FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

富士山五合目観察会(2018.7.12-13)

2017年には日帰りで行った富士山五合目観察会を、今年は宿泊で行いました。

日帰りでもご参加できるように、朝早いバスで五合目に到着。都会のような喧噪の五合目から

スタート

お中道に入ると急に静かになります。

この日は曇で時折霧がかかっていて視界が良くありません。

タカネバラ

入口にいきなり鮮やかなタカネバラがあり(この写真は2日目)、撮影タイムです。

今年は花の開花が早く、例年7月下旬頃見頃になる

シャクナゲ

ハクサンシャクナゲがわんさか咲いていました。

シャクナゲ群落

シャクナゲが両側に咲き誇る林床にはコケモモの他、

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウもあふれるほど咲いていました。

林が途切れた所には、こぶし大からそれより小さい溶岩のかけら(スコリア)の原野が一面に広がっていて、そういう場所には

ミヤマオトコヨモギ
ミヤマオトコヨモギや

イワオウギ

イワオウギ、フジハタザオ、オンタデ、イタドリなどの花が見られました。

見通しが良くないので野鳥は少々見づらいですが、

野鳥の観察

何とか見つけて望遠鏡に入れると

ビンズイ

ビンズイやコガラ、ホシガラスなどを観察できました。

ランチタイム

御庭のあずまやでランチタイムです。この頃から霧雨が降り始めたので、屋根がある場所は助かります。

ここからスバルラインまで下りていくときに雨が降り始めました。

本日の宿、奥庭荘について一休み。宿の人が全員にウェルカムドリンクとしてコケモモジュースをサービスしてくれました。

休憩後は奥庭の周遊路を一周しました。

奥庭の樹木

厳しい気象条件のため極度に変形したカラマツやコメツガが盆栽、時にはオブジェのような形でそこにありました。

宿泊の方はここで本日の行程は終了。日帰りの方達は五合目へ向かいます。途中でもの凄い雨になり、ちょっと辛い行程でしたが、みなさん励まし合って無事到着し、バスでお帰りになりました。

この後雨は止み、日没の頃富士山が赤く染まるのを期待していましたが、霧で晴れ上がるのが遅れたので見られず残念。

 *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

一夜明けて、メボソムシクイなどの声で目を覚ましました。

奥庭荘の辺りは野鳥の密度が高く、朝のコーラスが賑やかでした。

明け方の富士山

外に出てみると、日の出前の富士山には雲一つかかっていません。良いお天気です。

朝食前の散策でも、あちこちにルリビタキや

メボソムシクイ

メボソムシクイがいて、奥庭の環境の良さを物語っています。

奥庭荘

奥庭荘の横には

水場

水場があって、水浴びする野鳥を見るのが楽しみなのですが、前日の雨であちこちに水たまりができてしまったせいか、全く現れません。残念。

お世話になった奥庭荘を後にして御庭に登っていきます。

本栖湖と白峰三山
この日は遠望も利き、本栖湖とその向こうの南アルプス・北岳や間ノ岳などが見えてきました。

さらに登ると、

奥庭荘と本栖湖遠望

奥庭荘の屋根とその周辺の地形、そして大室山と本栖湖のつながりも見えてきました。

その昔、奥庭まで溶岩が流れ下った様子や、貞観の大噴火の時に今の樹海の場所に流れ下った溶岩が本栖湖と精進湖を分断した様子などがよくわかりました。

突然、げーげーとしわがれ声が。

ホシガラス

ホシガラスです。

この2日間、何回も姿を見ることができました。

この日は各地で猛暑日になると予想されています。

やや暑い

スコリア原を歩くとやや暑くなってきました。

すると、山の上の方に動く物が。

カモシカ

カモシカの親子でした。

今年生まれでしょうか、かわいい幼獣と発信器を付けた母親です。

五合目には何回も来ていますが、カモシカを見たのは初めてです。

遠足の子ども達

遠足の子ども達とすれ違いました。

彼らはカモシカに気づいたでしょうか?

1日目に見た花をこの後再度見ながら五合目まで歩き、観察会を終了しました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました。





スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR