FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

北本自然観察公園ツアー(2018.2.19)

埼玉県中部の北本市に、自然観察公園という名前の公園があります。

かつて農事試験場があった所で、つくば市への移転に伴い埼玉県が整備した公園で、湿地や平地林などかつての里山環境を、動植物が観察しやすいように保全されています。

今回はこの公園で主にバードウォッチングを目的として行ってきました。

相変わらず寒い日が続きますが、晴天は続いていて、この日も快晴無風の観察会日和です。

朝冷え込んだせいで、公園内の池は凍っていて

氷の上のダイサギ

このダイサギは氷の上に突っ立っています。カモの仲間は見られません。

よく手入れされた里山

湿地の草は手前を刈り取ってあって、

並んで観察

園路に並んで、そこからヨシ原に止まっている

カワセミ

カワセミやベニマシコなどがばっちり見えました。

この辺りを中心に樹枝状に広がる園路を歩きながら野鳥を探します。

橋の上から湿地に生えた草の上を行ったり来たりする

ルリビタキ

ルリビタキの雄が、長い時間その美しい姿を見せてくれて感激しました。

ぐるっと回って荒川の堤防の近くで

ランチタイム

日向ぼっこしながらランチタイムです。

突然ノスリが表れて低空を飛翔したり木に止まっている姿をじっくり見ることができました。

この後は工事中で入れない自然学習センター(ビジターセンター)の周囲を回りながら観察を続けました。

午後になると池の氷は解けて

氷が解けた池

たくさんのカモが泳ぎ、アオサギとダイサギが頻繁に喧嘩する場面などを興味深く見たり、

日向ぼっこ中のカケス

日向ぼっこしてじっと動かないカケス、

バン

ヨシ原から離れずに時々出てきては餌を食べているバンなどを観察できました。

この公園は昔ながらの耕作はしなくても、自然環境を維持できるように、適度な手入れをして動植物を観察しやすいように工夫されています。

そのおかげで、多くの野鳥を良い条件で観察できただけでなく、寒い冬でも多くの人が観察に訪れているためか、野鳥が人を恐れず安心して暮らしているように思えました。

自然観察に適している素晴らしい環境で観察できてよかったです。

ご参加された皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR