FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

裏登山道から筑波山(2018.4.2)

最も標高の低い日本百名山・筑波山。

とても有名な山で訪れる人がとても多い所ですが、ほとんどがロープウェイを使ったり、南側の表登山道を登る人で、裏側(北側)から登る人はとても少ないです。

しかしその裏側にこそ自然が残っています。

ツアーの下見を兼ねて、裏登山道から筑波山(女体山)に登ってきました。

起点(裏登山口)は湯袋(ゆぶくろ)峠から500mほど北西にあります。

登山道入口

ほとんど消えかかっている道標。でもこの付近にはニリンソウやトウゴクサバノオなどの花がたくさん咲いています。

沢沿いを進む

沢沿いを進んでいくと

ニッコウネコノメ

本当にたくさんの花が咲いています。

初めて見たニッコウネコノメ。雄しべの先(葯)が赤くて、黄色いホウとの対比がとてもきれいです。

ネコノメソウ、ムカゴネコノメ、ツルネコノメ、ユリワサビ、ニリンソウ、トウゴクサバノオ、ヤマエンゴサク、キクザキイチゲと次々に出てきます。

色彩も東京近辺とは若干異なり、

ナガバノスミレサイシン

ナガバノスミレサイシンは濃い紫色をしていて、まるでニオイタチツボスミレみたいです。

1時間あまりで筑波高原キャンプ場に到着。ここは

カタクリ群落

カタクリ群落があって花はちょうど見頃でした。

アオイスミレ

このアオイスミレはややピンクがかっていますし、キクザキイチゲは

紫色のキクザキイチゲ

こんなに濃い紫色を見たのは初めて。色の変異が大きく、白がベースにうっすらピンク色がかったものや薄紫色、などなど七変化です。

キャンプ場からは

道標

道標に従って進みます。

登りやすい道

ゆるやかな傾斜の道が続いていて、先ほどから出てきている花の他に

ハルトラノオ

ハルトラノオが小さな花を付けていて

エンレイソウ群落

エンレイソウの群落もありました。

キャンプ場から小1時間で女体山直下に到着。この後はここから

女体山頂上直下

御幸ヶ原に向けて進みます。

カタクリ花まつりが開催されていて、ちょうどカタクリが満開でした。

たぶん例年より1週間以上早い満開でしょう。


裏登山道は予想していたとおり、春の花いっぱいの道でした。

歩く人はほとんどいなくて静かな山歩きを楽しむことができます。自然を楽しむにはとても良いコースだと思いました。

フォーゲルでは4月16日(月)にツアーを予定しています。

詳しくは こちら をご覧下さい。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR