FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

パノラマ台ツアー(2017.12.6)

12月になりお天気の良い日が多くなってきました。

初冬は富士山を見られる山に行きたい、ということで富士五湖のパノラマ台ツアーに行ってきました。

この周辺にはパノラマ台という名の場所が2箇所あります。1つは山中湖周辺にあり、もう1つは精進湖と本栖湖の間にあります。

今回は後者の方へ行ってきました。

河口湖駅から

オムニバス

このかわいらしいバスに乗って精進湖の畔にある子抱き富士ビューポイントというバス停に着きました。

お天気は雲一つ無い快晴で、ここからは

子抱き富士

湖越しに富士山がドーンと見えます。

富士山の手前に見える小さな山(大室山)を子どもにたとえて、富士山が子どもを抱いているように見えることから子抱き富士と呼ばれています。

そしてこれから登るパノラマ台も

パノラマ台を望む

しっかり見えていて、飛行機雲がここだよ、と言っているようでした。

ここから少し歩くと

登山開始

パノラマ台入口という看板があり、登っていきます。

葉が落ちた雑木林には日光がサンサンと降り注いでとても暖かいです。

この日は寒気が入っていてとても寒いという予報なのですが、薄着のまま登っていきます。

林床には

エビフライ

エビフライが落ちていました。本物ではなく、リスが松ぼっくりをかじった跡です。この辺にはアカマツ林が広がっています。

そしてまた

アズキナシ実

赤い実がまとまって落ちていました。これはアズキナシというミヤマザクラに似た花を付ける樹木の実です。

口に入れてみたらまずくて、ペッ!とはき出してしまいました。

ジグザグが切ってあってとても登りやすい道を進みぐんぐん高度を稼いでいきます。

眼下には複雑な形をした真っ青な精進湖が広がり、その向こうには

王岳と鬼ヶ岳

御坂山地の王岳(左)と鬼ヶ岳が続いているのが見えます。

そしてしばらくすると急に視界が開け、パノラマ台に到着しました。素晴らしい眺めです!!

まず、

パノラマ台からみた富士山

正面には巨大な富士山。

精進湖と御坂の山々

東の方には精進湖と御坂の山々、そして遠方の大菩薩嶺や三ッ峠山、御正体山。

本栖湖と竜ヶ岳と雨ヶ岳

西の方には本栖湖と竜ヶ岳(左)、雨ヶ岳。

そして北の方には瑞垣山と茅ヶ岳(ピンボケ写真でお見せできません(>_<) )

パノラマ台という名前に相応しいパノラマを堪能することが出来ました。

ランチタイム

富士山を眺めながらランチタイムです。風がほとんど吹かず、お日様の光をポカポカ浴びながら至福の時間を過ごしました。

パノラマ台からは烏帽子岳を経て本栖湖へ向かいます。

白峰三山

北西の方には北岳を主峰とする白峰三山が真っ白く輝いています。

この付近は

ヤドリギと本栖湖

ヤドリギが多く、葉を落とした樹木にはオレンジ色や黄色い実を付けたヤドリギが目に付きました。

本栖湖の湖岸線

美しい本栖湖の湖岸線をみながら

楽しい山歩き

ぐんぐん高度を下げて、無事本栖湖の近くにあるバス停に到着しました。

再び青いラインがあるオムニバスに乗って河口湖駅に戻り帰途につきました。


快晴無風の絶好のコンディションに恵まれ、大展望を楽しめたパノラマ台ツアーでした。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。


スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR