FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

奥多摩・川苔山ツアー(2018.6.9)

奥多摩で大変人気のある山の1つ、川苔山へツアーに行ってきました。

この山の魅力は山の西側にある川乗谷です。

なのに沢沿いを行くこのコースがしばらく通行止めでした。ようやく今年の五月連休頃から開通したばかりです。

この日は土曜日。奥多摩駅にはたくさんのハイカーがいて、東日原行きのバスは何台も増便しています。

バスを川乗橋で下りて

林道歩き

林道を進みます。

この日は東京で今年初の真夏日。林道歩きも暑いです。

ウツギ

日当たりの良いところはウツギが満開です。

ちょっと珍しい花がありました。

マルミノヤマゴボウ

マルミノヤマゴボウという在来種です。初めて見ました。

川の中から歓声が聞こえます。何だろうと思って覗いてみると

キャニオニング

キャニオニングという沢を滑って遊ぶスポーツを若者が楽しんできました。気持ちよさそう!

川乗橋から小1時間で

細倉橋

細倉橋に到着。ここから山道となります。

6月と言えばエゴノキの仲間の花の季節。

オオバアサガラ

シャンデリアのように美しいオオバアサガラの花が咲き残っていました。

山の中には

サワギク

サワギクがひっそり咲き

コアジサイ

コアジサイが大群落を作っていて良い香りが漂っていました。

深い谷を登っていくこのコースには

橋を渡る

木の橋がたくさんかけられていて渡ります。

その谷には

美しい滝

美しい滝や滑が連続し、苔むした岩が何ともいえない深山の景観を作り出していました。

谷を風が吹き抜けるととても涼しく、暑さを忘れられる良いコースです。

細川橋から小1時間で、この谷の魅力を決定づけている名瀑

百尋の滝

百尋の滝が現れました。

尋は長さの単位で、手を広げた長さを表しているとのこと。1.5mとか1.8mとか言われていますが、1.5mとしても百尋は150m。

実際の落差は40m程だそうで、かなり誇張のある数字ですが、優美な美しい滝です。

しばし休憩していると肌寒くなってきたので、再び登山開始です。

崖っぷちを通る急な坂を登っていくと、この谷の

支沢の源流

支沢の源をたどっていく感じで、お昼を大部回った頃

川苔山山頂

川苔山に到着です。やったー!

3週間前には無かった山名を記した立派な石碑が立っていてビックリ。

山頂からは西側の雲取山、鷹巣山、そして北側の蕎麦粒山などを眺めることができました。

ランチ後鳩ノ巣駅に向けて下山です。

人工林の中、展望が利かない長い長い道を延々下り、

山の神

途中にある山の神にお詣りをして鳩ノ巣駅に下山し、無事ツアーを終了しました。

ご参加された皆さま、歩き応えのあるロングコースの登山でしたが、大変ご苦労さまでした。



スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR