FC2ブログ

山を歩いたり自然の中に身を置くことが好きな人に参考となるような情報を発信いたします。

奥大日岳と称名滝ツアー(2018.7.30-8.1)3日目

最終日になりました。

朝は雲が多かったのに次第に晴れてきました。

リンドウ池と雷鳥荘

ほとんど無風のため、火山ガスがこちらに流れてこなくて助かります。

前日登った奥大日岳が見えてきました。自分たちが登った山が見えるとうれしさがひとしおです。

わずかに顔を出した剱岳

剱御前の尾根から少し顔を出した剱岳にお別れです。

トリカブト

もうトリカブトがあちこちで咲き出していました。

ホテル立山

室堂バスターミナルがあるホテル立山までやって来ました。

ターミナルではバスが着くたびにたくさんの人が入ってきてごった返していました。

乗り物はどんどん臨時便を出してくれます。今年はお天気の日が多いので相当多くの人が立山に訪れていることでしょう。

バスとケーブルを乗り継ぎ、立山駅から称名滝行きバスに乗車しました。

悪城の壁

車窓右側には悪城の壁というすごい名前の付いた絶壁が続きます。

標高差500mもあろうかという壁は、前日山の上から見た称名川が長い年月をかけて削ったものです。

この傾斜ならたぶん雪崩が頻繁に起きていることでしょう。

終点でバスを下りて滝へ向かいます。

なだれの跡

深くえぐれた筋が何本も見えます。雪崩の跡でしょう。下には上から崩れてきて溜まった崖錐と呼ばれる地形が続いています。

大日岳登山口

大日岳登山口の道標が。これは前日登った奥大日岳から大日岳を縦走し、大日平を経て下ってくる道の出口です。

大日岳から標高差1500mを下るハードコースのゴールでもあります。

そしていよいよ滝が目前です。

滝の看板

国指定の名勝・天然記念物であり、4段になって流れ下っているとのこと。また別の看板には日本の滝百選に選定されたことなどが記載されていました。

称名橋の上からは

称名橋より

ついに大瀑布が現れました。水しぶきをたっぷり浴びながら見た滝は迫力満点の素晴らしい滝です。

さすが落差日本一です。

涼味満点

少し暑い日ですがすっかり涼しくなりました。

少し登ったところに展望台があって

展望台より

ここからは一番下の一部が見えませんが、上の段はよく見えました。

ほとんど人がいない展望台横でお弁当を食べて、優雅な時間を過ごし、来た道を引き返しました。


立山駅から富山駅まで電車に乗り、富山駅で解散となりました。

3日間良いお天気に恵まれ、中日の奥大日岳登山で見た景観やたくさんの花々、室室平や黒部の景観、夜の素晴らしい星などなどいろいろな体験ができた3日間でした。

ご参加された皆さま、大変ご苦労様でした。

ご参加いただきありがとうございました。




スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)

Author:荘司たか志(登山ガイド、森林インストラクター)
職業: クラブツーリズム(株)あるく登山ツアーガイド、
ネイチャーガイド・フォーゲル代表
URL: http://vogel2011.web.fc2.com/

あちこちの山や里山を歩き、そこで見た自然情報を掲載します。
自然好きな人、これから自然のことを知りたいと思っている人は、是非ご覧いただき、コメントをお送り下さい。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
2012年1月15日より
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR