりそうですが、猛暑が予想されています。

木がない斜面はもろ直射日光が当たるので万全の体調のもと登らなくては、などと思いながら小田越をあとにしました。





スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR