FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

奥多摩・鉄五郎新道から大塚山ツアー(2018.4.14)

昨年、4月5日にフォーゲルで歩いたコースを今年はクラブツーリズムの現地集合ツアーで歩きました。

昨年は春の寒さから、全般的に植物の開花が遅れて、ツアーでは期待していた花がまだ咲いていない状態でした。今年は逆に進みすぎているのが気になります。

古里駅に集合して

多摩川を渡る

寸庭橋で新緑の囲まれた多摩川を渡ります。

集落を抜けて

鉄五郎新道へ

鉄五郎新道に入っていきます。

おっ、ちょっと珍しいスミレがありました。

マキノスミレ

マキノスミレです。こんな杉林の中なのにけなげに咲いています。

金毘羅神社

金比羅神社跡に着きました。跡とはいえ、紙垂がかかっていてきちんと掃除もされているので、神社の機能がまだあるようです。

ここからが急登の始まりです。

イワウチワ自生地看板

イワウチワ保護地の看板があり自生地であることを示しています。咲いているでしょうか?

イワウチワ

あるにはありましたが、ほんの数株です。ほとんど終わっていました。

3月からの高温傾向で開花が一気に進み、残念ながらもう終盤でした。

ここから広沢山までの斜面はとても急で、

きつい斜面

イワウチワを見つけたときと違ってみなさん無言になってしまいました。

足元には

フモトスミレ

フモトスミレがたくさん咲き、

イヌブナ雄花

イヌブナの雄花がびっしりと落ちています。ミツバツツジはもう終盤でヒカゲツツジの花は見あたりません。

ようやく

広沢山

広沢山に到着し急登は終わりました。ヤレヤレ。

広沢山からは一登りで

大塚山

今日の最高標高点である大塚山に到着。ここでランチタイムです。

大塚山から御岳の宿坊街に向かって下っていきます。

この斜面ではちょうど

ミツバツツジ見ごろ

ミツバツツジが見頃で、写真タイムとなりました。

奥ノ院とヤマザクラ

ヤマザクラも見頃で、急峻な奥の院のピークをバックに、薄ピンク色が映えています。

御岳にある富士峰園地には

カタクリ

カタクリがまだ咲き残っていました。

宿坊街から鳩ノ巣駅方面への道に入りました。

この道は

新緑の斜面

ちょうど新緑が見頃。イヌブナやイタヤカエデなどが美しい色彩のモザイクを見せてくれています。

ヨゴレネコノメ、ツルネコノメ、ナガバノスミレサイシン、ヒナスミレなどもたくさん咲いていました。

長いトラバース

長い長いトラバースを終えて大楢峠を越え、ぐんぐん下っていきます。

谷を隔てて反対側の斜面には

登った斜面の遠望

午前中に苦労した急斜面が望めます。新緑があざやかですね。

バットレス展望台

みなさんあずまやに集結。この先には対岸の岩壁(越沢バットレス)に取り付いているクライマーの姿がありました。

最後に

雲仙橋

雲仙橋で多摩川を渡り鳩ノ巣駅に到着してツアーを終了しました。


今年もイワウチワの花期を逸してしまいましたが、7種類のスミレ(タチツボ、マルバ、アカネ、マキノ、フモト、ナガバ、ヒナ)と3種類のネコノメソウ、ヤマエンゴサク、カタクリなどたくさんの草花と、ミツバツツジの見事な花、そして山を覆う新緑など見どころが多いツアーでした。

ご参加されたみなさまご苦労様でした。ご参加いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR