FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

新緑が美しい渋沢丘陵観察会(2018.4.5)

3月からの高温傾向は4月に入ってからも続き、全般的に開花も新緑もかなりのスピードで進行しています。

この日は秦野市の渋沢丘陵観察会です。どんな自然が見られるでしょうか?

前日までの初夏の陽気は一段落し、この日は曇っていて風があり、やや肌寒いです。

渋沢駅から歩き始めました。住宅の庭には華やかに咲き競う花がいっぱい。それを見るだけでも楽しいです。

道路の隙間にはスミレがきれいに並んでいます。

アリアケスミレ

よく見るとこれはアリアケスミレ。歩道のアスファルトの隙間でガードレールの下という踏まれにくい場所に居場所を確保しています。

このような道路の隙間はいろいろなスミレが咲いています。

ふれあいの里

ふれあいの里は小学校の環境教育に使われている谷戸田です。ため池には

オタマジャクシ

ヒキガエルのオタマジャクシがうじゃうじゃ。

耕作はしていませんが、湿った場所には

ネコノメソウ群落

ネコノメソウが群落を作っています。

須賀神社の脇を通って雑木林に入ります。

ホウチャクソウ

ホウチャクソウがもうたくさん咲いていて、タチツボスミレはピークをやや過ぎた感じで、やはり開花が早いです。

この地域はボランティア活動が盛んで、

美しい雑木林

雑木林はきれいに管理されていて美しいです。

コナラ、クヌギの花の他、ハナイカダがあっちにもこっちにもあって、花や蕾を付けています。

マクロで撮ってみると

ハナイガダ雄花

こちらが雄花、そして

ハナイガダ雌花

こちらが雌花。とても地味な花ですが、葉の上に花があるのは珍しいですね。

ハナイカダと同じように花びらがない植物としてナツトウダイがあります。こちらは

ナツトウダイの花

さらに変わった花です。クワガタ虫の大あごみたいな形をした部分は腺体と呼ばれていて、ここから蜜が出るようです。

黄色いのは雄しべ、そしてピントが合っていない背後にごろんとあるのが種になる子房で、そこから雌しべが出ています。

本当に不思議な形をした花ですね。

八重桜が植栽されている

祈りの丘

祈りの丘に着きました。合掌している石碑のあるここは戦没者を慰霊する場所です。

ソテツは戦没した場所を想像するからでしょうか。

まだ八重桜は2~3分咲きですが、一緒に植えられているハナモモはもう花がほとんど終わっていました。

祈りの丘からしばらく進むと

八重桜の里

八重桜の里と書いてある休憩場所に着きました。

軽くお弁当を食べた後は

頭高山

頭高山(ずっこうやま)に登って300m峰を極め(笑)、山をぐるっと回った後は

ヤマルリソウ

ヤマルリソウが群生する坂道を下り、

シャガが見頃

早くも見頃となったシャガを眺めながら

チューリップが植栽されている泉蔵寺へ向かいます。

チューリップ

お寺の住職がコツコツ植えたという色とりどりのチューリップと、思いがけず満開だった

しだれ桜

しだれ桜を楽しんで、

渋沢駅まで戻って観察会を終了しました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR