FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

海沢三滝めぐりツアー(2018.1.31)

奥多摩三山の1つ大岳山の北側に深く入り込んだ沢があります。

海沢(うなざわ)谷といい、沢には3つの滝があって海沢三滝と呼ばれています。

最も寒いこの時期に氷瀑を期待してツアーに出かけました。

青梅線白丸駅をスタート。駅からすぐの場所にかつての青梅街道が通っていて数馬の切通と呼ばれる場所があります。

そのすぐ下

数馬の切通下

を通過しました。崩れやすい岩が連続していて、その昔はツルハシなどで道を切り開いたのだそうです。

しばらく自動車の通る道を歩いた後

多摩川

多摩川を渡ります。

10日ほど前の雪はまだ残っていますが、雨が降らないので水量は少ないです。

アメリカキャンプ村という大きなレジャー施設を過ぎると林道には

つるつるの道

圧雪が残ってつるつる滑るので、足元に注意しながら進みます。

トンネル出口で休憩

海沢隧道というトンネルを過ぎると深山の様相を呈してきました。ワサビ田が点在する中を進みます。

最初の氷瀑

凍った滝が現れました。普段の水量が少ないので細い氷瀑です。

広幅のツララ

堰堤から流れる水の脇に、こんな幅広のツララ群も見られました。

谷が深いので1日中ほとんど太陽の光が当たらないため、凍った場所はなかなか解けません。

出発して約2時間で

海沢園地

林道終点にある海沢園地に到着です。ここにはあずまやとトイレがあって休むには最適。

ランチタイム

昼ご飯を軽く食べて三滝巡りに出発です。

階段を上る

急な階段が2箇所にあって慎重に上り下りします。

最初の滝が現れました!

三ッ釜の滝

三ッ釜の滝です。写真からは2段に見えますが、下の段が2つに分かれていて、3つの段にそれぞれ滝壺がありそのような名前となっています。外側は凍っていますが、内側に水が流れていて何とも不思議です。

2番目はネジレの滝。しかし

ネジレの滝

岩の間にあるこの滝は凍った岩の先にあり、危険で行けません。

5日前に下見をした時はこんな感じでした。

ネジレの滝

2段に分かれていて「くの字」に捻れているから付いた名前ですね。

そして最後の大滝に向かいます。ここからは急な上り下りがあるので軽アイゼンを付けました。

途中に大きな一枚岩があり、

ロープをかけて登る

ロープを掛けて登降しました。

そしてついに

大滝

大滝に着きました!! ほとんど凍っている見事な滝で、ここまで頑張った甲斐がありました。

大滝から戻る

滝壺のすぐ横まで降りて水を触ったら、滝壺もほとんど凍っていました。

この後は来た道を海沢園地まで戻り、林道・車道をひたすら歩いて奥多摩駅に無事ゴールしました。


晴れて風もなく絶好の登山日和に、寒い時期ならではの氷瀑、つらら、凍った道など非日常的な経験をすることができました。

ご参加された皆さま、寒い中大変ご苦労さまでした。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR