FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

宮ヶ瀬湖畔観察会(2017.12.9)

季節が進み、色とりどりに染まっていた木々の葉がかなり落ちました。

こうなると野鳥が見やすくなり、バードウォッチャーにとって待ち望んでいた季節です。

さらに冬になるとシベリアなどで繁殖していた野鳥たちは、雪と氷の世界で食べ物を得られなくなり、南下して日本列島にやってきます。

このような鳥を冬鳥と呼んでいて、もともといた留鳥に加わって賑やかになり、野鳥を見る楽しみが増えます。

丹沢の奥深くにある宮ヶ瀬湖はダムにより出現した巨大な人造湖ですが、できてから時間が経ち、次第に周囲の自然とマッチしてきてるように思えます。

今回はその宮ヶ瀬湖の湖畔を歩いてバードウォッチングする企画です。


今年は初冬からいきなり寒さが厳しくなり、この日も

霜が降りた

びっしり霜が降りました。

林道をどんどん進んでいきます。湖にある構造物の上に大きな鳥が!

ミサゴ

魚食性猛禽類のミサゴです。じっとここで留まっていました。

さらに進んでいくと法面に

アオジ

アオジ♂です。小鳥はやや少なめですが、何とか見つかりました。

2つ目の橋の所でカメラレンズが並んでいるので見ると

ベニマシコ

おおっ、ベニマシコ♂です!! 

たくさんのギャラリーの前で一心不乱にフサザクラの実を食べています。

太陽の光が当たっていて赤い身体がとてもきれい!!

そして別のレンズの方向を向くと、今度は

クマタカ

何とクマタカ!!!

これには興奮しました。この後汎翔したときに、翼の大きさに感嘆しました。

さすがこの辺りでは最強の猛禽類です。

橋の上でランチ

橋の上で日の光を浴びながらランチタイムです。風が強いと寒い場所ですが、この日は風もなくよい気分でした。

来た道を戻りつつ鳥さがしをして、

ゴール

宮ヶ瀬の駐車場に着いた頃にはたくさんの車が停まっていて屋台がたくさん出ていました。

この辺りはクリスマスシーズンになると大にぎわいとなる場所です。

私たちはそそくさと宮ヶ瀬をあとにして、観察会を終了しました。


見られた野鳥はやや少なめでしたが、スターが現れてくれたおかげで充実感のあるものとなりました。

お天気に恵まれ暖かかったのも幸いしました。

ご参加いただきありがとうございました。


スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR