FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

葛城山・発端丈山ツアー(2018.3.13)

伊豆半島のくびれている部分の西側に3つの山が並んでいるところがあります。

長岡温泉のすぐ南側で、中央の主峰が葛城山、西に発端丈山、東に城山(じょうやま)があり、これらは伊豆三山と呼ばれています。

富士山の眺めがとても素晴らしい山域で、今回は西側海沿いの三津シーパラダイスから発端丈山、葛城山と登ってロープウェイで下山するコースでツアーに行ってきました。

三津シーパラダイス

シーパラダイスから少し進むと鏡のような内浦湾の先に雪を被った富士山と、同じような形をした淡島が並んでいます。

登山口

三津中央登り口から登っていきます。

さすがに伊豆は温暖な地で、

タチツボスミレ

タチツボスミレはこんなに大きな株になって咲いていました。

急登

発端丈山の西側はかなり急な登山道となっていて、ところどころにロープが掛けられています。雨の後はズルズルで登りにくいでしょう。

檜の林を抜けかなり高度を稼いだところに眺めが実にファンタスティックな場所があって

絵になる風景

やや春霞みがかかっているとはいえ、絵はがきのような景観が眺められ感動しました。

ほどなくして発端丈山の山頂に到着しました。ここは芝生の眺めがよい場所で、

発端丈山でランチ

ぜいたくにも富士山や西伊豆の山々を見ながらランチタイムとしました。

昼寝

食後の昼寝は最高! 昼寝はちょっとだけにして次の葛城山に進みます。

オニシバリ

茎が丈夫で鬼をも縛れるというオニシバリの花が咲き出していました。

ウバメガシ林

このくねくねした樹形の森はウバメガシ林です。この木は高級炭材の備長炭の材料となる木です。

岩場のような土壌が薄い、あるいはほとんどない場所に純林を作ります。

この山域にはアオキがたくさん生えていますが、この地域で急増しているニホンジカが冬の間にこのアオキを食べるために

ディアーライン

こんな有様になっていました。つまり、シカの口が届く高さまでは葉や茎が食べられてなくなり、その上にある葉っぱだけ残っている状態となっていて、その境界はディアーライン(deer line)と呼ばれています。

食べられながらも繁殖力のあるアオキなどは良いのですが、シカのせいでなくなってしまった植物もあることでしょう。

城山への縦走路から葛城山を巻く道に分岐し、最後に葛城山に登っていきます。

カンヒザクラ

植栽されているカンヒザクラが、ここ数日の暖かさで開花して青空に映えていました。

登山開始から4時間半で

葛城山山頂

ついに葛城山に到着。バンザイ!!

山頂からの眺め

山頂からは富士山や沼津アルプスの他、達磨山など西伊豆の山々、天城連山の山々、十国峠から箱根の山々など360度のパノラマを楽しめました。

しばし眺めを楽しんだ後はゴンドラで一気に長岡温泉に下りてツアーを終了しました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR