FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

三番瀬・谷津干潟観察会(2018.5.1)

5月連休の頃は、冬の間東南アジアなど南国で過ごし、春から夏にシベリアなどで繁殖するために、渡りをする鳥が日本に立ち寄る時期です。

干潟はそれらの鳥のうち、シギ類やチドリ類(両方あわせてシギチと呼んでいます)がたくさん集結します。それはカニやゴカイなどたくさんの生き物が棲息する場所だからです。

今年はシギチ観察のため、東京湾の最奥部で最大の面積を持つ三番瀬(さんばんぜ)と谷津干潟の2箇所に出かけました。

三番瀬付近はふなばし海浜公園になっていて、この時期は潮干狩り客で大にぎわいします。そんな時間帯は鳥がいないので潮干狩り時間帯より早めに干潟へ行き

三番瀬

野鳥を探します。やや遠くてコンパクトデジカメではうまく撮れませんが、

キョウジョシギ

キョウジョシギの他、ハマシギの大群、ミユビシギ、メダイチドリ、ダイゼン、チュウシャクシギ、オオソリハシシギ、コアジサシ、カワウ群れなど多数を観察することができました。

1時間ほどしたら鳥がどんどん沖合に行ってしまったので、そそくさと退散し谷津干潟へ向かいました。

谷津干潟と東京湾とを結ぶ水路には

アカエイ

大きなアカエイとミズクラゲがいくつも泳いでいました。

谷津干潟

谷津干潟へやって来ました。干潮の時間帯なので、ほとんど干潟が露出していましたが、鳥影は少なめです。

それでも移動しながら

チュウシャクシギ
チュウシャクシギやメダイチドリ、ハマシギ、ダイサギ、アオサギなどを見ることができました。

ただこの日はとても暑かったので、日向での長時間の観察は無理です。

日蔭で涼みながら過ごした後、水深が深いところで

コガモ

そろそろ北へ旅立つと思われるコガモや

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリの美しい夏羽を観察して、観察会を終了しました。

お天気が良くとても暑い日でしたが、2つの干潟を回って多くの野鳥を観察できました。

ご参加された皆さま、暑い中ご苦労様でした。


スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR