FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

大平山・石割山ツアー(2018.5.17)

山中湖の北側に延びる稜線上に、大平山、平尾山、石割山があり、これらを結ぶコースからは富士山や山中湖がよく見えます。

フォーゲルでは石割山に2015年12月にツアーで訪問して以来で、グリーンシーズンはこれが初めてです。

新宿・相模湖から高速バスに乗ってラクラクで山中湖畔に到着。ここから石割山稜に登ります。

登山開始

お天気は曇ですが、気温が高くちょっとムシムシしています。ここに来る前には笠雲がかかっていた富士山ですが、すっかり晴れました。

入口看板

湖岸道路にある標識を目印に、ここあら少しずつ登っていきます。

ツリバナ

ツリバナを皮切りにいきなりいろいろな花が出てきました。

コマユミ、ハナイカダ、ユキザサ、ズミなど道路沿いにたくさん咲いていました。

稜線に出てもしばらく舗装道路ですが、やがて山道に入りました。

火山灰の堆積したところが続いていて、樹木が育ちにくいせいか低木、疎林、草原の環境となっています。

これらの環境では日当たりが良く、それが花の多い理由になっています。

エゾノタチツボスミレ

エゾノタチツボスミレは草原で見られるスミレ。これがかなり咲いています。その他キンポウゲ、クサボケ、ミツバツチグリ、キジムシロ、アカネスミレなどの草花と、ミツバウツギ、マユミ、ヤブデマリ、

ゴマギ

ゴマギ、

ズミ

ズミ、

富士山とオニグルミ

オニグルミ、

アケビ

アケビなどが本当にたくさん咲いていました。

そろそろ12時になるので、ランチにしようと思って大平山に着くと、

大平山山頂

あっと驚く遠足です。忍野小学校3年生だそうです。人なつっこい子ども達でした。

大平山からも花は続き、

ヤブウツギ

ヤブウツギ、

ミヤマザクラ

ミヤマザクラ、

ゴマギ

ゴマギなど花の山道です。

次のピーク平尾山も眺めが良く

平尾山からの富士山

ちょっと山中湖は遠ざかりましたが、相変わらずの富士山でした。

大平山より望む石割山

本日の最高峰・石割山がだんだん近づいてきました。

山頂の手前は火山灰地の急登で、ロープをつかみながら何とか石割山に着きました。

この山からも良い眺めでした。

石割山からはえぐれた急な道を下っていきます。

でも平尾山までの植生と違って

ブナ巨木

こんな巨木を含むブナ、ミズナラ林です。これはどうしてでしょうか?

もしかすると

石割神社

この石割神社があるので、切られずに守られてきたのかも知れません。

大平山、平尾山辺りは比較的なだらかな稜線なので、木々を伐採しても山が崩れたりしにくいので、採草地として利用してきたのだと思います。

その昔は草が大切な資源でした。屋根の材料・牛馬の餌・田畑の肥料・・・にするためです。

今でも忍野村にある高座山の南西斜面は毎年山焼きを行っていて、草原を維持しています。大平山周辺も同じような場所だったに違いありません。

草原であれば日当たりが良く花が多くなります。今回のコースは長い間草原として利用されてきたけれど、草資源の必要性が低下するとともに手入れされなくなって樹林化してきている場所です。このまま放置すればやがて安定した森になって花は減っていくでしょう。

石割神社から平野バス停に下りてツアーを終了しました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。











スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR