FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

伊豆大島ツアー(2017.12.13-14)2日目

1日目の夜は雲が広がってくるとの予報でしたので、夕食前に流星群を見ることにしました。

泊まった温泉ホテルは、星空を眺めたいというお客様にとても親切な対応をしていただけるところで、屋上を開放して足元にランタンを置いて暗がりでも歩けるようにしてくれたり、屋外の照明を消したりしてくれました。こんなホテルは初めてです。

しかし極大まで間がありすぎたのと輻射点がまだ地平線の下だったので、ほとんど飛びませんでした。

やむを得ず、朝早く起きて観察することにしました。

それでも露天風呂に入浴中に流星を見るという、とてもラッキーな人もいらっしゃいました。

未明の4:30に屋上に上がってみると、雲がそれなりに出ていましたが、その隙間から素晴らしい天体ショーが見られました。

ご参加された方は半分くらいでしたが、とても冷たい風が吹く寒い屋上で、とても明るいもの、2連発など、ふたご座流星群を十分楽しむことができました。

明るくなって三原山を見てビックリ。

冠雪した三原山

白い雲がかかっていると思ったら何と積雪でした。まさか白い三原山を見られるとは思っていなかったのでとても嬉しいです。

やはり夕食後にお天気が悪化して雪が降ったのですね。ホテルの前にもわずかに雪が残っていました。


さて2日目は島内のジオサイト巡りです。まずは島の南西側の地層切断面に向かいます。

バウムクーヘン

バウムクーヘンと呼ばれる地層がむき出しになっている所に着きました。それにしても見事な層構造です。

これは地層が褶曲してできたのではなく、始めから凹凸があった地形に、何回も何回も火山噴出物が降り積もって層構造ができたのです。バウムクーヘンを作るときに何度も何度も液を塗ってから火に掛けるのを、火山が行ったのですね。

2日目は1日目よりさらにお天気が良くて

利島と新島、神津島

三角形の利島、台形の新島、中間にあって階段状の神津島、など不思議な幾何学模様をした島々がはっきりと見られます。

どうしてこんな形になったのか実に不思議です。

左の方には三宅島と御蔵島も遠望することができました。見られなかったのは八丈島だけです。

ここから海塩を作っている製造工場まで見学に行きました。

塩工場

昔ながらのやり方で海水をくみ上げ、面的に日光に当てて濃縮した後、

やぐら

やぐらに水を持ち上げて何段もの段数に渡って海水を落とし、日光と風でさらに濃縮させている現場です。

この後は少し離れたところにある別の工場で

結晶化した塩

天日干しをして結晶化させていきます。このハウスの中で撹拌作業を行って成分を均一化するのですが、夏には60℃にもなる過酷な作業だそうです。

こんな風にしてミネラルたっぷりの天然の塩が生産されているのです。

なめさせてもらったらとても美味しい塩でした。

手間暇かけて作られた塩は、工業的に作られた塩化ナトリウム99%以上の塩とは全く別物なのです。


工場からさらに下っていくと

黒い砂浜

砂浜に出ました。ここは真っ黒い砂浜です! 

波が削った地形
砂浜の陸側には流れ下ってきた溶岩の末端があり、それが波に浸食された美しい層構造がとても印象的な火山らしい景観でした。

再びバスに乗り、今度は鎮守の森を訪れます。

巨木の森

砂地の不安定なところに根付いたスダジイ、タブノキ、オオシマザクラなどの見事な巨木の森を進んでいくと

薬師堂

薬師堂に到着しました。

ここには観音様が祀られています。最近の噴火の影響を受けなかったのか、またはそういう場所に作られたのか、本当に素晴らしい森の中にあり、空を見上げてみると

ジグソーパズル

樹冠がジグソーパズルのように隙間無く埋め尽くされていました。

昼食後の食休みに元町の中を少し探検。

椿油工場

ここは椿の実から油を絞っている工場です。あいにくこの日は稼働していませんでしたが、100年も動いている年期ある機械を見学し、工場の主から貴重な話を聞くことが出来ました。

次は最後の訪問地、笠松の海浜植物群落を訪れました。

海浜植物の観察

ここも溶岩が流れ下り崖を形成していますが、その間や上から植物が生えて空間を埋めていました。

イソギクやタイトゴメ、マルバアキグミなどの他、

オオシマハイネズ群落

オオシマハイネズという針葉樹が絨毯のように這い回っている不思議な場所でした。

再び岡田港に出て

大島を離れる

大島を離れるときがやって来ました。

2日間、お天気に恵まれたことは幸運でしたが、西谷さんのおかげで、現地の人もあまりご存知ないような普通の観光では行かない場所に連れて行っていただいたり、度重なる噴火を上手に乗り切ってきた島民の知恵を教えていただいたり、火山という厳しい環境を生き抜く植物の姿を詳しく見せていただきました。これによりこのツアーがより楽しく充実したものになりました。

西谷さん、2日間ありがとうございました。

そして皆さま、ご参加いただきありがとうございました。


PS. 西谷さんもご自身のお店のブログにアップされています。こちらも是非ご覧下さい。







スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR