FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

初めて見る植物の数々・東三河・鳳来寺山(695m)(2018.5.31~6.1)

森林インストラクターの仲間と愛知県新城市にある鳳来寺山に行ってきました。

ここは声のブッポウソウ(コノハズク)が棲息することで有名な山ですが、鳳来寺という歴史ある立派なお寺と、徳川家康を祀るために家光が建てた東照宮とがある著名な場所となっています。

ここにはカキノハグサなどの珍しい植物が多いとされ、仲間の誘いで出かけてきた次第です。

鳳来寺山は全山が国の天然記念物に指定されているところです。

1日目はまず

博物館

博物館に立ち寄って館長さんから詳しいお話しを伺いました。

館内には地質から動物、植物、菌類といろいろなものが展示されていました。保護されたコノハズクもケージに入っていました。

鳳来寺山入口

小雨の中、参道の途中まで登ります。歴史を感じさせる参道の入口です。

参道

杉並木に石の階段。実に風情のある景観です。

足元には南国に多いルリミノキや

ハナミョウガ

ハナミョウガなどが見られました。実は伊豆半島や房総半島でよく見るのですが、花を見たのは初めてです。

仁王門

国の重要文化財になっている仁王門です。門を過ぎて少し進むと、少し前まで日本一の高さの杉と言われていた

傘杉

傘杉がありました。何でも高さ60mだとか。小雨が降っていることもあり高すぎて梢までよく見えませんでした。

この日はここでUターン。この後雨がひどくなったので、山に登るのは翌日にしました。


1日空けて6月1日。雨上がりですっきり晴れ上がりました。

パークウェイ駐車場まで車で行き、登りを省きます。

パークウェイPより登山開始

鳳来寺山が見えてきました。岩がごつごつした山です。

シソバタツナミ

おおっ、タツナミソウの仲間ですがちょっと違います。これはシソバタツナミです。

本堂と岩壁

鳳来寺の本堂までやって来ました。修行をしたところなのでしょう。背後の岩場がよく見えます。

ここから登山開始します。急な階段を上っていくとすぐに今回もっとも見たかった

カキノハグサ1

カキノハグサの花が現れました。見たかった花なので嬉しくて飛び上がりました。とてもきれいな花です。

カキノハグサ群生

こんなに群生している所も。

シソバタツナミ2

斑入りのシソバタツナミです。

さらに進むとたくさん咲いていた

ガンピ

ガンピや

コツクバネウツギ

かなり小さいコツクバネウツギ、

そしてこれも関東では見られない

ササユリ

ササユリもあちこちで咲いていました。

花期がすっかり終わってしまったホソバシャクナゲやほぼ終わりかけの

コアブラツツジ

コアブラツツジもありましたが、

カキノハグサ

カキノハグサは全山にあって、だんだん見慣れてきました(笑)。

カキの葉に似ていることからついた名前ですが、葉が細くてカキとは似ても似つかない株もありましたよ。

ここに書けない稀少ランも何種類か有り、大満足で東照宮まで下山しました。

最後に

東照宮

東照宮をお詣りしましたが、そこにも

セッコク

セッコクが美しい花を付けていました。

たくさんの花を仲間と堪能して鳳来寺山を後にしました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR