FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

宇都宮アルプス縦走(2018.3.4)

3月に入りやっと暖かい日が現れるようになりました。

今回はご当地アルプスの1つ、宇都宮アルプスです。

篠井富屋連峰という名の山の連なりのことで、コース半分は岩場を伴う激しい起伏があり、残りの半分はだらだらと平坦な道が続きます。

コース中に7つのピークがあり、全て縦走すると10km以上の距離があるなかなかハードなコースです。

子どものもり公園

子どものもり公園から登山開始します。ここには宇都宮市の立派な体験施設があります。

榛名山を見上げる

7座のうちの1座目、榛名山が見えています。お天気はとても良く気温もとても高いです。薄着になって進んでいきます。

岩場の急登

人工林を抜けると岩場が現れ急な坂を登っていきます。

榛名山

1座目の榛名山に着きました。やっと1/7です(笑)。

一度下って再び登ると2座目の

男山

男山です。男という名の如く少々荒々しいピークで、

岩場を下る

岩場を下って、3座目の本山に向かいます。

そしてちょうどお昼頃に

本山

本山(もとやま)に着きました。この山が最高峰562mで、眺めが最も良いのでランチタイムとしました。

日光連山

やや霞んだ空の向こうには日光の男体山や女峰山が雪をいただいて美しく眺められました。

本山から

再び急降下

再び岩場を下って人工林内の暗い鞍部を通り過ぎ、4座目の飯盛山の登りに差し掛かりました。

きつい登りで大汗をかいて、ようやく

飯盛山

4座目の飯盛山に到着。ヤレヤレです。しかしこの下りが大変。コースで最大の傾斜を持つ斜面が待っていました。

飯盛山の下り

ビンビンにロープが張ってあり、これを頼りに下っていきます。

しかしロープの下の土が流れて露岩が現れ、歩きにくいことこの上ありません。

何とか全員転げ落ちずに下りきって更に進みます。

高舘山

5座目の高舘山、

黒戸山

6座目の黒戸山、

兜山

7座目の兜山、と無事7つを制覇し、林道を下ってゴールの中徳次郎(なかとくじら)バス停に、全員無事到着しツアーを終了しました。

最高気温が20℃と汗ばむ陽気でしたが、日光連山や高原山などの山々を眺めつつ、さわやかな風に吹かれながらアルプス縦走を楽しみました。

ご参加されたみなさま、大変ご苦労さまでした。そしてご参加いただきありがとうございました。


スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR