FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

北海道東部・花と野鳥の観察ツアー(2018.6.13-15)1日目

6月13日より3日間、釧路湿原・根室半島と風蓮湖周辺・霧多布湿原をめぐるツアーに行ってきました。

11日に台風が関東を通り過ぎ、12日には道東地方に大雨が降り、行く前は天候がとても心配でした。

1日目、釧路空港からまずは温根内ビジターセンターへ。センター横から

VCの木道

湿原に向かう遊歩道を歩きます。

まず初めに目に飛び込んできたのはミズバショウ

ヒメカイウ

じゃあなかった。花も葉も小さくて葉の形が違います。

これはヒメカイウという別種です。たくさん咲いていました。

大きな声でさえずっているのは

センダイムシクイ

センダイムシクイです。焼酎一杯よりグイーが良く聞こえます。

VC木道で探鳥

お天気は曇でやや肌寒い気候です。この遊歩道は延々と続きますが、途中で引き返して湿原を時計方向に回っていきます。

湿原の北側までやって来ました。ここは国立公園の特別保護地域に指定されている

コッタロ湿原

コッタロ湿原の展望台です。実に広大な湿原で、タンチョウが1つ2つ見えますが、あまりに遠いので望遠鏡を使っても姿まではよくわかりません。

湿原を突っ切って進む道道沿いに

蛇行した釧路川

蛇行する釧路川が間近に見えました。大雨の後のせいか水量がかなり多いです。

こんな所をカヌーで下ったらさぞかし楽しいでしょう。

次に訪れたのは

細岡展望台からの眺め

細岡展望台で、ここから湿原を眺めます。

蛇行する釧路川の遠望

釧路川はくねくねと湿原の中を蛇行して流れていて、本当に素晴らしい展望に感動しました。

お客様が何やら大きい鳥を発見されました。望遠鏡で探すと、それは

2羽のオジロワシ

2羽のオジロワシでした。カラスよりはるかに大きくて悠々とした飛び方です。ここで繁殖しているのでしょうか。

しばし展望と野鳥を楽しんだ後、展望台を離れて東へ東へ向かいます。

道路沿いにオレンジ色の花が点々と咲いているので車を止めてみると

エゾスカシユリ

上を向いて大きく開いたエゾスカシユリの花でした。

こんなに美しい花が道路沿いにごく普通に咲いています。

別の所では電柱のてっぺんに

電柱シギ

オオジシギが止まっていて、「ズビヤクズビヤク・・・」などと口を開けてさえずっていました。

来る前に聴いてはいましたが、関東付近では見ることが稀になったこの鳥が電柱で見られるなんて。所変われば顔ぶれも変わりますね。

風蓮湖付近では道路横で

タンチョウ

タンチョウが2羽見られました。もう1羽は抱卵をしているようでした。

あまり良い繁殖場所が無かったのでしょうか。カメラマンが群れていました。

風蓮湖の畔にある宿に入ろうとすると車の前をベニマシコが横切り、車を降りて宿入したら

部屋からキツネを見る

庭で寝ているキタキツネやオジロワシが採餌している姿を見られ、ラッキーでした。

1日目はこんな感じで雨に降られず、普段ほとんど見ることができない鳥や花を観察して楽しく終了しました。








スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR