FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

新緑の戸隠高原観察会(2018.5.21-22)

今年で3年連続となる戸隠高原観察会を、やはり同じ時期に実施しました。

今年は雪解けや植物の葉の展開が早く、野鳥が見にくくならないか少し心配しながら臨みました。

昨年までは1日目に鬼無里の奥裾花自然園を散策したのですが、動植物の観察にはあまり適していないので、今年は2日間とも戸隠です。

昼前に戸隠に到着し、美味しいおそばを食べた後森林植物園で観察スタート。

ミソサザイ

いきなり目の前にミソサザイが現れ大きな声で鳴いています。人を全く恐れていない感じです。

植物園には

木道

木道が敷いてあり、湿原の上を観察できるようになっています。足元がしっかりしているので花や鳥の観察には適していて助かります。

今年は雪解けが早くてミズバショウの花は終盤でしたが

リュウキンカ

リュウキンカはまだきれいに咲いていましたし、逆に花期が少し遅い

タチカメバソウ

タチカメバソウはとてもきれいでした。

新緑美しいみどりヶ池

みどりヶ池にやってきました。新緑がとても美しくて目にしみます。

さらに奥に進んでいきます。

カメラおじさんにオオアカゲラの巣穴とコサメビタキの巣を教えてもらいました。地道に観察している人の話はとてもありがたいです。

この日は4時半頃まで観察しました。確認できた鳥はミソサザイ、オオアカゲラ、コサメビタキの他、アオジ、ノジコ、ニュウナイスズメ、カワラヒワ、ゴジュウカラ、キセキレイなどなど。

ホテル

ホテルに着いてもホテル前で探鳥。アカゲラやモズなどを観察できました。

今年は今までより葉の展開が早く、小鳥がややみづらい気がしましたが、人慣れした野鳥のおかげでまずまず見られた1日目が終了しました。


2日目は朝4時から活動開始です。

薄暗い中を鏡池へ向かうと、ヘッドランプに照らされた黄色い獣が・・・・ テンです。

なかなか見ることができないテンを見ることができてラッキー。

日の出直前に到着すると、すでに数人がカメラをセットして待ちかまえていました。

この日は無風の絶好のコンディション。

鏡池と戸隠山

鏡のような湖面と戸隠山のモルゲンロート。実に絵になる風景です。

鏡池にて

周囲から聞こえてくる鳥のさえずりを聞きながら、それほど寒くない中で絶景を見ることができました。

すぐに森林植物園に戻って、うわさを聞いていた場所に行ってみると

巣箱のフクロウ雛

大きな巣箱からフクロウの雛が顔を出していました。まるでぬいぐるみです。

近くで見守る

フクロウ親の観察

親鳥の居場所もカメラおじさんから教えてもらって見ることができました。

まさかここでフクロウの親子を見られるとは思ってもいませんでした。あと数日で巣立ちではないかということです。

一度、ホテルに戻り朝食をいただきます。食堂とそのすぐ外からは

宿から見た戸隠山

戸隠山と右奥の高妻山が真っ青な空にくっきりと険しい稜線を突き立てています。素晴らしい景観です。

2日目も最高のお天気になりました。

一度キャンプ場に行った後、再び森林植物園に戻って観察します。

午前中は野鳥の活動が活発で、いろいろな鳥を見たり声を聞いたりできましたが、何と言っても

オオアカゲラ雛1
巣穴にいたオオアカゲラの幼鳥が印象に残りました。2羽以上いるらしく、頭の赤みが少ない

オオアカゲラ雛2

この個体も入れ替わりに顔を出していました。しばらく見ていたのですが、次々に人が集まってきて

ギャラリー

こんな状況になってしまったので、これでは営巣に悪影響が出そうだと思い、その場を離れかけた瞬間に親鳥が餌を持ってきて雛に与える瞬間を見ることができました。

このシーンにも人慣れした野鳥の姿が垣間見られました。

営巣現場を多くの人が訪れて観察することはあまり良いことではないのですが、遊歩道脇に巣作りして平気でいる野鳥たちなので、1回きりの行為を大目に見て下さい。


この時期に戸隠を訪れる理由はいくつかあって、
1)渡ってきた夏鳥がほぼ揃うこと
2)木々の葉があまり展開していないこと
の他に

エゾハルゼミ

このセミ、エゾハルゼミが鳴き始めない時期であること
によります。しかし今年は生物暦が全て進んでいて、もう鳴き始めていました。

このセミが一斉に鳴き出すと野鳥の声が聞き取りにくくなりますが、まだそれほど鳴いていなくてホッとしました。

最後に奥社に行く参道の途中にある

随神門

随神門のところで杉並木を間近に見た後参道を下ります。

シラネアオイ

参道脇で咲き始めたばかりのシラネアオイやニrンソウ、ラショウモンカズラの清楚な花が、私たちに別れを告げてくれているようでした。

こうして2日間の観察会が晴天の下終了しました。

たくさんの感動的な光景が目に焼き付きました。

ご参加された皆さま、2日間ありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR