FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

花と展望の湯ノ丸山・四阿山ツアー(2018.6.22-23)2日目

6月23日は、根子岳と四阿山の登山です。

お天気が下り坂で心配。何とか下山まで降らないで欲しいのですが。

起点は菅平牧場です。朝のうちは高曇りという感じです。

登山開始

周回コースですがまず根子岳に登ります。

花や景観を見ながら登る

レンゲツツジはもう終盤でしたが、牧場の周囲にはハクサンフウロ、アズマギク、アヤメ、ヒメクワガタなど、初めから花がたくさん。

眺めも素晴らしく、

牧場と北アルプスのパノラマ

雪をいただいた北アルプスが屏風のように続いていて、その南には乗鞍、御嶽、中央アルプス。反対側には戸隠、高妻、雨飾、焼山、火打山、妙高山がぜーんぶ見えています。

高原のすがすがしい朝の中を登るのは気分爽快。

あずまやを過ぎるとシラカバとダケカンバの林となり、しばらく展望のない中を進みますが、笹を刈られている場所や笹が分布していない所には花がいっぱい。

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ、

スズラン

スズラン、

クロマメノキ

クロマメノキ、

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ、

そして本州では極めて分布の狭い

カラフトイバラ

カラフトイバラ、さらにはコケモモ、ミツバオウレン、イワカガミなど花を見ながらの登山が続きます。

登山開始から2時間半で

根子岳神社

祠のある根子岳山頂に到着。ここからは

根子岳から四阿山

四阿山が間近にそびえています。

やや強めの風が吹く中を

四阿山へ縦走

四阿山に向けて縦走します。

菅平牧場から根子岳の間は広い斜面でしたが、山頂を越えると険しい道となります。

北側には34万年前の大噴火でできた大きなカルデラが広がり、南側も爆裂火口のような感じです。

途中に岩場があり、そんな所には

ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラクと

イワカガミ

イワカガミがけなげに花を付けていました。

鞍部まで一気に下り、針葉樹林帯の急坂を四阿山の肩まで登り切ると

四阿山の肩から根子岳と北アルプス

いま越えてきた根子岳と背後の北アルプスが相変わらず良い眺めです。

このころからポツポツと雨が当たり始めました。

でもまだ大したことはなく

四阿山山頂

尖った四阿山の山頂めがけて最後の一登りです。

そして登山開始から5時間で

山頂標識

ついに百名山・四阿山に登頂です。おめでとうございます!

山頂付近には群馬県側の神社があり、少し手前には長野県側の神社があります。

群馬県側の神社は新しくなっていました。

山頂でランチの後、登山コースの隣の尾根を下っていきます。

根子岳を振り返る

途中で根子岳を振り返り、

牧場に向かって下る

やや雨が強くなる中を菅平牧場に向かって下っていき、ついに

ゴール

全員無事下山しました。みなさま大変ご苦労さまでした。

最後に降られてしまいましたが、霧が出ることもなくかなりの時間遠望が利き、雄大な眺めとたくさんの花を見ながらの楽しい登山でした。

ご参加された皆さま、2日間ありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR