FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

尾瀬ヶ原・至仏山ツアー(2018.7.8-9)2日目

まだ暗いうちに目を覚ますと至仏山が見えています。

部屋で朝食を取り、日の出頃尾瀬ヶ原に出てみました。

夜明け前の燧ヶ岳

湿原をうっすらと霧が覆っていますが、燧ヶ岳の横から太陽が昇ろうとしています。幻想的な光景です。

振り向けば

至仏山モルゲンロート

至仏山の上の方に太陽の光が当たっていてモルゲンロートになっていました。

雲一つ無い晴天でやったーという気持ちです。

いざ出発

小屋の前でストレッチをしていざ出発! とても良い気分です。

日が昇った

燧ヶ岳の方から日が昇り、あまりの美しさに息を飲みました。

ここから延々森林内の登りが続きます。

ハクサンシャクナゲとイワシモツケの花に励まされながら無風の林内を登っていき、1時間余りで

高木限界を越えた

高木限界を越えて尾瀬ヶ原の広がりが見えてきました。絶景です。

この日はものすごい数のアキアカネが群れ飛んでいて、今年始めてみる光景です。

こういう日はトンボが小さい虫を食べてくれるので、ブヨなどの虫がほとんどいません。嬉しい限りです。

尾瀬ヶ原は8000年前の燧ヶ岳の噴火でできた大湿原です。この辺りの山はほとんど火山ですが、至仏山だけは火山ではなく隆起してできた山です。

蛇紋岩という少し珍しい岩石に覆われているので、樹木が育ちにくく高木限界が低いです。

樹木が育ちにくいということは日当たりが良く、さらにこの岩石は植物の生育にとって有害な物質を出すために、それに耐える植物しか育ちにくく、珍しい植物(蛇紋岩植物)が多いという特徴があります。

ただし良いことばかりではありません。蛇紋岩はとても滑りやすく、特に濡れていると登山に苦労します。

蛇紋岩の急登

この写真の黄土色っぽい岩石は蛇紋岩で、急坂を頑張って登っていきます。

さっそく蛇紋岩植物が出てきました。

ユキワリソウ

サクラソウの仲間のユキワリソウです。雪割草というと一般にミスミソウを指しますが、標準和名でユキワリソウというとこの植物になります。

一見ハクサンコザクラに似ていますが、ずっと小さいです。

そして尾瀬の名が付いた

オゼソウ

オゼソウです。尾瀬以外にもありますが、とても分布が狭い珍しい植物です。

ジョウシュウアズマギク

ジョウシュウアズマギクは蛇紋岩地帯に進出したミヤマアズマギクの変種です。

もちろん蛇紋岩植物だけではなく

タテヤマリンドウ

タテヤマリンドウやベニサラサドウダン、コメツツジ、ダイモンジソウ、コバイケイソウ、ムシトリスミレ、ウラジロヨウラクなどいろいろな花が見られました。

高天原で休息

高天原という高台までやってきて休憩です。

北の方に目をやれば、平ヶ岳と越後三山がくっきりと、そして南東の方には日光白根山、皇海山が見え、燧ヶ岳と会津駒ヶ岳を含めると、百名山オンパレードです。

お花畑も見事で、

タカネシオガマ

タカネシオガマ、

ホソバヒナウスユキソウ

ホソバヒナウスユキソウ(蛇紋岩植物)、イブキジャコウソウ、イワシモツケ、タカネシュロソウなどが延々と続きます。

階段を上る

植物保護のために設けられた階段を一歩一歩上っていくと

至仏山頂近し

至仏山の山頂がだんだん近づいてきて、

ついに立派な山頂標識が立つ

至仏山

至仏山に登頂です。ばんざーーーい!!

ツアーの団体が直後について山頂は賑やかに。東側は雲に覆われていて展望が利きません。

ランチ後小至仏に向けて出発します。

小至仏に縦走

この縦走路にも大きな蛇紋岩の塊があちこちにあって苦労します。

蛇紋岩の風化

大きな蛇紋岩にも風化によりたくさんひびが入っていて細かく砕けていきます。

多くの人が石を踏んでいくので益々磨きがかかって滑ります。この日のようにお天気が良ければましなのですが、雨が降って濡れるとさらに滑りやすくなります。

花は相変わらず多くて、あちこちでたくさん咲いている

タカネバラ

タカネバラ、そしてホソバヒナウスユキソウの花はずっと続いていました。

岩だらけの

小至仏山

小至仏山を通過して

小至仏を下りる

ぐんぐん下っていきます。

こちらの斜面の方が雪解けが遅くて

オゼソウとシナノキンバイ

オゼソウは多く、黄色いシナノキンバイと白いチングルマ、シナノキンバイ、そしてピンク色のハクサンコザクラなど百花繚乱です。

笠ヶ岳分岐を過ぎ、ワタスゲの実がフワフワしているオヤマ沢田代を越え、マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ、バイカオウレンなどの花を見ながら、ついに

鳩待峠にゴール

鳩待峠に全員無事下山し、お天気に恵まれた至仏山登山が無事終了しました。

みなさま大変ご苦労さまでした。

ご参加いただきありがとうございました。




スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR