FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

裏登山道から筑波山ツアー(2018.4.16)

筑波山は年間200万人が訪れる人気の山です。大半は乗り物で上がって乗り物で降りる人でしょうが、登山者もかなり多い山です。

そのほとんどは神社からの表参道を使い、あるいはつつじヶ丘から登る人でしょう。

今回はあまり訪れる人がいない裏登山道から登りつつじヶ丘に降りるコースでツアーを行いました。

裏登山道は筑波山の北側にあり、県道150号線の湯袋(ゆぶくろ)峠の近くにあります。

その道路脇にはなんと

キンポウゲ

キンポウゲ(ウマノアシガタ)の花がびっしり。少し離れたところにはニリンソウの群落もあります。

裏登山道入口

ここが登山道入口です。古い道標で見えにくくなっていました。

登山道は

沢沿いの道

沢沿いを緩く登っています。

ネコノメソウの仲間やスミレがポツポツと咲き、

ニリンソウ咲き乱れる

ニリンソウはあちこちで群生してとてもきれいです。

葵の御紋のような葉の下には

フタバアオイ

フタバアオイのおわんのような花が(ひっくり返して撮りました)。

1時間余りで

キャンプ場

キャンプ場に到着しました。2週間前の下見の時にはカタクリやキクザキイチゲが所狭しと咲いていましたが、この日はほとんど花が終わっていました。

それでもキャンプ場の上から眺めた

キャンプ場からの眺め

展望と新緑は素晴らしかったです。

キャンプ場からは女体山に直接登る道を進みます。とにかくカタクリが多く、まだ咲き残っていた株もたくさんあり、その1つに

白花カタクリ

白花がありました!

この他ヒゲネワチガイソウや、

ハルトラノオ

ハルトラノオの花も点々としています。たくさんあるユキザサはまだつぼみでした。

お昼過ぎに

神社

最高峰の女体山に登頂しました。やったー

山頂からの眺めはとても素晴らしく、

女体山からの眺め

南東側には遠く霞ヶ浦が眺められました。

女体山から御幸ヶ原に向かって途中で

ランチタイム

ランチタイムとしました。曇りがちでしたが、この時は青空が広がってきてポカポカです。

芽吹いたばかりのブナが優しい色彩をしています。

昼食後は

御幸ヶ原からみた男体山

御幸ヶ原から男体山に向かいます。

男体山の山頂付近で

ブナの花

ブナの雄花を間近で見ることができました。

雄花を振ると花粉がぱっと飛びました。

ヒノキ花粉は終わりましたが、今はナラやブナが開花しているので、花粉症がまたひどくなっている人もいらっしゃいました。

再び女体山にもどり、つつじヶ丘に向かって下っていきます。

このコースは岩がゴロゴロしている場所が多く

岩の多い道を下る

慎重に下っていき、

つつじヶ丘

広い駐車場のあるつつじヶ丘に無事下山してツアーを終了しました。

裏登山道は花がとても多く、登りやすい道で、出会う人はとても少なかったです。とても良いコースなのでまた訪れたいと思いました。

ご参加されたみなさま、ありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR