FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

高尾山ツアー(2017.12.21)

早いものでもう今年も余すところ10日余りとなりました。

今年最後のツアーは高尾山です。この時期は氷の華とダイヤモンド富士が狙い目です。

遅い集合をして日影バス停から歩き始めます。

日影沢の入口にある民家の庭には

日影沢入口民家にて

氷の華ができていました。きっとシモバシラの根元でしょう。

沢を渡り小仏城山の東尾根に入ります。

東尾根の登り

この12月はほとんど雨が降っていませんが、この日も晴れ。すっかり葉っぱを落とした木々の間にはたっぷりとお日様の光が届きます。

この尾根はやや急な斜面ですが、あまり人が歩いていなくて静かな山歩きができます。

ミヤマシキミ花芽

ミヤマシキミの花芽や

カシワバハグマ

カシワバハグマの実、そして

センボンヤリ

センボンヤリの実などを見ながら登っていきます。

急坂を上り終えると展望が開けてきて

高尾山を眺める

高尾山の山頂や

城山の山頂

小仏城山の山頂が見えてきました。

小仏城山の北側巻道には今日のお目当ての

氷の華1

複雑な形をした氷の華が少し小さいながらも見られ、

氷の華を撮る

しっかりと写真に納めました。

12月は雨がほとんど降らないので、地中の水分が少ないため大きな氷の華ができないのでしょう。

地面にたっぷり水を撒きたいくらいです(笑)。

小仏城山山頂から一丁平を経て高尾山に行く間の北側巻道にはほとんど氷の華が見られませんでした。

日当たりの良いところには

サルトリイバラ

サルトリイバラなども実が残っていました。

茶屋で遅い昼食を取った後、高尾山の山頂に向かいます。

ダイヤモンド富士見学

ダイヤモンド富士を見学する人が三々五々集まってきました。みるといろんな服装の人がいます。

中には半袖の年配の方もいらっしゃいました。この後風邪を引かなかったでしょうか?

しばらく富士山は雲に覆われていて見られないと思っていましたが、16時頃になって徐々に富士山の回りの雲が下がってきて、

ダイヤモンド富士

おおっ、何とか太陽が富士山の山頂に沈むところが見られました。

周囲に雲があって富士山のシルエットが見えないのが残念ですが、

最後の一瞬

最後の一瞬まで見ることができて良かったです。

今まで何回もこの企画をしてきましたが、外れることが多く文句ない氷の華やダイヤモンド富士を見られたことがありません。

今年最後のツアーで、何とか目的のものを見ることができてホッとしました。

ご参加された皆さま、寒い中ご苦労様でした。

これにてフォーゲルの2017年のツアーを全て終了しました。

ご参加いただいた皆さまには心より感謝申し上げます。

来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR